Otajo -オタ女-

Today is
Sep 26 2016

記事

アイメイク後のケアきちんとしてる? ドライアイ対策にもなる「アイシャンプー」を使ってみた!

Pocket
LINEで送る


みなさん、毎日のアイメイクは欠かせませんよね。最近は目が大きく見えるように、目の際に入れるアイラインも流行っています。
実はこの目の際までいれた油成分の多いアイラインが、上下のまぶたの縁にある、目の乾燥を防ぐために必要な脂質を出す“マイボーム腺”の開口部を塞ぎ、涙の蒸発を防ぐ働きをする脂質の分泌を妨げ、目の潤いを損なったり、不衛生な目の環境を作り出す一因になっているそう! 

目元をキレイに見せるはずのアイメイクが、目元の不十分な洗浄で、知らず知らずのうちにドライアイや“顔ダニ”の増殖によるまぶたの炎症などを引き起こすなんて恐ろしいことが実際にあるそうです。眼科では「リッドハイジーン」というまぶたを清潔にする治療法もあるようですが、通院する前になんとか対処したいもの。

そこで“マイボーム腺”を清潔に保つ、リッドハイジーンを目的として日本で初めて開発された目元用クレンジング料『アイシャンプー』なるものが登場したというので、早速試してみました。

『アイシャンプー』は、マイボーム腺の開口部に詰まりやすいアイメイクの油性成分などを“涙の組成”に近い成分で洗い流すリッドハイジーン専用のクレンジング料。また、全国約30か所のクリニックで先行販売したところ、多くの医師から支持の声を受けた「ドクターズコスメ」でもあるんですって!
使い方は、
【ステップ1】
メイクをしている方は、通常のメイク落としでメイクを落とします。
【ステップ2】
アイシャンプーを10円玉大ほど手またはコットンに取り、目元にやさしく伸ばします。アイメイクや汚れがひどい際には、綿棒にアイシャンプーを数滴つけて目の際をより丁寧に洗浄します。
【ステップ3】
目元を十分にマッサージしながら洗い流します。その後、通常の洗顔を行ってください。


使用感はとろみのある透明なジェルが目元にスルスルと馴染みます。涙に近い浸透圧とpH(酸性・アルカリ性の程度)で設計されているので、しみる痛さなども感じません。洗い流してみると「サッパリ!」とはしていますが、劇的な変化はあまり感じられませんでした。

しかし、約一週間ほど続けてみたところ、なんとなく、ビューラーでまつ毛が上がりやすくなったような……?まつ毛のハリやコシがなくなるとカールが付きにくくなるらしく、最近、ビューラーでのまつ毛のカールがつきにくいな、と感じていたのです。『アイシャンプー』はまつ毛にハリやコシを蘇らせる商品ではありませんが、まつ毛の根元を洗浄したことによって、もしかしたらまつ毛も元気になったのかもしれません。頭皮を清潔にしないと、髪の毛だって抜け毛が増えたり、ハリやコシがなくなってしまいますよね。

目に負担をかけない“涙の組成”でまつげの根元を洗うという新しいコンセプトのクレンジング料『アイシャンプー』。目元の炎症を抑える抗炎症・抗菌作用がありつつも、低刺激なので継続しやすいと思いました。

毎日頭皮をシャンプーするように、まつ毛の根元も清潔にできるといいですね。『アイシャンプー』は、全国のナチュラルローソンで発売中。朝の目元のケアにも使用OKです。

アイシャンプー
目元用クレンジング料
製造国:日本
価格:(1本) 1,260円(税込)
容量:60ml
販売場所:全国のナチュラルローソン/Amazon/一部クリニック

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

コスメ / の新着記事一覧

PAGE TOP