Otajo -オタ女-

Today is
Feb 21 2024

記事

「アニメイト池袋本店」が大型リニューアル! アニメグッズとコスメ・雑貨を一緒にお買い物出来るコーナーも

40周年を迎える「アニメイト池袋本店」。世界最大規模のアニメショップとして店舗を大型リニューアルし、3月16日にグランドオープンしました。

今回のリニューアルでは、本店舗がある豊島区が掲げる“まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市”の実現に貢献することを目指して、池袋保健所跡地に増築し、現在の店舗と一体の建物へと生まれ変わる。売り場面積が約2倍になる他、アニメイト初となる舞台や朗読劇が楽しめるアニメイトシアターが併設。アニメ、マンガ、小説などの作品世界を表現した展示を体感できるスペースが新設されるなど、買い物だけではなく、「見る」「聞く」「味わう」など、五感を使って楽しむことができる空間となっています。

筆者も内覧会に参加させていただきましたが、売り場スペースがかなり広々! 大きなスクリーンで作品が紹介されていて、テンションがあがります。

4階にある「Space A la mode」には、美容グッズやアパレルグッズ、雑貨の販売が。

友達の誕生日に、アニメグッズとコスメやバスアイテムなんかを一緒にラッピングしてプレゼント出来るので、とても便利! 目移りしてしまう楽しいコーナーでした。

3月16日に行われた、アニメイト池袋本店オープニングセレモニーににはアニメイトの宣伝キャラクター“アニメ店長”の声を務める声優の関智一、アニメ好きの ROLAND、(株)アニメイト代表取締役・藤樹潤、アニメイト池袋本店店長・上村智佳子の4名が登壇。

10年前のアニメイト池袋本店の移転リニューアル時にもセレモニーに登壇した関は、「おめでとうございます。アニメイトさんとは長年お付き合いさせていただいて、アニメ店長という役柄を演じていることからも、自分の店のように感じているので、我がことのように嬉しく思います。思えば移転前の牛乳パックのようなビルで営業されているころから関わらせていただいて、当時は日本全国に店舗を増やしていって、もっと大きくなっていくんだと社員の皆さんが夢のように語っている時期で、そこからこちらのビルに移転をし、新しい増設部分も増えたということで、着実に夢を実現させているのを見て、関わっているものとして胸の熱くなる思いがあります。これからも切っても切れない間柄でお互いに切磋琢磨して、より世界にアニメのすばらしさを発信いただけると嬉しいなと思います」と祝辞を贈ります。

父がアニメ業界の仕事をしていたことから生粋のアニメファンだという ROLAND も「この度はグランドオープンおめでとうございます。普段は経営者として生活をしておりまして、最近若い社員との付き合い方で苦労していたのですが、そこで参考にしたのが自己啓発本でもなければ、マネージメント教本でもなくて、『ロウきゅーぶ!』でした。アニメは時には教本として時には友人として、時には心の支えとして、時には嫁として存在してくれます。そんなアニメ業界の聖地として君臨するアニメイトさんのイベントに招かれてお祝いできることに非常に嬉しく思います。改めておめでとうございます。地球広しと言えど、世の中には2種類しかないと思っております。それはアニメイトか、アニメイト以外だ」と名言を交えて語ります。

関はこの10年について「アニメだけではなく他の分野に声優さんが進出の機会もいただけて、これもひとえにアニメの人気あってのことで、我々は作品の力を借りながら出演させていただいているので、そういった意味ではアニメのパワーアップや世界進出はひしひしと感じています。こんな声優が大河ドラマにも出られるようになりましたし、スタッフさんの対応も優しくなりました(笑)」と振り返ります。

ROLANDは「仕事の空き時間にアニメを見ているというよりも、アニメを見ている隙間時間で働いています」とアニメへの熱を語った。そんな ROLAND がアニメが好きになったきっかけとして「父がアニソンのバックミュージシャンをしておりまして、山崎エリイちゃんが可愛すぎてアニメにはまりました。アニメイト池袋本店に色紙展示もあったので写真を撮りました」と笑顔。

ぜひ皆さんも、新しい「アニメイト池袋本店」でお買い物を楽しんで!

▲作家さん、声優さんからの色紙がずらり!

https://www.animate.co.jp/ex/ikebukuro2023/

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

アニメ / 未分類の新着記事一覧

PAGE TOP