Otajo -オタ女-

Today is
Jun 28 2022

記事

『だかいち』劇中劇完結編 舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~動画レポ 東谷准太/酒吞童子が登場!5月22日までアーカイブ配信中

舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~が東京・シアター1010にて上演され、千秋楽公演が5月22日までアーカイブ配信中。Blu-ray&DVDの発売も決定しています。

原作コミックスはシリーズ累計発行部数400万部突破、2018年10月から12月にかけTVアニメが放送され、2021年10月に公開された劇場版アニメも大好評を博した「抱かれたい男1位に脅されています。」(月刊マガジンビーボーイ連載/リブレ刊)の劇中劇として描かれ、ついにシリーズ完結編となる舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~。

2019年に第1作が初演。2021年1月に続編である舞台「紅葉鬼」~童子奇譚~が上演され、今回はシリーズ第3作目にして堂々の完結編となる。人と鬼との哀しき戦いはどのような結末を迎えたのか……。

舞台中央には大きな木。降りしきる雪の中、その木の下で小鬼が俯いている。そこに通りかかる、傘を差した若き日の経若。小鬼のすぐそばで父親と思われる鬼が倒れている。寒空の下、突っ立っている小鬼を捨て置けず、声をかける経若。この出会いこそが、すべての始まりだった。小鬼は、歳月を経て酒吞童子へと成長。父への憎しみを忘れられぬその心を経若に投影し、経若に帝を討たせようと策略する。

舞台「紅葉鬼」シリーズの大きな魅力は、その数奇な関係性が生み出す愛憎のドラマだ。第1作では、帝の子でありながら鬼の頭目として育てられた経若と、鬼の頭目の子でありながら人間として育てられた繁貞の因縁から、「人と鬼の共生」というテーマを炙り出し、第2作では人間たちへの復讐を誓う茨木童子との対決を通して「憎しみの連鎖」を描き出した。

そしてこの完結編では、「父と子」「兄と弟」「主従」「宿敵」など様々な関係を通して、長きに渡った宿命の物語に決着をつける。中心となるのは、経若と酒吞だ。酒吞にとって経若は生きる道筋を照らしてくれた人。その執心ぶりは、どこか愛に似たものがある。経若を仲間に引き入れたい酒吞は、背後から抱くようにしてその身を我がものにする。その光景は妖美ですらあって、艶やかにして麗わしい陳内将さんの経若と、荒々しくも寂しげな加藤将さんの酒呑に、一気に心を掴まれる。

そこに、第1作以来の登場となる菊池修司さんの繁貞と育ての親である今井靖彦さんの維茂、同じ陰陽師でありながら対極の道を辿った小波津亜廉さんのイクシマと富田翔さんの保名など、それぞれの人間模様が幾重に織り込まれ、物語の幹をより太くする。

さらに、町田慎吾さんによる絢爛豪華な演出がこの恩讐のドラマを華やかに仕立て上げている。生演奏を取り入れた音楽は迫力満点で、美鵬直三朗さんの和太鼓が観客の心を打ち鳴らし、後藤泰観さんのヴァイオリンがキャラクターの苦悩と悲哀を代弁。「紅葉鬼」らしい赤を基調としたドラマティックな照明や、随所に盛り込まれるプロジェクションマッピングが、血飛沫舞う人と鬼の決戦に風雅な格調を与えている。

小林由佳さん演じる雪熊、今村ゆり子さん演じる月熊、渡邊彩乃さん演じる花熊によるアクロバティックなパフォーマンスも鮮やかで、バトントワリングをベースとしたプレイは目を奪われる可憐さ。殺陣衆の立ち回りも勇ましく、日舞でよく用いられる「布晒し」を使ったアクションに、日本文化へのリスペクトを感じた。彼/彼女らによって織りなされる宴の光景は幻想的で、思わず鬼の里に迷い込んだ心地にさせられることだろう。

物語は、経若と酒吞の対決を経て「人と鬼の共生」という原点へ帰着する。テレビをつければ、目を伏せたくなるようなニュースが続くこの時代に、「人と鬼の共生」というテーマは決してファンタジーでも何でもないことを思い知らされる。人も鬼も、愛する者を奪われた憎しみが、復讐へと駆り立てる。そして争い続ける限り、この憎しみは終わらない。「憎しみの連鎖」を断ち切るために必要なものは何なのか。かつて鬼の頭目として人間を滅ぼすことしか頭になかった経若が、数多の戦いをくぐり抜け、辿り着いた境地にこそ、その答えが示されている。

千秋楽公演は5月22日までディレイ配信中、Blu-ray&DVDは2022年11月23日(水)に発売が決定している。

<文・横川良明>

本編の様子を動画でチラ見せ!

豪華な演出、迫力のアクションシーン、素敵な衣装など、ぜひ動画でご覧ください!


動画:「だかいち」劇中劇完結編 舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~ダイジェスト
https://youtu.be/5nSD5UjWEwI[YouTube]

配信情報

千秋楽公演のディレイ配信実施!
【販売サイト】
<Streaming+>(https://eplus.jp/kouyouki/)
<シアターコンプレックス>(https://theater-complex.jp/movie/list/kouyouki)

・2022年5月15日(日)13:00公演〈千秋楽公演〉【販売価格】各3,800円(税込)
視聴期間:2022/5/22(日)23:59まで
【販売価格】各3,800円(税込)
視聴チケット受付期間:2022/5/2(月)19:00~2022/5/22(日)21:00
※販売期間・視聴期限など詳しくは、各配信サイトをご確認ください。

出演者コメント

■西條高人/経若役:陳内将さん
いよいよ舞台『紅葉鬼』三部目となりシリーズ最終章となりました。
三年にわたり多くのキャスト、スタッフの方々に携わって頂き、お客様に支えられて、ここまでこれたこと心より御礼申し上げます。
長きにわたる鬼と人の争いに終止符は打たれるのか、そして満を辞して登場する酒吞童子の狙いとは?
髙木俊さんは今回どんなキャラ?など様々な角度から、この物語のメッセージを浴びてくだされば幸いに思います。

■東谷准太/酒吞童子役:加藤将さん
舞台「紅葉鬼」初日を迎える事が出来ました。この舞台を彩るのは自分達だと実感する稽古期間を経て、蕾だった俺の心の花が開きかけているような気がします。
その蕾が開く瞬間は、自ずと舞台初日になるんだろうなと、本番直前の今、そう思いました。
陳内将さんの背中を追い続けた紅葉鬼、俺の中で彼の存在はとても大きく、彼に振り落とされないように必死でした。
ですが本番のステージが始まって同じ板の上に立てば皆同じです。
俺はどんな状況でも紅葉鬼で彼から学んだ沢山のことを自分なりに工夫して「紅葉鬼」と「将さん」に全力を持ってぶつかっていきたいです!
皆様劇場で酒吞童子となりお待ちしております!

■綾木千広/繁貞役:菊池修司さん
初演の紅葉の景色を見たあの時から、大好きなこの作品に綾木千広/繁貞として戻ってくることができて、とても幸せです。
シリーズ完結ということで、応援して下さる全ての方に「紅葉鬼」の、彼らの生き抜く姿を是非劇場で観ていただければなと思います。

Blu-ray&DVD発売決定!

本編 DISC に加え、特典映像 DISC も付属。特典映像 DISC には、メイキングやバックステージ映像を収録。完全生産限定版は、三方背ケース・デジジャケットに特製ブックレットがついた豪華仕様!
さらに、特典 DVD がもう 1 枚ついた、ANIPLEX+・アニメイト限定セットも発売します。

◇発売日 2022 年 11 月 23 日(水)
◇仕 様 [完全生産限定盤]
●Blu-ray:¥10,780(税抜価格\9,800)【ディスク 2 枚組(本編 BD+特典映像 DVD)】
●DVD::\9,680(税抜価格\8,800) 【ディスク 2 枚組(本編 DVD+特典映像 DVD)】
[ANIPLEX+・アニメイト限定セット]
●Blu-ray:¥11,330(税抜価格\10,300)【完全生産限定版[BD]+ 特典 DVD】
●DVD:¥10,230(税抜価格\9,300)【完全生産限定版[DVD]+ 特典 DVD】
※ANIPLEX+・アニメイトの特典 DVD の内容は同一です。

◇収録内容:
本編映像(公演の模様を収録)
<特典映像>メイキング&バックステージ映像・ビジュアル撮影メイキング などを収録予定
◇特典内容:完全生産限定版
■三方背ケース ■デジジャケット仕様■特製ブックレット
◇外付け特典:■早期予約特典…ステージショットブロマイドセット

【対象】2022 年 10 月 10 日(月・祝)23:59 までに予約された方
ANIPLEX+、アニメイト、Amazon(【Amazon.co.jp 限定】商品のみ対象)
※ステージショットブロマイドは共通のものとなります。
■店舗別購入特典…アナザーカットブロマイドセット
アニメイト…西條高人/経若、東谷准太/酒吞童子、綾木千広/繁貞、星熊、帝
ANIPLEX+…西條高人/経若、東谷准太/酒吞童子、イクシマ、いぶき、鷲王
Amazon(【Amazon.co.jp 限定】商品のみ対象)…西條高人/経若、東谷准太/酒吞童子、雪熊、月熊、花熊、行成、保名、維茂
発売:アニプレックス 販売:ソニー・ミュージックソリューションズ

関連記事:
『だかいち』劇中劇続編 西條高人の美しすぎる“経若”再び!舞台「紅葉鬼」~童子奇譚~動画レポ
https://otajo.jp/96152

『だかいち』舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~美しい帝や繁貞(綾木千広)も!全キャラビジュアル解禁でストーリーも明らかに
https://otajo.jp/107312[リンク]

『だかいち』舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~東谷准太役は加藤将「大好きな高人さんと毎日一緒に稽古が出来ると思うと毎日が幸せで楽しいですよね!」
https://otajo.jp/106387[リンク]

『だかいち』舞台『紅葉鬼』開幕!初演出の町田慎吾「本当に心が震えるような作品に演出したつもりです」
https://otajo.jp/79501[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

公演概要

【公演日程】2022 年 5 月 8 日(日)~15 日(日)シアター1010
【タイトル】舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~
【原作】桜日梯子「抱かれたい男 1 位に脅されています。」(月刊マガジンビーボーイ連載/リブレ刊)
【演出】町田慎吾
【脚本】葛木 英
【CAST】
西條高人/経若:陳内 将
東谷准太/酒吞童子:加藤 将/
イクシマ:小波津亜廉
帝:小野健斗
鷲王:田鶴翔吾
雪熊:小林由佳
月熊:今村ゆり子
花熊:渡邊彩乃
行成:相澤莉多
いぶき:磯田虎太郎/前田武蔵(W キャスト)/
殺陣衆:塚田知紀 白崎誠也 小笠原竜哉 菅野慶太
村上歩夢 川島翔太郎 田中翔大 山田隼人/
星熊:髙木 俊
保名:富田 翔
維茂:今井靖彦/
綾木千広/繁貞:菊池修司
【演奏】
和太鼓・鳴り物:美鵬直三朗
ヴァイオリン:後藤泰観
【制作】トライフルエンターテインメント
【主催】アニプレックス/ネルケプランニング/トライフルエンターテインメント/イープラス
■公式サイト https://kouyouki.com/
■公式ツイッター @ kouyouki_b
(C)DO1 PROJECT/舞台「紅葉鬼」製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP