Otajo -オタ女-

Today is
Feb 25 2021

記事

[動画レポ]脚本・演出:塩田康平の初舞台『監獄REQUIEM』佐藤永典・健人・佐藤友咲・磯野大らが歌やダンスで熱演!


俳優の塩田康平さんが初の作・演出を手掛ける舞台『監獄REQUIEM』が2021年2月3日(水)~2月7日(日)新宿村LIVEにて上演中。本編のレポートを写真と動画でお届けします。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズなど、人気2.5次元作品に長きにわたり出演をし、音楽では俳優の山口賢人さんと共にロックバンド『BUCKS』としても活動、春にはミュージカル「GOYA-ゴヤ」(演出:鈴木裕美)“ゴドイ”役での出演も決まっている塩田康平さんが脚本・演出・作詞を手掛け、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズで共演をしていた坂本康太さんが、初の舞台プロデュースを行い制作する本作。

<STORY>
20xx年 日本。
政権の腐敗、広がるスラム街、新たなウイルスの蔓延、世界は混沌に包まれている。
唸るサイレン、響く怒号、暗闇に座る青年アキラ。
微笑む唇、瞳の奥には確固たる意思。
アキラが捕縛され物語は動き始める。
彼の目的は1つ、それは、特殊監獄ペンタゴンに囚われた囚人ニーナとの脱獄。
しかしアキラ、ミロク、ニーナ、看守ケイト、看守長オオタニの思惑が交差。
物語は思わぬ方向へと進行する
人の死を憂い、愛に嘆き、信念に向かい突き進む。
最後に人がすがるものとは・・・。

佐藤永典さん演じるアキラが特殊監獄ペンタゴンに収監されたところから物語は始まり、アキラに救いを求めるミロク(健人)、狂気的で妖艶な空気を纏うイカれたニーナ(佐藤友咲)ら囚人たち、そして看守のケイト(磯野大)、看守長オオタニ(兼崎健太郎)との駆け引きが繰り広げられます。

アキラは、なぜ特殊監獄ペンタゴンにやってきたのか……。コージ(辻凌志朗)との関係や看守たちの過去など、様々な人間模様と心情がダンスや歌を交えて語られていきます。

劇中の使用楽曲はパンフレットに解説付きの歌詞が掲載されているので、気になる人はぜひパンフレットもチェックしてください。

また、2月10日までのアーカイブ期間付き配信も実施されます。

本編の様子を動画でチラ見せ!

※本編の内容を含みます。ネタバレを避けたい方は観劇後にご覧ください。


脚本・演出・作詞:塩田康平 舞台「監獄REQUIEM」主演:佐藤永典
https://youtu.be/2D9kQBzXuCY[YouTube]

公演概要

坂本康太プロデュース第一弾
舞台『監獄REQUIEM』
作・演出:塩田康平
公演期間:2021年2月3日 (水) ~2021年2月7日 (日)
会場:新宿村LIVE
出演
佐藤永典 / 磯野大 / 健人 / 佐藤友咲 / 辻凌志朗 / 兼崎健太郎 /
アンサンブル: 山口将太朗、浅野郁哉、中尾雄貴、高橋愛奈

<TICKET>
■チケット料金(全席指定・税込)
・特典付 9,800円
特典内容:パンフレット付
※物販のパンフレットと同じものになります。
・一般 8,500円
<チケット取扱い>
カンフェティ
http://www.confetti-web.com/prisonrequiem[リンク]
0120-240-540(平日10:00~18:00)
※オペレーター対応

​■配信チケット
特典付 6,000円(パンフレット付・送料込)
一般  4,000円
※特典は会場にてお渡しする特典と同様のパンフレットになります。
※特典付のチケットを選択されたお客様はカンフェティからの返信メールに記載されている特典申し込みフォームより送り先の設定をお願い致します。
尚、申し込みはアーカイブ終了時までとなりますので、ご注意ください。

<チケット取り扱い>
Confetti(カンフェティ)
http://www.confetti-web.com/prisonrequiem-streaming[リンク]
※WEB予約のみの受付となります。

公式サイト:
https://www.prisonrequiem.com/[リンク]

関連記事:
いよいよ烏野全キャスト卒業目前!青城&白鳥沢と激突 演劇「ハイキュー!!」“最強の場所(チーム)”動画レポ
https://otajo.jp/75468

佐藤永典「シェイクスピア作品をやりたい!」デビュー10周年記念 撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/76964[リンク]

撮り下ろしインタビュー:舞台版『GANTZ』西丈一郎役・佐藤永典「内面を描く生々しいものになるんじゃないかな」
https://otajo.jp/70807[リンク]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP