Otajo -オタ女-

Today is
Jul 13 2024

記事

江ノ島舞台の人気急上昇BL漫画『君となら恋をしてみても』日向亘✕大倉空人で10月ドラマ放送!ビジュアル&場面写真公開

マンガParkにて連載中の人気急上昇BL作品、江ノ島を舞台に描かれる男子高校生たちのまばゆい恋の物語を原作としたドラマ「君となら恋をしてみても」が10月より放送決定し、メインキャストとビジュアル&場面写真が公開。

総合エンタメアプリ「マンガPark」(白泉社)で連載中の窪田マル原作「君となら恋をしてみても」=通称『なら恋』。コミックスは累計10万部を突破し、今年「ちるちるBLアワード2023」の『BEST次にくるBL』では部門6位に選ばれるなど、今人気急上昇中の作品で、人気は国内のみに留まらず、韓国版のコミックスも発売されています。

そして2023年7月にTVドラマ化が発表され、情報解禁後のSNSでは「大好きな作品!ドラマ化楽しみ!」「原作の雰囲気がどんな風に映像化されるんだろう」「2人を演じるのキャストは誰なんだろう」など原作ファンからの期待を寄せる声が多く挙がりました。

そうした注目を集める中、W主演キャストとして、山菅龍司役に日向亘(ひゅうがわたる)さん、海堂天役に大倉空人(おおくらたかと)さんが決定!

さらに、原作/窪田マル先生による主演キャスト二人の描き下ろしイラストも公開! ドラマ放送日は、MBSドラマ特区枠にて10月5日より放送開始されることが決定しました。

山菅龍司役の日向亘さん(19)は、2019年にホリプロが開催した「メンズスターオーディション」にてグランプリに選ばれ、映画・ドラマ「太陽は動かない」(’20)で俳優デビュー。過去出演作にKTV「姉ちゃんの恋人」(’20)や大人気特撮シリーズ、EX「仮面ライダーリバイス」 (’21-’22)では五十嵐大二/カゲロウ役で出演。その後も、TBS日曜劇場にメインキャストとして出演したほか、現在NHKで放送中の「どうする家康」で大河ドラマ初出演。真田信繁役を務めています。

数々の話題作に出演し、10代きっての実力派イケメン俳優として最注目の日向亘さんが本作でドラマ初主演! 日向さんが演じる山菅龍司は、江ノ島で実家の食堂を手伝う世話焼きの高校生。誰にでも優しく、まっすぐな龍司を松本花奈監督とともに創り上げ、持ち前の表現力で演じます。

また、転校生・海堂天を演じるのは、大倉空人さん(21)。2018年にデビューした7人組ダンスボーカルユニット「原因は自分にある。」のメンバーとして活躍中。また、ドラマや映画などでも幅広く活動しており、今年7月に公開された映画「ヒッチハイク」にて初主演を務めました。

過去の出演作として、ドラマABC「ひともんちゃくなら喜んで!」(ʼ23)NTV「ムチャブリ! わたしが社⻑になるなんて」(ʼ22)や、そして現在テレビ東京で放送中のドラマ「沼オトコと沼落ちオンナのmidnight call〜寝不足の原因は自分にある。〜」に出演中で、アーティストとしての活躍のみならず、注目の若手俳優としても期待がかかります。

大倉さんが演じる海堂天は、過去のトラウマを抱えながらも、龍司と出会い過ごしていくうちに次第に心を惹かれ、前を向いていく繊細なキャラクターです。

解禁となったメインビジュアルは、原作コミックス第1巻の表紙を思わせる緑を基調とした爽やかなデザイン。海をバックに2人の手元を写したカットは、作品の展開を視聴者に想像させます。

また、先行解禁された場面写真は、龍司と天の二人の声が今にも聞こえてきそうな、爽やかでまばゆく甘酸っぱさを感じられる学校での1シーンを切り取ったカット。この二人だからこその空気感、描かれるストーリーをさらに期待させる1枚となっています。

過去に同性が好きであることを嘲笑され、もう真面目に恋なんてしないと諦めかけていた転校生の海堂天と、実家の食堂を手伝う世話好きで優しい同級生の山菅龍司が江ノ島で出会い、少しずつお互いを想い、惹かれ合っていく。

【日向亘】×【大倉空人】W主演の二人による、かつてみたことのないほどの純粋で心温まる恋の物語に乞うご期待!

キャスト&原作者コメント

山菅龍司役/日向亘 コメント
君となら恋をしてみても
山菅龍司を演じさせて頂きました。
龍司は世話焼きで誰に対しても気配りができる真っ直ぐな男の子です。今まで弟役を演じることが多かったのですが、今回初めて一番上の兄を演じました。
僕自身、人に甘えられることがあまりないので龍司のような包容力のある人を演じられるか不安ではありましたが、監督と話し合いながら、悩みながら龍司を模索し続けた日々でした。
あまりにもピュアで真っ直ぐな2人が友達から恋人へと。このふたりの関係性の変化にも注目して頂きたいです。
是非ご覧ください!

海堂天役/大倉空人(原因は自分にある。) コメント
海堂天役を演じました、大倉空人です。
漫画原作、そしてW主演ということでもの凄く緊張しています。最初にお話を頂いた時に、僕自身、漫画がとても大好きなので原作にリスペクトを込めて作品に望みたいと思いましたし、漫画原作を愛読している皆様にも、初めてこの作品に触れてくださる皆様にも、ピュアな男子高校生の青春をたくさんの方に届けたいなと思いました。
監督はじめ、スタッフの皆さんと共に一丸となってこの作品を作り上げてきました。
江ノ島のグルメや景色はもちろん!龍司と天の2人が作り上げている尊さを感じて作品を楽しんでいただけると嬉しいです。

原作/窪田マル コメント
「世界のどこかでこんな恋があったらいいな」という願いを込めて描いたこの作品を、映像を通して皆さまと共有できるのがとても嬉しいです。
江の島の賑わい、潮のかおりや波の音。
映像だからこそ伝えられる「君となら恋をしてみても」の良さがたくさんあると思います。
ドラマ化を機に今作品を知ってくださった方、そしていつも応援してくださっている読者の方には、江の島に引っ越してきた天と一緒に、はじめて出会うドキドキをドラマなら恋で感じていただけたら幸いです。私もまたイチから龍司と天の成長を見守っていけるのが楽しみで仕方ありません!

原作 窪田マル「君となら恋をしてみても」(白泉社「マンガPark」連載)
コミックス累計10万部突破!また、「ちるちるBLアワード2023」の『BEST次にくるBL』部門6位に選ばれるなどいまBL作品の中で人気急上昇中の作品。”なら恋”の愛称で親しまれ、SNSでは聖地巡礼をするファンも。2022年には単行本も発売されており、人気声優によるボイスドラマも配信中。
総合エンタメアプリ「マンガPark」(白泉社)連載中。毎週金曜更新。

<窪田マルプロフィール>
10月19日生まれ。漫画家。
2018年頃から本格的にBL漫画の執筆を開始。ゴトウユキコ氏のアシスタントを経て、2021年「君となら恋をしてみても」でデビュー。SNSでも積極的に活動し、現在フォロワー数は3万人。
マンガParkにて「君となら恋をしてみても」連載中。
Xアカウント:@k_b_t_r_m_r_

本作はMBSドラマ特区枠にて10月5日(木)より毎週木曜24:59〜放送スタート。また、TVer/MBS動画イズムにてMBS放送後に配信されます。ドラマの最新情報は作品公式SNS(Instagram・X)をチェック!

関連記事:
楽駆が白洲迅に誕生日サプライズ!「ハグとかしたいんですけど……」に「来月お祝いしようね」『Life 線上の僕ら』ディレクターズカット版は配信と異なるラストに
https://otajo.jp/93397

内藤秀一郎×瀬戸利樹 BLドラマ『先輩、断じて恋では!』「キスするときにちょっと口を開けちゃう癖が……」密着撮り下ろし写真満載インタビュー
https://otajo.jp/108598[リンク]

本田響矢×鈴木康介BLドラマ『ジャックフロスト』本日最終回!郁哉派?律派?お互いの可愛いところは? 2人のシンクロポーズに胸キュンな撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/113812[リンク]

見どころはキスシーン!「めちゃめちゃしたもんね?」櫻井佑樹×髙松アロハ BLドラマ『4月の東京は…』写真たっぷり撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/114567[リンク]

作品概要

タイトル:ドラマ「君となら恋をしてみても」
原作:窪田マル「君となら恋をしてみても」(白泉社「マンガPark」連載)
出演:日向亘 大倉空人(原因は自分にある。) ほか
監督:松本花奈
脚本:森野マッシュ
放送表記:MBSドラマ特区枠にて10月5日放送スタート
MBS(毎日放送)毎週木曜24:59〜 10月5日スタート(初回は5分押し、25時4分放送予定)
テレビ神奈川 毎週木曜23:30〜 10月5日スタート
チバテレビ 毎週金曜23:00〜 10月6日スタート
テレビ埼玉 毎週木曜23:30〜 10月12日スタート
とちぎテレビ 毎週木曜22:30〜 10月12日スタート
群馬テレビ 毎週木曜23:30〜 10月12日スタート
配信:TVer/MBS動画イズムにてMBS放送後に配信スタート
(C)2023 窪田マル・白泉社/ドラマ「君となら恋をしてみても」製作委員会・MBS
■公式サイト:h0ps://narakoi-dorama.com
h0ps://www.mbs.jp/narakoi

■公式X:@narakoi_dorama
■公式Instagram:@narakoi_dorama

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP