Otajo -オタ女-

Today is
May 27 2024

記事

世話焼き同級生×甘えた転校生の人気急上昇BL漫画『君となら恋をしてみても』TVドラマ化決定!

世話焼き同級生×甘えた転校生の江ノ島を舞台に描かれる、男子高校生たちのまばゆい恋の物語、『君となら恋をしてみても』がTVドラマ化決定!

2021年より、総合エンタメアプリ「マンガPark」(白泉社)で連載がスタートし、2022年には待望の単行本が発売。現在はコミックス累計10万部を突破し、今年「ちるちるBLアワード2023」の『BEST次にくるBL』では部門6位に選ばれるなど、今人気急上昇中の作品「君となら恋をしてみても」=通称『なら恋』。

本作では、過去に同性が好きであることを嘲笑され、もう真面目に恋なんてしないと思っていた転校生の海堂天(かいどうあまね)と、実家の食堂を手伝う同級生の山菅龍司(やますげりゅうじ)が江ノ島で出会い、少しずつお互いを想い惹かれ合っていく、沫く純粋な恋の物語を描いた作品となっています。

SNSでは『この2人尊すぎる…!』『りゅあまを見守りたい』などの声が上がっており、『”本当のエモい“とはまさにコレ』と、作品の本質である部分に感銘を受け、なら恋の虜になっている読者が続出。作品の舞台である江ノ島に実際に足を運び、聖地巡礼の様子をアップするファンがいるなど人気を博しています!

原作の窪田マル(くぼたまる)先生は 自身のSNSでも積極的に活動しており、描き下ろしイラストなども多く投稿。人気は国内のみに留まらず、韓国版のコミックスも発売されており、今年7月には人気声優・内田雄馬さんと天﨑滉平さんによるボイスドラマ化、8月4日からはポップアップストアが渋谷にて開催されるなど、この夏熱い作品として注目が集まっています。

8月4日(金)にはコミックス4巻の発売を控える注目作「君となら恋をしてみても」がこの度、TVドラマ化決定!

そんな本作を手掛けるのは、若手実力派の監督・松本花奈氏と新進気鋭の若手脚本家・森野マッシュ氏。2人がタッグを組み、創り上げられる「なら恋」が一体どんな風に映像化されていくのかが注目される本作。

龍司と天を演じるキャスト陣やメインビジュアルなど続報に乞うご期待!

そして今回ドラマ化決定に伴い、原作の窪田マル先生よりコメントと描き下ろしのイラストも解禁! また、「なら恋」を手掛ける松本花奈監督と脚本家の森野マッシュ氏からもコメントが到着しました!

原作・窪田マル コメント

いつも「君となら恋をしてみても」をご愛読いただきありがとうございます。
この度、皆様の応援のおかげでテレビドラマ化が決定いたしました!夢のようなことが起こっていていまだに実感の湧かないままコメントを書かせていただいております。

ドラマ化のお話をいただいたときは、大切に育ててきた作品を自分の手から離していいものなのか心底悩みました。しかし、ドラマ制作スタッフの方々との話し合いで「『君となら恋をしてみても』で大切にしていることを教えていただけますか」と聞いてくださったり、作品やキャラクターへの思いを伝えてくださったりするうちに、不安は期待に変わっていきました。熱意を持って考えていただけているのを身に染みて感じています。

私はいつも誰かの人生に影響を与えたいと思いながら漫画を描いています。ドラマ化することで、漫画では届かなかった場所にも「なら恋」を届けられることが嬉しくてたまりません。
何より、実際の江の島で龍司と天が恋をしていく姿を見届けられるのが一視聴者として心から楽しみです!
今までなら恋を私以上に大切にしてくださった読者のみなさま、そしてこれから知ってくださるたくさんの方々、ぜひ一緒に楽しんでいただけたら幸いです!

<窪田マルプロフィール>
10月19日生まれ。漫画家。
2018年頃から本格的にBL漫画の執筆を開始。ゴトウユキコ氏のアシスタントを経て、2021年「君となら恋をしてみても」でデビュー。SNSでも積極的に活動し、現在フォロワー数は3万人。
マンガParkにて「君となら恋をしてみても」連載中。
Twitterアカウント:@k_b_t_r_m_r_

監督・松本花奈 コメント

ドラマ「君となら恋をしてみても」監督を務めさせて頂きます松本花奈と申します。
原作を読み、江ノ島の眩い夏の日差しの下繰り広げられる、龍司と天のピュアでまっすぐな恋愛模様に心打たれました。
実写化するにあたって『海の匂い』だったり、『美味しそうな生しらす丼』だったり、『触れ合った時のドキドキ感』だったり……。映像や音だけでなく、そうした五感全部を感じて楽しんで頂けるような作品にしたいと思っています。
窪田マル先生の創られた世界観に敬意を持ち、素敵な作品になるようスタッフキャスト一丸となって全身全霊で挑みます。

<松本花奈プロフィール>
1998 年 1月24日生まれ、大阪府出身。 慶應義塾大学総合政策学部を卒業。
2015年に史上最年少の16歳でゆうばり国際ファンタスティック映画祭フォアキャスト部門に正式出品。 2021年、映画『明け方の若者たち』を監督。
さらに、映画『今夜、世界からこの恋が消えても』では月川翔と共同脚本を務める。
主な作品として、映画&ドラマ『ホリミヤ』(MBS /TBS)、ドラマ「あのコの夢を見たんです。」(テレビ東京)、マカロニえんぴつ「ハッピーエンドへの期待は」のMVなどを手掛ける。

脚本・森野マッシュ コメント

窪田先生が紡がれた『君となら恋をしてみても』の世界には、水面が光を乱反射するかのような煌めきと、寝苦しい夜のようなままならなさが同じ温度で存在しているように感じます。その両方を取りこぼすことなく脚本に込められるよう、チームのみなさまに助けられながら精一杯書かせていただきました。
大切なものをまっすぐに大切にしようとする龍司と天の眩しさを、ドラマでもご覧いただけたら嬉しいです。君となら、と思える人に出会えることがどれだけ素敵かを教えてくれる、柔らかい優しさに溢れたこの物語がたくさんの人に届きますように!

<森野マッシュプロフィール>
1996 年 9 月24日生まれ、埼玉県出身。
法政大学文学部日本文学科卒。根本昌夫先生の元で小説を学ぶ。
広告代理店勤務を経て、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻脚本領域を修了。
坂元裕二教授の元で脚本を学び、『FIN』にて第47回城戶賞最終選考選出。
『ケの日のケケケ』にて第47回創作テレビドラマ大賞 大賞受賞。

(C)窪田マル/白泉社(マンガPark)
・ドラマ公式サイト:https://narakoi-dorama.com/
・ドラマ公式Instagram:@narakoi_dorama

関連記事:
見どころはキスシーン!「めちゃめちゃしたもんね?」櫻井佑樹×髙松アロハ BLドラマ『4月の東京は…』写真たっぷり撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/114567

楽駆が白洲迅に誕生日サプライズ!「ハグとかしたいんですけど……」に「来月お祝いしようね」『Life 線上の僕ら』ディレクターズカット版は配信と異なるラストに
https://otajo.jp/93397[リンク]

内藤秀一郎×瀬戸利樹 BLドラマ『先輩、断じて恋では!』「キスするときにちょっと口を開けちゃう癖が……」密着撮り下ろし写真満載インタビュー
https://otajo.jp/108598[リンク]

人気BLドラマ化『不幸くんはキスするしかない!』曽田陵介&佐藤友祐 お互いの可愛いところは?イチャイチャ写真満載撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/107386[リンク]

本田響矢×鈴木康介BLドラマ『ジャックフロスト』本日最終回!郁哉派?律派?お互いの可愛いところは? 2人のシンクロポーズに胸キュンな撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/113812[リンク]

“チェリまほ”町田啓太が赤楚衛二に「かわいい」連発!ゆうたろう「本当に付き合ってます?」ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』黒沢デレデレ!?会見レポ
https://otajo.jp/92561[リンク]

「壁になりたい」オタク願望が叶う!? 360度映像&立体音響でひっそり見守るBLドラマ『ブルースカイコンプレックス』配信!ダイジェスト動画公開
https://otajo.jp/113180[リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマ / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP