Otajo -オタ女-

Today is
Dec 07 2022

記事

「なでしこが実家を出ているというのがまず衝撃!」映画『ゆるキャン△』キャスト登壇完成披露上映会レポ “好き”を仕事にしたリンに「この未来に続いていく伏線が張られていた」

キャンプブームを巻き起こした『ゆるキャン△』シリーズ最新作・映画『ゆるキャン△』(7月1日(金)より全国ロードショー)の公開に先駆け、6月19日(日)に新宿ピカデリーにて完成披露上映会を開催し、花守ゆみりさん(各務原なで
しこ役)、東山奈央さん(志摩リン役)、原紗友里さん(大垣千明役)、豊崎愛生さん(犬山あおい役)が登壇。これまでのシリーズとはまたひと味違う映画『ゆるキャン△』の魅力を語りました。

また、イベント内で映画『ゆるキャン△』とコラボしたオートキャンプ場のオープン情報やグッズなど最新情報が解禁されました。

登壇したキャストそれぞれによる、作品にちなんだ『キャンにちは!』の挨拶でイベントは和やかにスタート。2018年、シリーズの始まりとなるTVアニメの放送が開始し、4年という長い歴史を刻んできた『ゆるキャン△』。

映画公開までの道のりについて思い出を聞かれ、花守さんが「4年…早いですね!当時、キャンプもしたことなかったんですけど、今やすっかり立派なキャンパーになりました。そう考えると4年って長かったね!」と、月日の流れを改めて実感する様子を見せると、東山さんも「大きな4年間だったんだね」としみじみ。

「TVアニメもSEASON2があったり、グッズも含めて色んな展開があったので、日々のお供に『ゆるキャン△』ってくらい、近しい存在になっていった 4~5 年間だったんじゃないかな。ビジュアルで大人になっていたので、ドキドキしました!」とコメント。

続く原さんは「発表時にゆみりちゃんがこぼした涙を忘れてません(笑)。映画版は遠い未来だな、と思っていたのがいよいよ形になるということにドキドキしてます」と東山さんとはまたひと味違うドキドキを感じていると話しました。

豊崎さんも『ゆるキャン△』は近しい存在になっていたといい、「プライベートでもキャンプに行くんですけど、そこで知り合ったキャンパーさんがグッズを持っていたり、特設コーナーを見かけたり、ずっと側にいてくれましたね」と日常の一部にいつも作品がいてくれたと話すと、一同感慨深げに頷きました。

映画ではなでしこ達がキャンプ場をつくる姿が描かれます。初めてこの物語について聞いた時、花守さんは「大人になってることに一瞬気を取られていましたけど、作っちゃうの?!と純粋にびっくりしました(笑)。キャンプ初心者だったなでしこが、”楽しんでもらうぞ”って立場になっていて、どんな話になっているのか台本もらうまで見当つかなかったです」と当時の正直な思いを吐露。

東山さんも「キャンプを楽しむ側だった私たちがそのものを作っていく…びっくりでしたし、みんなが大人になって遠くに行っちゃった気がしたですけど、やってることは昔と全然変わらないじゃん!って」とこれまで同様”キャンプ”を楽しむ彼女たちが見られると明かしました。

スクリーンに大人になったキャラクターを描いたオフショットビジュアルが映し出されると、花守さんは「高校生の時も着ていたんじゃない?って服も混じっていたり、テントとシュラフが干せるベランダになっていて、なでしこは私の知らない時間もキャンプを大好きなまま生きてきたんだなって。趣味としても、仕事としてもキャンプへの愛がずっと続いていたことが伝わってきて、このビジュアルは好きですね。実家を出ているというのがまず衝撃!」とキャンプ用品店で働くなでしこを描いたビジュアルへの思い入れを語りました。

リンのビジュアルには一同口を揃えて『衝撃!!』。東山さんも「きららアニメでスーツ姿を見られるなんて思わないですよね?!コンクリートジャングルにいるし!(笑)キャリアウーマン感がでているのがすごく良いです。チャームポイントのお団子ヘアもなくなり、キャンプをお仕事にしたなでしことは別々の道に行っていますよね。出版社に勤めていて。でもリンは、ソロキャンしながら本読んでいたり、アルバイトも本屋だったり、“好き”を仕事にしていてホッとしました。TV アニメから、この未来に続いていく伏線が張られていたんだなって」とこれまでの長い歴史を思い返しました。

一方、爽やかに汗を流す千明の姿を見た原さんは「親近感のある大人になってくれたようで」と会場の笑いを誘い、「色々あってここに落ち着いている感がでていますね。アクティブな感じ、行動力を表している気がして。変わらなかった安心感をお届けできるかなと思います!」と本編で、これまで通りの千明が見られると話しました。

小学校の先生になったあおいの様子を見て、豊崎さんは「もともと大人っぽくて、みんなを見守っているような子だったのでビジュアル的的に大きな変化は(見えないかもしれない)。日々小学生と授業したり遊んだり、”らしいな”って思いました。野クルやなでしこ、みんなの成⻑を微笑ましくニコニコ見守っていたから、先生というのは人の成長を見守るあおいちゃんらしいなって」”らしさ”を感じる大人になった姿だと言います。

斉藤恵那のビジュアルを見た一同は、ちくわがいることに改めてまず一安心。花守さんは「『トリマーになるんじゃないか?』って以前から話をしていたのでぶれないな!と」、豊崎さんからは「映画ではちくわ大活躍だもんね!」とTVアニメ時の話や注目ポイントも挙がり、オフショットビジュアルだけで色々な想像ができると、大盛り上がりで振り返りました。

続いて、映画『ゆるキャン△』最新情報が解禁に。これまでのシリーズでモデル地の一つでもある山梨県身延町、そんな身延町にある「道の駅しもべ」にキャンプ場が併設され、映画宣伝チームが実際にキャンプ場作りのお手伝いをしていましたが、そのキャンプ場に『ゆるキャン△』の名前も入れてもらえることとなり、「道の駅しもべオートキャンプ場〜ゆるキャン△の里〜」として、現在7月16日(土)のオープンに向けて着々と準備が進行中。キャンプ場の予約が7月1日(金)からスタートすることが発表されました。

この発表を聞くと、会場からは大きな拍手が湧き上がりました。花守さんをはじめ、「映画見てすぐに予約しなきゃ!」とキャスト一同、興味津々でスクリーンに浮かぶ情報に目をやる場面も。公開に向けた豪華グッズ情報なども併せて紹介されました。

最後には
豊崎さん「大人になった彼女たちの生き方を見守っていただけたらと思います。見終わったあと温かい気持ちになって、頑張っていたらどこかで必ず誰かがみていてくれるんだなって改めてこの映画が教えてくれたような気がします。みなさんも、”ひとりじゃないよ”という気持ちで見て、温かい気持ちにになってもらえたら嬉しいです」

原さん「試写会で見終わった後に、不思議と幸せな涙みたいなものが溢れてきて、本当に心が温かくなる映画でした。皆さんもぜひ幸せな気持ちになって、“ああ、『ゆるキャン△』好きだな~!”って思っていただけたらと思います!」

東山さん「映画が始まった瞬間に、『ゆるキャン△』は映画館と相性がいいなって思いました。没入感が出るというか、いつも癒しをくれて、5人のマイペースな空気感も居心地がいいなって思えるのが『ゆるキャン△』の大好きなところです。映画にはみんなの見たい『ゆるキャン△』が詰まっていますし、映画だからこそ伝えられる今まで見たことのない『ゆるキャン△』も詰まっています。この映画をみてもっともっと『ゆるキャン△』を大好きになってくれたら嬉しいです」

花守さん「脚本を読ませていただいた時から、なんていうか心が本当にデトックスされてしまう…。相変わらず監督たちが現地に行って情報を書き加えてくださった資料集もあって、本やそれを読んでから改めて映像を見た時に“なんて愛が詰まってる作品なんだろう”と思いました。その愛に応えるために、スタッフさんも全力で取り組んでいて(完成)ギリギリまで音や画の調整をされていたって聞いていたので、こうやってみなさんにお届けできることが本当に嬉しいです。受け取ってもらえる方に、大切なことをお伝えできる映画になっていると思います。」
と思いの丈を語り、イベントは幕を閉じました。

「道の駅しもべオートキャンプ場〜ゆるキャン△の里〜」オープン決定!

山梨県身延町に位置する「道の駅しもべ」キャンプ場のオープンが7月16日(土)に決定いたしました。リニューアルを聞きつけた映画『ゆるキャン△』宣伝担当たちも実際に現地に赴き、草刈りからお手伝いをしたキャンプ場がついにオープン。地域の皆さんにも日々テストキャンプにご参加いただき、たくさんのご意見をいただきながら完成へと漕ぎ着けました。

オープン時期:7 月 16 日(土)
予約開始:7 月 1 日(金)※詳細は映画公式サイトおよび公式 Twitter にて順次公開予定

【映画『ゆるキャン△』宣伝担当よりコメント】
私たちがキャンプ場づくりのお手伝いをさせていただいている「道の駅しもべ」のキャンプ場が7月 16 日(土)にオープンすることになりました!7 月 1 日(金)より予約開始を予定しております。
そして、町や施設の皆さまのご厚意で、今回キャンプ場の名前に「ゆるキャン△」の名前をいれていただける運びとなり、「道の駅しもべオートキャンプ場〜ゆるキャン△の里〜」として走りだします!
この場所は、作品のモデル地ではございませんが、ファンの皆さまや地元の方々の交流の場になれたらと思っております。もちろん今後もキャンプ場作りは引き続きお手伝いさせていただき、随時アップデートしつつ、よりよいキャンプ場を目指して頑張ります!

関連記事:
アニメ映画『ゆるキャン△』「大人になったねぇ」としみじみ!花守ゆみり「銀幕でも飯テロは衰えませんでした」キャスト登壇イベントレポ
https://otajo.jp/107849

アニメ映画『ゆるキャン△』なでしこはアウトドア用品店員・リンは編集者・恵那はトリマー!大人版プロフィール&待望の特報映像解禁
https://otajo.jp/106785[リンク]

キャンプに行ったら食べるズラ!『ゆるキャン△』×『カップヌードル カレー』公式コラボCM&声優陣による番組『ゆるキャン△クッキング』配信中
https://otajo.jp/108636[リンク]

作品情報

映画『ゆるキャン△』
7 月 1 日(金)全国ロードショー

【INTRODUCTION】
きっと誰かに伝えたい。
劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。

2018年の制作発表から4年、最新アニメーション作品となる、映画『ゆるキャン△』がこの夏、ついに劇場にやってくる。
アニメーション制作はこれまでのTVシリーズを手掛けてきた C-Station。スタッフは『ゆるキャン△』『ゆるキャン△ SEASON2』でも監督を務めた京極義昭をはじめ、お馴染みの制作陣がスクリーンでも集結。脚本は、『ゆるキャン△』『ゆるキャン△SEASON2』シリーズ構成の田中仁と、『へやキャン△』シリーズ構成の伊藤睦美がタッグを組み、物語を紡ぐ。

キャラクターデザインは、すべて原作者あfろが本作のために生み出したキャラクター原案をもとに、TVシリーズから引き続き佐々木睦美が担当。映画でも徹底した取材を行い、細やかで贅沢な空気感がスクリーンで演出される。

音楽は、「ゆるキャン△サウンド」には欠かせない立山秋航が制作。これまでにない規模のレコーディングを実施し、劇場ならではのサウンドをお届けする。
そして、花守ゆみり・東山奈央などお馴染みのキャスト陣が物語を彩っていく。

原作者・あfろ監修 完全オリジナルストーリー
高校時代、キャンプを通じて関係を育んでいった、なでしこ、リン、千明、あおい、⻫藤。時を経てそれぞれの道を歩んだ5人が、とあるきっかけでキャンプ場を作ることに。
『ゆるキャン△』が演出する、自然の美しさや美味しい食事、焚火を眺めるようなゆったりと流れる時間――。
「美味しいご飯を食べたり、きれいな風景を眺めたり、温泉にゆっくり浸かったりして……明日もまた頑張ろう」
そんな気持ちになれるひと時の体験。
2022年の夏は、映画館で野外活動しよう。

【STORY】
これは、少し先の冬からはじまる物語。
志摩リンは故郷の山梨を離れ、名古屋のちいさな出版社に就職し、一人暮らしをしていた。
とある週末、ツーリングの計画を立てていたところに、高校時代の友人・大垣千明から唐突にメッセージが届く。
「今、名古屋にいるんだが」
山梨の観光推進機構に勤める千明は、数年前に閉鎖された施設の再開発計画を担当していた。
「こんなに広い敷地なら、キャンプ場にでもすればいいじゃん」
そんなリンの何気ない一言から、動き出す千明。
東京のアウトドア店で働く各務原なでしこ、地元・山梨の小学校教師となった犬山あおい、横浜のトリミングサロンで働く斉藤恵那。
かつてのキャンプ仲間が集まり、キャンプ場開発計画が始動する。
キャンプでつながった五人が、今だからできることに挑む、
アウトドア系ガールズストーリーの幕が上がる。

≪STAFF≫
原作 あfろ (芳文社「COMIC FUZ」掲載)
監督 京極義昭
脚本 田中 仁 伊藤睦美
キャラクターデザイン 佐々木睦美
プロップデザイン 井本美穂 堤谷典子
メカデザイン 遠藤大輔 丸尾 一
色彩設計 水野多恵子(スタジオ・ロード)
美術監督 海野よしみ(プロダクション・アイ)
撮影監督 田中博章(スタジオトゥインクル)
デジタルワーク C-Station digital
CG ワーク 平川典史(M.S.C)
音響監督 高寺たけし
音響制作 HALF H・P STUDIO
音楽 立山秋航
音楽制作 MAGES.
アニメーション制作 C-Station
配給 松竹
オープニングテーマ 亜咲花「Sun Is Coming Up」
エンディングテーマ 佐々木恵梨「ミモザ」

≪CAST≫
各務原なでしこ:花守ゆみり
志摩リン:東山奈央
大垣千明:原 紗友里
犬山あおい:豊崎愛生
斉藤恵那:高橋李依 ほか

公式 HP https://yurucamp.jp/
公式 Twitter @yurucamp_anime
(C)あfろ・芳文社/野外活動委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫 / / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP