Otajo -オタ女-

Today is
Oct 01 2020

記事

HoneyWorks10周年記念 バーチャルアイドル『LIP×LIP』映画化!特報映像・ミニアニメ公開


関連動画総再生回数7億回を超えるクリエイターユニット・HoneyWorksがプロデュースするバーチャルアイドル『LIP×LIP』がHoneyWorks10周年記念プロジェクトとして、映画化決定! ティザービジュアルと特報が解禁されました。

◆ LIP×LIP とは
関連動画総再生回数7億回を超えるクリエイターユニット HoneyWorks(ハニーワークス)がプロデュースする、勇次郎(ゆうじろう・CV:内山昂輝)と愛蔵(あいぞう・CV:島﨑信長)による男子高校生2人組アイドルユニット。
HoneyWorks代表作「告白実行委員会~恋愛シリーズ~」の映画化第2作『好きになるその瞬間を。~告白実行員会~』(2016年12月17日公開)の劇中歌「ロメオ」でスクリーンデビューを飾る。
2017年12月、告白実行委員会のTVアニメ「いつだって僕らの恋は10センチだった。」タイアップ両A面シングル「ノンファンタジー/必要不可欠」でメジャーデビュー。2019年1月に発売になった1stアルバム「どっちのkissか、選べよ。」ではオリコンウィークリーチャート2位を獲得。2020年7月現在、関連動画累計再生数は7,000万回を突破。

映画タイトルは『この世界の楽しみ方~Secret Story Film~』。勇次郎と愛蔵が出会い、LIP×LIPが結成されるまでの物語が描かれます。ティザービジュアルは、ステージ衣装に身を包んだ勇次郎と愛蔵がくちびるを指さす、本作ならではのポーズとなってます。

特報映像は映画本編を垣間見ることができる新作映像で構成されており、LIP×LIPのライブシーンから始まり、ジュリエッタ(ファンたち)の歓声を受け、舞台袖にいる勇次郎と愛蔵の2人が今まさにステージへ出て行こうとするシーンが描かれます。

直後、「何をしたらいいのか分からなくて、いつも俯いていた」という本作を象徴するようなモノローグと共に、2人がLIP×LIPを結成するまでのシーンが垣間見えます。「勇次郎と愛蔵が出会い、LIP×LIPを結成されるまでの物語」というコンセプトが41秒間の中で表現され、作品への期待が高まる仕上がりになっています。


特報:LIP×LIP 映画 『この世界の楽しみ方~Secret Story Film~』
https://youtu.be/CQdysqGsUJg[YouTube]

また、イントロダクションとキャラクタービジュアル&紹介文、LIP×LIPの2人からのコメントも到着! さらに映画化決定を伝えるミニアニメも公開!! 映画に先駆けて勇次郎と愛蔵の掛け合いが楽しめます。

キャラクター紹介&コメント

●勇次郎
歌舞伎の舞台に立つことを夢見る中学3年生。
稽古に励んできたが、歌舞伎役者である父親䛾後継者に選䜀れず、夢を失う。
何かが見つかるかもしれないと思い、アイドルオーディションを受けることに。
誕生日:2月22日。血液型:B型。

Q1. 映画化が決まったときの感想をお願いします
最初に映画化のお話を頂いた時は、素直に嬉しかったです。僕たちLIP×LIPの全てをあの大きなスクリーンでお見せするのは少し恥ずかしい気持ちもありましたが(笑)、僕たちをまだ知らない方たちにも知って頂きたいですし、何よりも応援してくれているジュリエッタが喜ぶ顔を想像すると本当に嬉しいです。

Q2. 映画への意気込みを教えてください
僕たちはいつだってジュリエッタへの愛を伝えることを一番に考えていて、今回も気持ちは変わらず、いつも通り精一杯やるだけですが、今回新たなチャレンジをさせていただけてとても光栄に思っています。僕たちを全く知らなくても楽しめる内容になっているので、少しでもたくさんの方に見ていただけたらと思います。ジュリエッタにはもちろん楽しんでもらえる自信があります。楽しみに待っていてね。

●愛蔵
1つ結びにした金髪がトレードマークの中学3年生。運動神経が抜群。
離婚した母と兄の3人で生活しているが、自分勝手に過ごす母親や兄に怒りを感じている。
何かを変えられるかもしれないと思い、アイドルオーディションを受けることに。
誕生日:2月22日。血液型:A型。

Q1. 映画化が決まったときの感想をお願いします
俺たちLIP×LIPにとって、初めての映画化ということを聞いたとき、本っ当に嬉しくて、思わず「よっしゃーーーーーー!」と叫んだことを覚えてます! ありがとうございます!
みんな様々な生活をしている中で、大変なことや落ち込むこともあると思うけど、それでも俺たちは応援してくれるジュリエッタに愛を届けられたらって思います。今回映画という形で元気を分けられたら、とても幸せです!

Q2. 映画への意気込みを教えてください
俺たちについて話すのはなんか照れ臭かったけど…自分を見つめ直すいいきっかけにもなったし、なにより支えてくれるジュリエッタや周りの方々へ感謝をしてます。 せっかくいただいた機会なので、全部丸ごと俺が一番楽しんでやろうって気持ちです! ジュリエッタや初めて俺たちを見てくれた人に良かった!って言ってもらえるよう、頑張ります!

LIP×LIPの2人が映画化決定を伝えるミニアニメも公開!

映像では勇次郎と愛蔵が、HoneyWorks活動10周年をお祝いするところから始まり、自身の10年前を振り返ります。重大発表として映画化決定を伝えるとともに、映画に先駆けて勇次郎と愛蔵の掛け合いが楽しめる映像です。


動画:LIP×LIP(CV:内山昂輝・島﨑信長) 映画『この世界の楽しみ方〜Secret Story Film〜』Special特報
https://youtu.be/mJ54anv9-10[YouTube]

◆ イントロダクション
関連動画総再生回数7億回を超えるクリエイターユニット HoneyWorksの10周年記念プロジェクト、始動!
男子高校生2人組バーチャルアイドルユニット『LIP×LIP』。
その知られざる結成秘話が、今、明かされる!
勇次郎は、いつか歌舞伎の舞台に立つことを夢見て稽古に励んでいたが、後継者には選ばれず道が絶たれてしまう。
一方、歌うことが好きな愛蔵は、一緒に暮らす母や兄の奔放な姿にイラだちを覚える日々を送っていた。
そんな2人はある日、ふとしたキッカケでアイドルオーディションに応募する。
会場で出会った勇次郎と愛蔵は、些細な事から言い争いに。
最悪の出会いをした2人だったが、オーディションの結果は合格!
しかし、喜ぶ2人に田村社⻑がデビューの条件を告げた――。
「ユニットを組んでデビューしてもらいます」
――これは、正反対の2人が、大人気アイドルになるまでの物語。

●STAFF
原作・音楽:HoneyWorks
監督:室井ふみえ
脚本:成田良美
キャラクターデザイン:大島美和
色彩設計:小宮ひかり
美術監督・美術設定:二嶋隆文
撮影監督:佐藤光洋
編集:木村佳史子
音響監督:長崎行男
音楽:日向 萌
制作プロデューサー:松尾亮一郎
制作:CLAP
エグゼクティブプロデューサー:紀伊宗之
企画・プロデュース:斎藤俊輔
プロデューサー:小出大樹
配給:東映
●CAST
LIP×LIP
勇次郎:内山昂輝
愛蔵:島﨑信長
●WEB
公式サイト:https://www.honeyworks-anime.jp[リンク]
公式 Twitter:@HoneyWorksMovie

関連記事:
猫の「ふてニャン」がイケメン擬人化(CV:豊永利行)!内山昂輝&島﨑信長が歌うMVが切ない
https://otajo.jp/74591


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫の新着記事一覧

PAGE TOP