Otajo -オタ女-

Today is
Aug 15 2022

記事

『TANG タング』映画初出演かまいたちナレーション新映像<TANGのひみつ編>解禁!「そこはニノさんじゃなくていいんですか、って」

二宮和也さんが嵐の活動休止以降、初の映画主演を務める『TANG タング』(2022年8月11日(木・祝)に公開)から、新映像が解禁!

原作はベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」。

ゲーム三昧で妻に捨てられた、ダメ男・春日井 健(かすがい けん)。わけあって無職で人生に迷子中。ある日、健の家の庭に突然現れたのは、記憶を無くした迷子のロボット。どこからきて、何のためにやってきたか分からないそのロボットは自分の事を”タング“と名乗った。
タングを最新型ロボットと交換するために始まった旅は、いつしかタングを直す旅に。しかし、そこで明らかになるのは、タングが失った記憶に、世界を変える秘密が隠されているという事だった――。
タングの記憶の為に大きな選択を迫られる健。ふたりの迷子が大冒険の先に見つけた、人生の宝物とは――。

新映像解禁!ナレーションはタングを追う謎の組織を演じるかまいたち!!

この度、劇中でタングを追う謎の組織に所属する大釜仁と小出光夫を演じる、映画初出演となる、かまいたちの2人がナレーションに挑戦した新CMの映像が解禁となりました。

ある日突然、健(二宮和也)の家の庭に現れた、記憶を無くした迷子のロボット・タング。タングの手がかりがあると思われる大企業アトビットシステムズ社でロボットデザイナーをつとめる林原(京本大我)は、一見ポンコツなだけのその姿をみて「タングには特別な何かが備わっている…」と興味深げな声を上げます。

そこで「タングの記憶には、世界を変える秘密があった!」とかまいたちの渾身のナレーションが入る新CM。映像の最後には、タングに向かって「はい!お手!」と声を掛けるが無視されてしまう小出(山内健司)という、クスっと笑えるシーンも含まれています。

今回ナレーションに挑戦したかまいたち・濱家さんは「ワクワクしますよね。映画の映像で自分の声が流れるとか、それこそ自分の映像が出てくるっていうのが、楽しみで仕方ないですね」と、自身が映画初出演となる本作のCMで、ナレーションを務める喜びを爆発。

本映像のオチとなった山内さんは「いいんですか、っていう。あそこはニノさんじゃなくていいんですか、って思うくらい使ってもらっていて嬉しかったです」と語りました。

二人が追っている本作の主人公の一人・タングについて魅力を聞かれると、濱家さんは「“ポンコツ可愛い”じゃないですか。やっぱり人間でもそうですけど、隙のあるポンコツ具合は可愛いなと思うんで、そこじゃないですかね」と答えた一方で、山内さんは「“金をうむもの”ですかね」と答え、自身の役柄を伺わせるアピールも忘れていません。


・映画『TANG タング』TVスポット(TANGのひみつ編) 2022年8月11日(木・祝)公開
https://youtu.be/9f_84U7HST0

あわせて、怪しげな表情を浮かべる謎の組織2人の新規場面写真と、スポット内でも見ることが出来る健とタングの冒険の一部、深センのシーンを切り取った新規場面写真が解禁されました。

失われたタングの記憶が持つ秘密とは…? その時、タングの記憶の為に大きな選択を迫られる健。ふたりの迷子が大冒険の先に見つけた、人生の宝物とは――。是非劇場で、その感動の結末を見届けてください。

かまいたちコメント全文

・映画を観て、ご自身が出ているシーンはいかがでしたか?

(山内)シーンごとの流れで撮ってはいなかったので、自分のシーンが全体のどこで入ってくるのかはっきり分かっていなくて、「あれここでこの人と会ったことになってんのか、あーそうかそうか、台本そうやったな」みたいな。自分が出させてもらったところの断片的な記憶しかなかったので、あ、ここで撮ったやつが今ここに入っているんだとか、こんな場所のシーンだったんだとか、驚きがたくさんありました。

(濱家)こんな最先端の場所歩いてたんや。って感じです。

(山内)映画を観てわかることがめっちゃ多かったです。

・タングってなにもの?という視点のスポットですが、タングの魅力とは何でしょうか?

(濱家)“ポンコツ可愛い”じゃないですか。やっぱり人間でもそうですけど、隙のあるポンコツ具合は可愛いなと思うんで、そこじゃないですかね。

(山内)“金をうむもの”ですかね。

・ナレーションしてみていかがでしたか?

(濱家)ワクワクしますよね。映画の映像で自分の声が流れるとか、それこそ自分の映像が出てくるっていうのが、楽しみで仕方ないですね。

(山内)なんかオチみたいに使ってもらって、いいんですか、っていう。あそこはニノさんじゃなくていいんですか、って思うくらい使ってもらっていて嬉しかったです。

関連記事:
可愛すぎるへっぽこロボットの限定デザインアイテム!映画『TANG タング』本屋さんオリジナルグッズ発売
https://otajo.jp/109342

ロボット「タング」本体はこだわりの一点物!CGと実写の融合に二宮和也「人間がポップにやらないと」映画『TANG タング』撮影現場レポート
https://otajo.jp/109124[リンク]

二宮和也にロボットが取材!「その椅子クリント・イーストウッド監督のじゃん」映画『TANG タング』インタビュー映像解禁
https://otajo.jp/108863[リンク]

作品概要

【タイトル】『TANG タング』
【キャスト】二宮和也
満島ひかり/市川実日子
小手伸也 奈緒 京本大我(SixTONES)
山内健司・濱家隆一(かまいたち) 野間口徹 利重剛 景井ひな / 武田鉄矢
【主題歌】milet「Always You」(SME Records)
【スタッフ】原作『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(デボラ・インストール 作 松原葉子 訳 小学館文庫)
監督:三木孝浩 脚本:金子ありさ
【配給】ワーナー・ブラザース映画
Based on “A ROBOT IN THE GARDEN” by Deborah Install Copyright (C) 2015 by Deborah Install
Licensed by Deborah Install c/o Andrew Nurnberg Associates, London through Tuttle-Mori Agency,
Inc. ,Tokyo
(C)2022 映画「 TANG 」製作委員会
【映画公式サイト】tang-movie.jp
《原作について》
人間とロボットによるハートウォーミングな物語が絶賛されている小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」(デボラ・インストール作 松原葉子 訳 小学館文庫) 。2016 年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれ、「とにかくタングがかわいい!」と世界中の読者を虜にし、日本国内ではシリーズ累計発行部数28万部を超える、海外の作家のデビュー作としては異例のベストセラーである。映画『TANG タング』は、「ロボット・イン・ザ・ガーデン」を日本版にアレンジを加えての実写化。また、2020年より劇団四季の16年ぶりの一般オリジナルミュージカルとして舞台化。雑誌「ミュージカル」が発表した「2020年ミュージカル・ベストテン」では作品部門第 1 位に選出され、高い評価を得ている。

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP