Otajo -オタ女-

Today is
May 18 2024

記事

「原作の絵がそのまんま動いてる」「毎秒タツキ絵って感じなのがすごい」『チェンソーマン』藤本タツキ原作映画『ルックバック』予告映像の完成度に反響

漫画家・藤本タツキ先生が描く青春物語『ルックバック』を原作とした映画の本予告とメインビジュアルが解禁され、その完成度が注目を集めています。さらに、特典付きムビチケカードの詳細も発表となりました。

コミック配信サイト「ジャンプ+」にて2021年7月に発表され、初日で閲覧数250万以上を記録した藤本タツキ先生原作『ルックバック』が劇場アニメ化、6月28日(金)より全国劇場にて公開されます。

『ルックバック』は、『ファイアパンチ』、『チェンソーマン』といった話題作を手掛け、劇場版アニメ『チェンソーマン レゼ篇』の公開も控える漫画家・藤本タツキ先生渾身の作品。

2021年7月にコミック配信サイト「ジャンプ+」にて公開され、ひたむきに漫画を作り続ける藤野と京本という2人の少女の姿をみずみずしく描きながらも、やがて起きる2人の運命を分ける出来事を強烈なリアル感を持った筆致で描き出し、著名なクリエイターたちをはじめ、多くの漫画ファンの注目を集めました。

本作の劇場アニメ化にあたり、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、『借りぐらしのアリエッティ』、『風立ちぬ』など、数多くの話題作に主要スタッフとして携わってきた、押山清高(おしやま・きよたか)氏が監督、脚本、キャラクターデザインを務めます。

また、主演は、河合優実さんと吉田美月喜さんのW主演。「不適切にもほどがある!」(24)での演技で話題が沸騰した、今最も注目を集める俳優・河合優実さんと、映画「あつい胸さわぎ」(23)「カムイのうた」(24)等では主演を務め、昨今目覚ましい活躍に拍車をかける俳優・吉田美月喜さんが、劇場アニメ『ルックバック』の藤野と京本に生命を吹き込みます。

解禁となった本予告映像では、クラスのみんなから「将来、漫画家になれるじゃん」と言われ得意げな藤野(CV:河合優実)の様子から始まり、不登校の同級生・京本(CV:吉田美月喜)との出会い、そして二人が一緒に絵を描くようになる姿が描かれています。

藤野と京本の印象的なセリフとともに、本作の見どころが詰め込まれた心揺さぶる予告編が完成致しました。主題歌は音楽家、haruka nakamura 作曲による「Light song」。urara の儚い歌声が本作を彩ります。


・劇場アニメ「ルックバック」本予告【6月28日(金)全国公開】
https://youtu.be/gH6zVJVHEaM?si=-F0Yt4RMorQqBsI6

この予告映像に、

・すげえ原作の絵がそのまんま動いてる
・タツキの絵がそのままアニメになってるすげぇ
・毎秒タツキ絵って感じなのがすごい
・このキャラデザは劇場版として最高すぎる
・ある意味アニメっぽい声じゃないから、藤野と京本の不器用なキャラクターと、全体的な絵のタッチに合ってると思いました
・ハイライトオフの目とかまんま藤本タツキ先生の画風やん…見に行くわ

と、その完成度の高さを評価するコメントが寄せられいます。

また、「原作未読の人は未読のまま劇場で観てほしいマジで」「チェンソーマンとルックバックが同じ脳ミソから生まれたのが未だに信じきれてないんだよな。発想力や世界観がいい意味で化物すぎる」といったファンのコメントも。

そして併せて解禁となったメインビジュアルは、藤野と京本が肩を寄せ合い漫画を描く姿が切り取られています。

監督の押山清高も「漫画を読んだ時にしみじみと物語に感情移入できたのはもちろん、『ルックバック』を描くに至った藤本先生にも共鳴するところがありました。だから素直に自分事としても向き合える映画にできるなと思えました」とコメントを寄せました。

特典付きムビチケカード型前売券は 5 月 17 日(金)より発売決定!

なお、5月17日(金)より本作の特典付きムビチケカード型前売券の発売が決定。特典は、劇場窓口で選ぶことが可能な「リバーシブル四コマ漫画しおり」(絵柄:全 3 種)で、数量限定となっています。

<特典付きムビチケカード型前売券>
価格:1,600 円 (税込/当日 1,700 円均一)
特典:「リバーシブル四コマ漫画しおり」 (絵柄:全 3 種)
※数量限定 ※なくなり次第終了
※絵柄はお選びいただけます。
販売期間:《劇場》5/17(金)劇場オープン時~劇場公開前日まで
《メイジャー通販》5/17(金)AM0 時~6/27(木)23 時 59 分まで

押山清高監督コメント全文

アニメーターやアニメーション監督って作品への向き合い方は漫画家と似ていて、漫画を読んだ時にしみじみと物語に感情移入できたのはもちろん、『ルックバック』を描くに至った藤本先生にも共鳴するところがありました。だから素直に自分事としても向き合える映画にできるなと思えました。
原作を快く貸してくれたバケモノ漫画家である藤本先生に感謝しつつ、アニメーション表現の世界に身をおいてきた絵描きの一人だからこそ描けることがあると思いながら、漫画とは一味違う映画作品を目指しています。

作品概要

映画『ルックバック』
6 月 28 日(金)全国ロードショー
■あらすじ
学生新聞で4コマ漫画を連載している小学4年生の藤野。クラスメートからは絶賛を受けていたが、ある日、不登校の同級生・京本の4コマを載せたいと先生から告げられる…。二人の少女をつないだのは、漫画へのひたむきな思い。しかしある日、すべてを打ち砕く出来事が…。胸を突き刺す、圧巻の青春物語が始まる。

■STAFF
原作:藤本タツキ(集英社ジャンプコミックス刊)
監督・脚本・キャラクターデザイン:押山清高
美術監督:さめしまきよし
美術監督補佐:針﨑義士・大森崇
色彩設計:楠本麻耶
撮影監督:出水田和人
編集:廣瀬清志
音響監督:木村絵理子
音楽:haruka nakamura
アニメーション制作:スタジオドリアン
配給:エイベックス・ピクチャーズ
公式サイト:lookback-anime.com 公式 X:@lookback_anime
■CAST
藤野:河合優実
京本:吉田美月喜
■主題歌
「Light song」
by haruka nakamura うた : urara
■原作
「ルックバック」(集英社ジャンプコミックス刊) コミックス発売中
(C) 藤本タツキ/集英社 (C) 2024「ルックバック」製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP