Otajo -オタ女-

Today is
Feb 27 2024

記事

激しい怪獣警報でジャンフェス初進出!TVアニメ『怪獣8号』原作者・松本直也もアフレコチェック「原作ファンの方にも楽しんでいただけるクオリティ」

2024年4月よりテレ東系列ほかにて放送スタートするTVアニメ『怪獣8号』初となるキャスト登壇イベントが「ジャンプフェスタ 2024」にて開催されました!

集英社のマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にて2020年7月より連載中、数々のマンガ賞に輝き、既刊11巻にして国内累計発行部数が1,200万部を超える(デジタル版含む)松本直也氏による大人気コミック『怪獣8号』。その人気は国内にとどまらず海外でも多くのファンを獲得していいます。

昨年8月、アニメーション制作:Production I.G/怪獣デザイン&ワークス:スタジオカラーによるアニメ化が発表、さらにアニメ化発表から一年を迎えた2023年8月5日の“8号の日”に、初公開となるアニメ本編映像で構成したティザーPV第2弾が公開し、国内外から大きな反響が寄せられ、来年の放送開始に向けてますます期待が高まっています。

そして12月17日(日)、ジャンプフェスタ 2024 ジャンプスーパーステージ REDにて「怪獣8号」スペシャルステージが開催されました。

熱気あふれる会場には、『怪獣8号』のファンが集結。突如会場の照明が暗くなると、激しい怪獣警報音が! カフカたちキャラクターたちのセリフが響くと、日比野カフカ役 福西勝也さん、亜白ミナ役 瀬戸麻沙美さん、市川レノ役 加藤渉さんが登場。熱い拍手に湧き、会場はボルテージが一気に上昇! 『怪獣8号』初となるキャスト登壇イベントが華やかにスタートしました。

初のジャンプフェスタ参戦となる福西さんからは、「『怪獣8号』がついに、ジャンプスーパーステージに進出!そして僕自身もジャンフェス初参戦で緊張しています。みなさん今日はよろしくお願いします!」と初々しさもありながら、カフカを感じさせるような熱い挨拶で会場を盛り上げました。

事前に解禁情報が盛りだくさんなことが告知されていた本ステージ。どんな情報が飛び出すのかキャストそして観客も期待のまなざしを向けていると、またしても怪獣警報音が鳴り響き、このステージで解禁となる四ノ宮キコル役 ファイルーズあいさん、そして保科宗四郎役 河西健吾さんがキャラクターたちのセリフを披露し、ステージに登場! 初解禁&期待高まるキャストの登場に会場は大歓声に包まれました!

そして息つく間もなく、最新PVそして、放送・配信情報も解禁。メインPVの上映が終わるとキャスト一同からは、「かっこよすぎる!楽しみ!」「アクションがかっこよすぎない?」など大興奮!! カフカ役の福西さんは、思わずのけぞるほどの興奮っぷり!

さらに、テレ東系列での放送、X(Twitter)での全世界同時のリアルタイム配信という異例の放送・配信情報についても発表。どんな場所でも、どんな地域でも全世界の人たちと楽しめる本作に、「みんなでリアタイしたい!」「世界中で楽しめるなんてすごい!」とさらに興奮をのぞかせました。

新キャラクターたちも登場し、改めて自身のキャラクターについて振り返ると、福西さんからは「カフカの一番の魅力は素直なところ。感情が全部口や行動にでちゃう。けど挫折を繰り返すうちに、ときには暗くなってしまったり、すさんでしまったり。観てくださるみなさんも同じような気持ちを経験したことがあると思うんです。みなさんの背中を押せるようなキャラクター
になっていると思います。すごく等身大なキャラクターなので、僕自身、自分に少し重なってしまうところがあります」と語ると、ファイルーズさんからは「アフレコの時の全力の出し方や物事に真摯に向き合う姿勢とか本当にカフカにピッタリ!」と伝えると、他キャストも強く頷く、チームの雰囲気の良さが存分に伝わってくるワンシーンも。

加藤さんからは、「レノは一見クールなんだけど、実はめちゃくちゃ熱いやつ。けど、実はすごく危ういキャラだとも思って演じています。カフカはだれかのために、命を懸けてしまう危うさがあるんだけど、レノはレノでそんなカフカを危険から守るために、自分も危険に突っ込んでいってしまう。カフカとの掛け合いはまじめなシーンも、コミカルなシーンも本当に楽しいです!1話ずつ噛みしめて収録しています!」と熱く語りました。

瀬戸さんは、「ミナは、才能もあるけど、とても努力もしているはず。アフレコをしていても、隊長であらねばと頑張る部分が多いのでもっとこれからも魅力が出ていくと思います。 保科との掛け合いもとてもよくて、ふたりの目を合わさずとも伝わる空気感が出せていればうれしいです」と自信をのぞかせました。

ファイルーズさんは、「キコルは親がエリートだからプレッシャーもあるけど、その分裏で努力もしている。実力に裏打ちされた自信もあるはずなので、カフカとの差をだすために、自信満々な空気感を出したり、少し高飛車な感じを出すようにしています。けど、みなさんに好きになってほしいのでかわいさとたくましさのバランスや、こにくたらしさも出せるようにしています。アクションもかっこいいので楽しみにしてください!」とアピールしました。

そして河西さんは、「保科は……糸目で関西弁でございます!」というと、会場からは大歓声が! そして、「ミナと保科のふたりがとてもいいバランスなんです。副隊長としての実力もこれから見せますので、ぜひ楽しみにしてください。ちょっと裏話ですが、スタッフさんの中に関西出身の方が3名ほどいて、アフレコの時に関西弁警察が現れるんです(笑)。みなさんと相談しながら作り上げていきました」と言うと、瀬戸さんは「関西弁すごくかっこよくて、アフレコ終わった時に『いまのめっちゃよかったです!』って、私の個人的な感想を伝えてました(笑)」とミナと保科のように息のあったトークをしました。

アニメの期待がますます高まる話がたくさん飛び出したところで、ジャンプスーパーステージ恒例となっている原画ライブを実施。

アニメ放送開始前に、最速でキャストたちの熱い演技が会場に響き渡り、集まったお客さんからはこの日一番の拍手と歓声が。会場を魅了しました。このアクションシーンがアニメで実際描かれたらどうなるのか、ぜひご期待ください!

最後にキャスト陣からのメッセージとして、
河西さんは、「こんなにたくさんの方々が『怪獣8号』を待っていただいていることを本当にうれしく思います。アニメの放送まで今しばらくお待ちください。その間、私たちも全力でアフレコに臨ませていただきますので、引き続き怪獣8号をよろしくお願いいたします」とコメント。

ファイルーズあいさんは、「『怪獣8号』は熱くて、涙なくして読めない展開もこの先たくさん待ち受けています。アニメで描かれるリアルな動き・世界観から、実際に私たちの世界にも怪獣がいるんじゃないかってくらいリアリティがあります。キコルたちのように自分を奮い立たせて頑張ろう、と勇気をもらえる作品になっていますので、ぜひ楽しみにしてください。そして原作の松本先生も現場にも来てくれて、ひとつひとつ確認しながら作っていくことができています。原作ファンの方にも楽しんでいただけるクオリティになっていますので、ぜひ楽しみにお待ちください!」と熱いメッセージお送りました。

瀬戸さんからは、「今日こうやって皆さんの前で、怪獣8号のお話をついにさせていただいたことで、ついに始まるんだ!と実感しております。人生の選択をし、前に進んでいく登場キャラクターたちに背中を押される作品になっているぜひアニメ楽しみにしてください!」と冷めやらぬ興奮とともにメッセージを送りました。

そして加藤さんは、「原作がスタートした3年前に、声優仲間集まってとこの作品のアフレコをして遊んでいたんです。その時、自分が演じていたのがレノ。オーディションを受けているときも、まさかオーディションに受かることも全くこんな未来を予想していなくて、人生なにがあるかわからないと感動しています。あの時の自分に恥じないように頑張りたいし、ファンのみなさんに楽しんでいただけるようなすごいものができていると思います。ぜひ楽しみにお待ちください」と語りました。

最後に福西さんから、「この日をいまかいまかと待ちわびて迎えました。僕は、本当にカフカのことが大好きで、そして『怪獣8号』が大好きです。ひとつこの場で宣言したいんですが、僕は『怪獣8号』へのビッグなラブを生涯ささげ続けることを宣言します!キャスト、スタッフ一同全身全霊で励んでいますので、今後も末永く応援をよろしくお願いいたします!アニメ『怪獣8号』でまたお会いしましょう!」と熱い思いでイベントを締めくくりました。

関連記事:
注目アニメ『怪獣8号』4月放送! アクションシーン&初解禁キャスト・四ノ宮キコル(CV:ファイルーズあい)保科宗四郎(CV:河西健吾)ボイス入りメインPV公開
https://otajo.jp/115855

ティザーPVがすでにカッコいい!アニメ『怪獣8号』Production I.G・スタジオカラータッグで2024年放送決定
https://otajo.jp/111958[リンク]

アニメ『怪獣8号』作品情報

イントロダクション
日常的に怪獣が人々をおびやかす世界。
怪獣を討伐する「日本防衛隊」への入隊を志していた日比野カフカは、いつしかその夢を諦め、怪獣専門清掃業で働いていた。
「二人で怪獣を全滅させよう」
かつてそう誓い合った幼馴染の第3部隊隊長・亜白ミナの活躍と、防衛隊を目指す後輩・市川レノとの出会いをきっかけに再び夢を追い始めるカフカ。
しかしその矢先、謎の小型怪獣によって強大な力をもつ“怪獣に変身”してしまう!
「怪獣8号」と名付けられ日本中から追われる存在になったカフカは、それでも防衛隊員への夢を諦めず、怪獣災害に立ち向かうのだった――。

<スタッフ>
原作:松本直也(集英社「少年ジャンプ+」連載)
監督:宮繁之 神谷友美
シリーズ構成・脚本:大河内一楼
キャラクターデザイン:西尾鉄也
怪獣デザイン:前田真宏
美術監督: 木村真二
色彩設計:広瀬いづみ
3D 監督:松本 勝
撮影監督:荒井栄児
編集:肥田文
音響監督:郷文裕貴
音楽:坂東祐大
怪獣デザイン&ワークス:スタジオカラー
アニメーション制作:Production I.G
キャスト
日比野カフカ/怪獣 8 号:福西勝也
亜白ミナ:瀬戸麻沙美
市川レノ:加藤渉
四ノ宮キコル:ファイルーズあい
保科宗四郎:河西健吾

公式サイト/公式 SNS
■公式サイト:https://kaiju-no8.net
■作品公式 Twitter:https://twitter.com/KaijuNo8_O
■アニメ公式英語 Twitter:https://twitter.com/KaijuNo8_O_EN
(C)防衛隊第3部隊 (C)松本直也/集英社
(C)SHUEISHA Inc. All rights reserved.

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP