Otajo -オタ女-

Today is
Aug 02 2021

記事

「かっこいい」「そんな前から繋がっていたなんて」 マンガ『博士と××したい助手ゾンビ』過去話が胸アツだった

人類がゾンビに滅ぼされる可能性のある世界で、ゾンビの生態を研究する博士と、ゾンビになった(?)助手のじれじれとした関係を描いている山久悠さん(@Thank_You_Every)のマンガ『博士と××したい助手ゾンビ』。第14話では、博士のことを想う助手の18年前の町内会の夏祭りを思い出すというストーリーになっています。

「私は天邪鬼。自分で意見を言うのが怖いから、学校の友達といても楽しめなかった」という助手。18年前の夏祭りでぬいぐるみのくまを見て、「誕生日だもんね。買ってもらうの?」「でも全然かっこよくねぇくまだなぁ」「ウチにもっと可愛いやつあるよ!!」と言われて、店主から「お嬢さん、このクマ欲しいのかい?」と聞かれて、「…んーん! 可愛くないからいらない!」と答えてしまいます。

それをじっと見ていた博士。家に帰ってから母親と「お祭り楽しかった?」「うん」「新学期でお友達と仲良くできそうで良かったわね!」「…うん」と話しているところにチャイムが。ドアを開けると、さっきずっと見ていたクマが!

「博士くん…?」と呼びかけると、意を決したように口を開き、「--ほ…本当は…欲しかったんだよね…? このクマさん…」と言われて「い…いや別に--」と答えようとするのを遮って「俺は好きだよ!」との言葉が。

「…え?」となったところに、「あ…いや…俺もクマさん可愛いと思ったし…、お小遣い余っちゃったから買っちゃったけど…。欲しかったら譲ってあげなくもないっていうか…なんというか…」と不器用に話す姿を見て、「私も好き」と本音を投げかけます。

「私もクマさん好きだよ…!!」と答えると、「…じ、じゃあ、あげるよ」とクマを差し出し、「素直になった記念に---」と渡されます。クマにはハートのネックレスが付いていました。

そのネックレスを身につけた助手。「---博士は昔から静かで控えめだったけど、それでも言う時はちゃんと言ってくれたよね。あの時も。あの時も。そのおかげで自分の気持ちに素直になれたし学校も楽しくなった」と振り返り、「だから今度は、私が伝える番」と思っているのでした。

「最初はギャップを意識した作品を描きたい……というところから着想を始めて、“怖い”と“可愛い”の対比を兼ね備える存在から、“人間とは別の何か”となり、“ゾンビでいいじゃん!”という安易な考えて出来上がりました」と山久さんが話す『博士×助手ゾンビ』。「檻の中でイベントを発生させるとキャラクターたちが動いてくれるので、今は作者として見守っているだけになります」といいます。

また、今回の回想ストーリーについて、「実は第一部完結の構想は既にあり、そのうちの半分に差し掛かってきたタイミングだったため、過去を掘り下げるエピソードを入れました。この後の話でも、ストーリーに関わる重要なエピソードが多く出てくるため、ぜひ見逃さず読み進めていただきたいです」と語ります。

「博士かっこいい!」「子どもにとって500円は大金」という声や「そんな前からふたりが繋がっていたなんて」と驚きの反応が寄せられていたこの回。山久さんは「一時期2ヶ月ほど更新が止まってしまい、正直話の流れも忘れてしまった方が多いのではないでしょうか。ただ、そんな中でも変わらず反応いただける方も多く、執筆の原動力になっております。今後も多くの方に反応やご支援頂けると幸いです」とメッセージを寄せてくれました。

「恐らく年末年始で皆さんに告知できることが出てくると思うので、発表した際にはぜひ拡散していただけると嬉しいです!」という山久さん。今後の展開も含めて要注目です。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/Thank_You_Every [リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP