Otajo -オタ女-

Today is
Sep 20 2020

記事

ミュージカル映画ブームが来る!? 洋画も邦画も多彩な作品がいっぱい


映画化で大ヒットを記録した「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」「マンマ・ミーア!」などのほか、昨年ではディズニー映画『アラジン』が予想外の大ヒットをするなど、もしかしたらミュージカル映画のブームはもう来ているのかもしれません。そこで現在公開中の映画や、近年の話題作まで、多彩なミュージカル映画を紹介しちゃいます!

■『キャッツ』(19)

■関連記事:映画『キャッツ』トム監督&主演・フランチェスカを直撃! 「ガジェット通信記者の愛猫の中で一番“ジェリクルキャッツ”なのは誰ニャ?!」

現在公開中の作品で、全世界累計観客動員数8100 万人、日本公演通算 1万回を記録するなど、世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔の実写映画化です。『レ・ミゼラブル』(12)のトム・フーパー監督が愛情込めて作った本作は、公開前にいろいと言われ放題でしたが、それが日本では奏功したか、最終59億円記録した大ヒット映画『レ・ミゼラブル』の初日興収対比111.5%という驚異の数字を記録。過去のミュージカル作品よりも日本語吹替え版が大好評という追い風もあり、ここまで話題になったミュージカル映画もめずらしい部類かもしれませんね。

【ストーリー】
扉の向こうには、 なにが待っているの―?
満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。そこで出会ったのは個性豊かな“ジェリクルキャッツ”たち。ぐうたらな猫、 ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、勇敢な兄貴肌の猫、不思議な力を持つ長老猫……様々な出会いの中でヴィクトリアも自分らしい生き方を見つけていく。そして今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜。
一生に一度、 一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く。

■『アナと世界の終わり』(18)

ミュージカル×ゾンビという思いもよらない夢のコンセプトが映画ファンの心をつかみ、2019年に話題になった一作です。イギリスの田舎町で日々を過ごす高校生たちのサバイバルを主軸に、ポップでキャッチ―な楽曲とゾンビパニックをフュージョンさせた青春ミュージカルエンターテインメントで、予想を軽く超えたその楽曲のハイクオリティーとサービス満点ゾンビ描写の数々が受け、世界のファンタ系映画祭で話題に。海外だけでなく日本でも話題を呼び、上映館の新宿武蔵野館では満席続出のヒットを記録。とりわけSNSで話題になることも多かったです。

【ストーリー】
イギリスの田舎町リトル・ヘブン。高校生のアナは、父トニーと二人暮らし。学校生活はくだらない連中に囲まれ、パッとしない毎日を送っていた。こんな生活から抜け出したいアナは、父に黙って大学に進学せず世界を旅することを計画していたが、あるクリスマスの日この計画がバレてしまう。トニーと大ゲンカしたアナは夢も希望もないこの町にウンザリしていたが、バイトの帰り道に幼馴染のジョンに励まされ、少しだけ元気を取り戻すのだった。翌朝、気持ちを切り替えたアナはジョンと一緒にいつも通り学校へ向かう。その途中、スノーマンの着ぐるみを着た血だらけの男が突如現れ、アナは公園にあったシーソーを使って男の頭を吹き飛ばす!なんと、男の正体はゾンビだったのだ…!
果たして、アナはこの町を脱出することはできるのか―!?そして、腐ったように生きてきたこの人生にケリをつけることができるのか―!?

■『ヲタクに恋は難しい』(20)

イラスト投稿サイト「pixiv」で2014年に連載がスタートしたWEB漫画「ヲタクに恋は難しい」の実写化。ポイントは原作にはないミュージカル要素が映画版に盛り込まれており、この点福田雄一監督は公式サイトで、「アニソンというくらいだから、アニメと歌って強いつながりがあるし相性がいいですよね。今回はアニメ映画ではありませんが、それと同じくらいヲタク文化と歌には親和性がある気がして」と、その理由を説明しています。こちらも『キャッツ』同様、さまざまな意見が飛び交っていますが、良くも悪くも現代の邦画を象徴する一作でしょう。

【ストーリー】
26歳OLの桃瀬成海は、転職先の会社で、幼馴染の二藤宏嵩と再会する。ルックスが良く仕事もできる宏嵩は、実は廃人クラスの重度のゲームヲタク。そして成海もまた、マンガ・アニメ・BLをこよなく愛する隠れ腐女子であった。周りの人々にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を何よりも恐れている成海はその本性を隠しており、真実の自分をさらけ出せるのはヲタク友達の宏嵩の前だけ。会社が終われば2人はいつもの居酒屋でヲタ話に花を咲かす。男を見る目がない事を嘆く成海に対して宏嵩は「ヲタク同士で付き合えば快適なのでは?」と交際を提案。こうして2人はお付き合いすることに。お互い充実したヲタクカップルライフを始めるはずだったが、時に恋愛とは我慢、妥協、歩み寄りが必要なもの。“恋愛不適合”な2人には、数々の試練や困難が待ち受けていた!

映画『キャッツ』公開中
(C) 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

『アナと世界の終わり』
<Blu-ray>価格:¥4,700+税
<DVD>価格:¥3,800+税
(C) 2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.

映画『ヲタクに恋は難しい』公開中

(執筆者: ときたたかし)


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

otajo

カルの新着記事一覧

PAGE TOP