Otajo -オタ女-

Today is
Jun 13 2024

記事

「食は心の糸を繋げてくれる」ほっこりハートフルBL『僕らの食卓』犬飼貴丈×飯島寛騎W主演でドラマ化

雑誌ルチル(幻冬舎コミックス)で連載され、暖かな家族の食卓や性別を超えた愛の物語に「泣ける」、「あのおにぎりが食べたい!」、「癒される」と絶賛の声続出のコミックスが待望の実写化! 2017年に単行本が刊行された三田織先生原作『僕らの食卓』が、2023年4月 BS-TBS放送にて犬飼貴丈さんと飯島寛騎さんをW主演に迎えドラマ化します。

また、子役の前山くうがさんの出演が決定。併せて第一弾ビジュアルが解禁となり、キャスト、原作者のコメント、描き下ろしイラストも到着しました。

原作は、現在連載中「ライオンハーツ」も話題の三田織先生が描く、e book japanのBL読者が選ぶBLアワード2018の第3位に選出された注目作品。BLジャンルでありながら、食卓を囲むことで縮まっていく距離感、性別を超えた暖かく、浸み込むようなハートフルドラマにBLファンのみならず、幅広い層に支持された作品となります。

誰かと一緒に食べるごはんがこんなにうれしくておいしいなんて、僕は知らなかった。
会社員の豊は、家族と疎遠で人と食事をするのが苦手。
ある日、公園で年の離れた兄弟・穣と種に出会い、なぜか「おにぎりの作り方」を教えることに。
それ以来、一緒に食卓を囲み食事をすることが増えた豊たち。やがて、家族のような存在となり、そして豊と穣の距離も次第に縮まっていく…。
食事を通し、人のつながりを描く人間ドラマになります。

主人公・穂積 豊を演じるのは、犬飼貴丈さん。幼少期のあることをきっかけに人と食事をするのが苦手となった、孤独のサラリーマンを繊細に演じます。

上田穣を演じるのは、飯島寛騎さん。弟のお世話をする面倒見のいい”兄貴”を好演しています。

そして上田種役を演じるのは、多数の応募の中からオーディションを勝ち抜いた子役の前山くうがさん。本格的なドラマ出演は本作が初となり、飯島さん演じる穣の弟を演じます。

コメント

・犬飼貴丈(穂積 豊 役)
「豊役を演じさせていただきます犬飼貴丈です。
地元徳島の空気を吸いながら自然体でお芝居できる環境を設けていただき感謝しています。
やはり地元の空気は体に馴染むなぁと感じました。
美馬市の風景とこのドラマの雰囲気がとてもマッチしていて、ほっこり感動きゅんきゅんしていただけるのではと思います。」

・飯島寛騎(上田 穣 役)
「原作・脚本を読み、温かく優しい物語だと感じました。
登場人物それぞれが持っている気持ちがつくっていく空間は読んでいて幸せな時間をつくってくれました。
犬飼さんはお久しぶりの共演と言うこともあり楽しさと共に、互いに何がしたいかをすぐ汲み取る事が出来たのですんなり豊、穣に入り込む事が出来ました。あと、地元が徳島と言うこともありおすすめのラーメンを行ききれないほど教えて頂きました。
くうがくんとは兄と思って貰えるよう常に近くにいるように心がけました。彼は天真爛漫でまさに種くんそのもの。元気すぎて現場がとても和みました。
生きていく為には食事が必要。当たり前かもしれませんがその当たり前があるからこそ人と人とが繋がっていき自然と心が落ち着く。食は心の糸を繋げてくれる。何気ない小さな幸せがこの作品には沢山溢れています。そんな優しく温かいおいしい「僕らの食卓」へ是非。」

・前山くうが(上田 種 役)
「種くん役に選ばれてとっってもうれしかったです!
ぼくにとって初めてのドラマです!
マンガをよんで種くんはとってもかわいくて、やさしくて ゆかた、にいちゃん、おとんのことが大すきだなと思いました。
マンガでみたばくだんおにぎりがすごくおいしそうで家でもたくさんつくりました。
おもしろいセリフもたくさんあって、台本読みの練習もたのしかったです!
撮影も毎日とってもたのしくて、撮影中に食べたごはんぜーんぶおいしかったです!
がんばったので、たくさんの人にみてほしいです!
上田家だいすきー!」

・原作:三田織
「ドラマ化のお話を頂いてからずっと、どこか現実ではないような、信じられない気持ちでいたのですが、徳島でのロケを見学させて頂いて、目の前に豊、穣、種くん、おとうが生きているのを見て、これは夢じゃないんだなぁ…と、胸がいっぱいになりました。とてもあたたかい、光に満ちた現場でした。
「僕らの食卓」は、家族のお話でもありますし、男性二人の恋のお話でもあります。
ドラマではそのどちらも、時には原作以上に丁寧に、大切に描いて下さっていると感じ、本当に嬉しく思っております。脚本を読むだけでも、ときめいたり、ぐぅっとくる場面が沢山ありました…!
キャラクターを生きて下さった俳優の皆様、物語の世界を現実に作り上げて下さったスタッフの皆様、そして原作漫画を読んで応援して下さっていた読者の皆様、ここに至るまでに関わって下さった全ての皆様に心から御礼申し上げます。」

監督は、石橋 夕帆(いしばし・ゆうほ)さん、飯塚 花笑(いいづか・かしょう)さん、上村 奈帆(かみむら・なほ)さんの3名がメガホンをとります。

石橋監督は、『ぼくらのさいご』で田辺・弁慶映画祭コンペティション部門 映画.com 賞を受賞、国内複数の映画祭に入選。2018年に MOOSIC LAB ⻑編部門作品として『左様なら』(原作:ごめん)を監督。長編2作目となる『朝がくるとむなしくなる』が本年劇場公開予定。昨年、TXで放映されたドラマ『北欧こじらせ日記』の全話のディレクターを務めています。

飯塚監督は、大学在学中は映画監督の根岸吉太郎、脚本家の加藤正人に学び、トランスジェンダーである自らの経験を元に制作した『僕らの未来』が、ぴあフィルムフェスティバルにて審査員特別賞を受賞。2022年には、初の劇場公開作品『フタリノセカイ』が話題を呼び、また最新作『世界は僕らに気づかない』は、大阪アジアン映画祭コンペティション部門にて来るべき才能賞を受賞しました。

上村監督は、日本映画学校卒業後『蒼のざらざら』で城戸賞最終選考にノミネート。その後、映画美学校脚本コースを受講し『ばぁちゃんロード』で第1回映画美学校プロットコンペティション最優秀賞を受賞し脚本家デビュー。また2018年には『書くが、まま』で脚本と監督を務め、「MOOSIC LAB 2018」で観客賞と最優秀女優賞のW受賞を果たしました。

コロナ禍を経て世界がいまだかつてないスピードで変わり続ける中で、食を通して、その人と深く繋がることを大切にした、食と家族のハートフルドラマが誕生。ぜひ今後のニュースにもご期待ください。

作品概要

ドラマ「僕らの食卓」
2023 年 4 月 BS-TBS にて放送
<ストーリー>
僕の毎日に何か新しいものが入ってくる――。
人と食事をするのが苦手な豊が、ある日公園で出会ったのは年の離れた兄弟・穣と種。一緒にご飯を食べるようになった。豊は、いつしか、みんなでご飯を食べるのが楽しみに思えていたのだが…。

***************************************
犬飼貴丈 飯島寛騎 前山くうが
原作:三田織『僕らの食卓』幻冬舎コミックス刊
監督:石橋夕帆 飯塚花笑 上村奈帆
脚本:下亜友美 石橋夕帆 飯塚花笑 上村奈帆
制作:TBS グロウディア/制作プロダクション:the ROOM/制作協力:東北新社
製作・著作:「僕らの食卓」製作委員会
(C)三田織/幻冬舎コミックス
(C)「僕らの食卓」製作委員会
公式アカウント
公式 HP:ドラマ『僕らの食卓』 (bokuranosyokutaku.com)
Twitter:【公式】ドラマ「僕らの食卓」(@boku_syoku)
Instagram: 【公式】ドラマ「僕らの食卓」(@boku_syoku)

関連記事:
不倫をされて復讐するなら?犬飼貴丈「中途半端な復讐はしないかな」YouTubeは“作品を撮っている感覚” ドラマ『サレタガワのブルー』撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/101481

飯島寛騎のピアノ演奏姿に奥野壮も魅せられる「かっこよく、美しく、儚く弾く」ドラマ『悪魔とラブソング』撮り下ろし2ショットインタビュー
https://otajo.jp/100799[リンク]

内藤秀一郎×瀬戸利樹 BLドラマ『先輩、断じて恋では!』「キスするときにちょっと口を開けちゃう癖が……」密着撮り下ろし写真満載インタビュー
https://otajo.jp/108598[リンク]

推しキャラが変わるかも?後半はキャストも驚きの急展開 ドラマ『マイラブ・マイベイカー』本仮屋ユイカ&飯島寛騎インタビューでお気に入りのパンツ話に発展!?
https://otajo.jp/90204[リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP