Otajo -オタ女-

Today is
Nov 21 2017

記事

無駄にセクシー!『TOKYOViVi』表紙に若槻千夏ディレクションのセーラームーン登場のナゾ

Pocket
LINEで送る

2012年でテレビ放映から20年が経過した『美少女戦士セーラームーン』。2013年夏を目標に新作アニメが制作され、ももいろクローバーZが主題歌を担当すると既に発表になっており、多くのファンがその詳細を首を長くして待っているところ。
そんな中、ファッション誌『ViVi』(講談社)のお姉さん版として発売中の『TOKYOViVi』の表紙に月野うさぎとちびうさが登場しています。

この『セーラームーン』、実はタレントの若槻千夏がディレクション。背中に白い羽根が生え、腰に薄い布を巻いただけのうさぎとちびうさ。肌が眩しい無駄にセクシーな姿にはドキリとさせられます。
目次の次の19ページには、変身後のセーラームーンが白いペガサスをバックにポージング。長い指とワインレッドのマニキュア、大きなセーラー襟から覗く鎖骨、むっちりとしたふともも、そしてミニスカートからチラリと覗いている部分がはっきり言ってかなりHです。

1984年生まれの若槻は『セーラームーン』の大ファンだったのこと。放映時に8歳ならば、ちょうど直撃世代ということになります。今回のディレクションの仕事が実現したことについて「ずっと好きだったセーラームーンとお仕事出来て最高でした!!ワクワクするものを初心に戻って作れた気がします」とコメントし、そのデキに満足している様子。
一方、『セーラームーン』作者の武内直子さんの方も『ViVi』のファンで、それが今回のコラボに繋がったという話。こちらも90年代から2000年はじめ頃までの同誌の影響力を考えれば納得できます。

一見不思議な組み合わせが、実はリスペクトで結ばれていたという『TOKYOViVi』と『セーラームーン』。大人になってからも魅了し続ける月野うさぎというキャラクターの存在の大きさを改めて印象づけるイラストとなっています。裏表紙にもディフォルメされたキュートなセーラー戦士たちが掲載されているので、ファンの人はチェックしましょう。

TOKYOViViブログ
http://blog.vivi.tv/tokyovivi/

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニメ / ファッションの新着記事一覧

PAGE TOP