Otajo -オタ女-

Today is
Jul 25 2024

記事

ビートたけし原作・二宮和也×波瑠“木曜限定”の恋を描く映画『アナログ』本予告解禁!幾田りら&内澤崇仁(androp)が楽曲提供

ビートたけしさん原作、主演:二宮和也さん、ヒロイン:波瑠さんで贈る木曜日だけの恋を描く映画『アナログ』(2023年10月6日公開)の本予告&本ポスタービジュアルが解禁! 

本作に感銘を受けた幾田りらさんが書き下ろし楽曲を提供し、劇伴・楽曲プロデュースを内澤崇仁さん(androp)が担当することが発表されました!

ビートたけしさんによる原作小説を、主演に二宮和也さん、ヒロインに波瑠さんを迎え映像化する映画『アナログ』(10/6 全国公開)。二宮さん演じる主人公の悟と、波瑠さん演じる携帯を持たない謎めいた女性・みゆき。喫茶店で出会ったふたりが交わした、たったひとつの大切な約束は、「毎週木曜日に、この場所で会いましょう」。

携帯電話で気軽に連絡が取れる現代に、あえて連絡先を交換せずに、週に一度だけ“会うこと”を大切にしてゆっくりと関係を紡いでいく…。2人の恋愛を通じて描かれ、コロナ禍を経た今だからこそ実感する“会うこと”の大切さ。いつの時代も変わらない愛の原点=〈大切な人にただ会える喜び〉を描いた、この秋一番の感動作です。

本予告解禁!幾田りらの書き下ろし楽曲「With」がインスパイアソングに決定!

会えるのは、週に一度木曜日だけ―ゆっくりと積み重ねるかけがえのない時間。
しかしプロポーズ当日、彼女は突然姿を消した・・・。時を経て明かされる真実に、涙が止まらない。

出会いは、行きつけの喫茶店「ピアノ」。デザイナーの悟(二宮和也)は携帯電話を持たない謎めいた女性・みゆき(波瑠)と連絡先を交換せずに週に一度、木曜日にピアノで会いましょうという約束を交わす。

直接会う事でかけがえのない時間を丁寧に積み重ねていく、そんなふたりの関係性を、悟の親友の高木(桐谷健太)や山下(浜野謙太)らは「面白いかもな。時代に逆らったアナログな付き合い方」と温かく見守る。

「幸せになりな」という母・玲子(高橋惠子)の言葉にも背中を押され、想いが募った悟はみゆきにプロポーズすることを決意。

「来週、みゆきさんにちゃんとお話ししたい事があります」「私も、お話したいことがあります」翌週に会う事を約束し、笑顔で別れたふたり。

しかし、約束のその日、彼女は現れなかった。その翌週も、翌月も…。

彼女との在りし日を思い出し、孤独と喪失に包まれる悟。そんな悟を心配する大阪支社の後輩・島田(藤原丈一郎)や、友人たち。

みゆきの姉・香津美(板谷由夏)からは「約束してほしいの。忘れるって」と言われるも、悟の意思は固く「どんなみゆきさんでも、みゆきさんに会いたいんです」と想いを口にする。

みゆきが隠していた過去、そして秘められた想いとは―。時を経て明かされる真実に、誰もが涙する。


・『アナログ』予告映像【10月6日(金)全国公開!】
https://youtu.be/mBCV1ef6CyM

悟の気持ちに寄り添い、予告編全編を切なく彩るのは幾田りらさんによるインスパイアソング「With」。幾田さんの楽曲「スパークル」はストリーミング1億回再生を突破し、2022年の第73回NHK紅白歌合戦では milet×Aimer×幾田りら「おもかげ(produced by Vaundy)」を初披露し、話題となりました。

2023年3月には自身初のアルバム「Sketch」をリリース。YOASOBIのボーカル ikura としても活動し、世間を賑わせ、国内外を問わず若者を中心に絶大な人気を誇る幾田さんが書き下ろし楽曲を本作に提供。

映画本編を鑑賞し、号泣したという幾田さん。その勢いでインスピレーションのまま書き上げ、さらに自身の経験とも照らし合わせながら歌詞を紡ぎました。

劇伴及びインスパイアソングのプロデュースは、4人組バンド androp の Vocal&Guitar・内澤崇仁さんが担当。バンド活動以外にも映画『サヨナラまでの30分』での音楽プロデューサーや、映画『君は月夜に光り輝く』の劇中音楽、蜷川実花さんの個展音楽などを担当する多才な内澤さんですが、劇伴全編を内澤崇仁名義で担当するのは今回が初! 劇中で丁寧に描かれる登場人物の感情の機微を繊細に掬い取り、観客の心に優しく寄り添う劇伴曲を作り上げました。

そんな内澤が幾田りらさんによるインスパイアソング「With」のプロデュースも担当することで、映画本編とインスパイアソングを横断し、映画『アナログ』の世界観を音楽面で強固に構築します。

【内澤崇仁(音楽):コメント】
音楽を担当するという素晴らしい機会を頂き、緊張と期待でいっぱいでした。タカハタ監督は一貫して妥協を許さない姿勢を持っており、監督の想いは常に映像に深く反映されています。監督の信念や想いを音楽という形で具現化することは非常に刺激的でやりがいのある挑戦であり、多くの大切な事を学ばさせて頂きました。
港さんの脚本とタカハタ監督の視点がデジタルでは捉えきれない微細な感情や人間関係のニュアンスを際立たせ、優れた演
者陣の繊細な表情や仕草が作品へさらなる深みと命を吹き込んで、完成された映画を見終わったときは感動で動けませんでした。
人を愛するとはどういうことなのか、人と人との絆とはどんなものなのかを改めて考えさせられました。
また、幾田りらさんの楽曲「With」は情緒深く、真っ直ぐな愛の強さと繊細さを詩的に表現されており、幾田さんの切なく美しい歌声にも感動しました。そんな素晴らしい楽曲を最大限引き立てることができるよう一生懸命臨ませていただきました。
映画「アナログ」そして「With」が、観る方それぞれの心に深く響き、そしてそれぞれの人生の一部となることを心より願っております。

併せて解禁となる本ポスタービジュアルでは、一筋の涙を流して微笑む悟と、無垢な笑顔を見せるみゆきの表情を切り取っています。

ラブストーリーにも関わらず、恋するふたりは上下に分割して配置されており、「会いたい。たとえ何があっても。」というコピーとともに、やがて会えなくなってしまう悟とみゆきの運命を暗示。会えなくなったその先にふたりが迎える展開とは? 愛の原点を描き、涙なしでは見られない、この秋一番の感動作に期待が高まります。

関連記事:
ビートたけし初の書き下ろし恋愛小説『アナログ』主演:二宮和也×ヒロイン:波瑠で映画化!監督は『赤めだか』タカハタ秀太
https://otajo.jp/113022

TBSドラマ『赤めだか』ギャラクシー賞受賞 「目立ちすぎず、演技派の役者の中でも埋没しないのは二宮和也最大の持ち味」
https://getnews.jp/archives/1408395[リンク]

映画『TANG タング』愛らしいと話題のロボット・タングを演じたのは二宮和也と判明!本人提案で声・モーションの一人二役に挑戦 三木孝浩監督「直感の鋭さに感嘆」
https://otajo.jp/109954[リンク]

作品情報

映画『アナログ』
2023年10月6日(金)全国公開

【STORY】
手作り模型や手描きのイラストにこだわるデザイナーの悟。携帯を持たない謎めいた女性、みゆき。
喫茶店「ピアノ」で偶然出会い、連絡先を交換せずに「毎週木曜日に、同じ場所で会う」約束をする。
二人で積み重ねるかけがえのない時間。
悟はみゆきの素性を何も知らぬまま、プロポーズする事を決意。しかし当日、彼女は現れなかった。その翌週も、翌月も…。
なぜみゆきは突然姿を消したのか。彼女が隠していた過去、そして秘められた想いとは。
ふたりだけの“特別な木曜日”は、再び訪れるのか――。

【クレジット】
二宮和也 波瑠
桐谷健太 浜野謙太 / 藤原丈一郎(なにわ男子)
坂井真紀 筒井真理子 宮川大輔 佐津川愛美
鈴木浩介 板谷由夏 高橋惠子 / リリー・フランキー
監督:タカハタ秀太
原作:ビートたけし『アナログ』(集英社文庫) 脚本:港岳彦
音楽:内澤崇仁 インスパイアソング:幾田りら「With」(ソニー・ミュージックエンタテインメント)
製作:「アナログ」製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース AOI Pro.
配給:東宝 アスミック・エース
(C)2023「アナログ」製作委員会 (C)T.N GON Co., Ltd.
■公式サイト : analog-movie.com
■公式 twitter : @analog_movie
■公式 Instagram : @analog_movie

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP