Otajo -オタ女-

Today is
May 26 2022

記事

古屋兎丸人気コミック耽美で儚い青春群像劇 舞台版「アマネ†ギムナジウム」ビジュアル・出演キャスト公開

古屋兎丸先生の人気コミック「アマネ†ギムナジウム」初の舞台化となる「アマネ†ギムナジウム オンステージ」のメインビジュアル、出演キャスト、公演詳細が公開。

漫画「ライチ☆光クラブ」「帝一の國」など数々の作品が舞台化・映像化されている古屋兎丸先生の人気コミックを、脚本を渡辺雄介氏、演出を、學蘭歌劇『帝一の國』に続き古屋兎丸作品と再びのタッグとなる小林顕作氏が担当する本作。

今回発表になった鮮やかなメインビジュアルでは、個性の異なる7体の球体関節人形たちがこちらをじっと見つめる姿がお披露目となりました。

キャストには、フィリクス役に大城ベイリさん、ヨハン役にとまんさん。さらに、「プレッツェル」と「バウムクーヘン」の2チームに分かれ、テオ役を秦 健豪さん&弦間哲心さん、ゼップ役を松田昇大さん&中嶋 健さん、ダミアン役を深澤悠斗さん&広井雄士さん、オットー役を本間一稀さん&星 豪毅さん、エルマー役を矢代卓也さん&土屋 翔さんのWキャストで演じ、「アマネ美ヨングス」の3人がクラスメイトとして作品を彩ります。

若手キャスト陣が繊細な少年たちを瑞々しく演じる、耽美で脆いギムナジウムでの青春群像劇に注目です。

そして、7体の人形たちの生みの親である人形作家・宮方天音は、観劇されるお客さんたち! 人形たちが舞台上でどのように動き出すのか、お客さんも巻き込んでどのように物語が展開するのか、天音になる覚悟(?)とワクワクした心をもってぜひ劇場に足を運んでください!

フィリクス・シュルツ役 大城ベイリさん、ヨハン・ベルク役 とまんさんよりコメント

◆フィリクス・シュルツ役 大城ベイリ
まずは今作「アマネ†ギムナジウム」の舞台化に携われて、大変光栄に思います。
古屋先生が描かれる漫画は、その絵もさながらストーリーも細部まで丁寧に描かれていて多くの方に愛されていると思いますが、この作品はその中でも人形の話でありながら人間味の本当に濃いものだと僕は考えています。
過去、恋愛、友情、嫉妬…… 多くの出来事や僕たちの演じる感情から、皆さんの胸の内に舞台ならではの生のメッセージをお届けしたいと思います。

◆ヨハン・ベルク役 とまん
以前「ライチ☆光クラブ」の映画を観たことをきっかけに、ずっと兎丸先生が描く耽美な世界に入ってみたいと思っていたので、こうして「アマネ†ギムナジウム」の舞台に携わることができて心から嬉しく思います。
この作品に出てくる 7 人の少年の、触れたら壊れてしまうような”愛”や”悩み”をキャスト、制作陣一同で創り上げていきたいと思います。
私自身この作品を読んだ時に、胸が苦しくも頭の中にずっと残る中毒性のある作品だと感じました。
皆様にとっても、いつまでも心に残る作品になりますよう、自分の持てるすべてを捧げる覚悟で努めてまいります。

本作は、2022年4月22日(金)~5月15日(日)の日程で、Mixalive TOKYO Theater Mixaにて上演します。

7体の球体関節人形が少年となって繰り広げる、脆くて儚い寄宿学校の物語。
ようこそ不思議なギムナジウムの世界へ!

◆「アマネ♰ギムナジウム」
「アマネ†ギムナジウム」は、漫画家 古屋兎丸の作品で、「月刊モーニング・ツー」(講談社)2017 年 8 月号~2020 年 12 月号にて連載された。美麗な作画、少年となって動き出す繊細で個性の異なる人形たち、不思議で異彩を放つストーリーが多くの漫画ファンを魅了しており、今回が初のメディアミックス化となる。

◆ストーリー
派遣社員をしながら人形作家をしている宮方天音(27歳)は、画材屋から譲り受けた古い粘土でドイツの全寮制の「ギムナジウム」をテーマにした 7 体の少年の人形を作り上げる。その粘土には秘密があるという店主の言葉を思い出し、天音が人形たちにキスをすると、光が放たれ、彼らが動き出す。そして、天音は、中 2 の頃に思い描いた理想のギムナジウムの世界に入り込んでしまう。少年たちの青春を眺めて喜ぶ天音だったが、彼女が作った「設定」のせいで少年たちの間には大きな亀裂が生まれることとなり……

関連記事:
古屋兎丸原作 7体の球体関節人形が織りなす耽美な青春群像劇『アマネ†ギムナジウム』渡辺雄介脚本で舞台化
https://otajo.jp/105053

古屋兎丸×小林裕和コラボ第2弾「少年たちのいるところ展」10月開催!松田凌・有澤樟太郎・星元裕月で完全再現
https://otajo.jp/80175[リンク]

公演概要

【公演タイトル】アマネ†ギムナジウム オンステージ
【期間・劇場】 2022 年 4 月 22 日(金)~5 月 15 日(日)Mixalive TOKYO Theater Mixa
【原作】 古屋兎丸 「アマネ†ギムナジウム」(講談社モーニング KC)
【脚本】 渡辺雄介
【演出】 小林顕作
【出演】
フィリクス・シュルツ: 大城ベイリ
ヨハン・ベルク: とまん
「プレッツェル」 「バウムクーヘン」
テオ・アプフェル: 秦 健豪 / 弦間哲心 (W キャスト)
ゼップ・ジングフューゲル: 松田昇大 / 中嶋 健 (W キャスト)
ダミアン・ベーゼンマン: 深澤悠斗 / 広井雄士 (W キャスト)
オットー・グーテンゾーン: 本間一稀 / 星 豪毅 (W キャスト)
エルマー・クーヒェン: 矢代卓也 / 土屋 翔 (W キャスト)
アマネ美ヨングス: 小黒直樹 玉元風海人 高橋陸人
※「アマネ美ヨングス」とは、天音のギムナジウムをより華やかにするため生み出されたクラスメイトの総称

【チケット情報】 一般発売日:2022 年 3 月 26 日(土)10:00
チケット料金:8,000 円(全席指定/税込)

【お問い合わせ】 ネルケプランニング:https://www.nelke.co.jp/about/contact1.php
【公式サイト】 https://www.nelke.co.jp/stage/amane-gymnasium-onstage/[リンク]
【公式 Twitter】@stage_amane
【公式 Instagram】@stage_amane

(C)アマネ†ギムナジウム オンステージ製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP