Otajo -オタ女-

Today is
Jun 20 2024

記事

本郷奏多“結婚は合理的ではない”は変わらず!? もし海外移住するなら「カジノのある国」本日最終回!ドラマ『姪のメイ』インタビュー

テレビ東京で放送中の木ドラ24「姪のメイ」(毎週木曜深夜24時30分~)より、10月12日の最終回に向け、主演の本郷奏多さんの撮り下ろしインタビューをお届けします!

本作は、姉夫婦を亡くした主人公・小津高一郎が姪っ子・春日部メイを1ヶ月だけ引き取ることになり福島へ仮移住する、というひと夏の出来事を描いたヒューマンコメディー。実際にロケは福島12市町村(※)で行い、前向きに生きる地元の人たち、近年増加する移住者たちの姿を映し出しています。

※福島12市町村…東日本大震災の際、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う避難指示の対象となった田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村を指します。

福島の大自然に加え、都会で育った現代的な思考をもつ32歳独身男子と芸術家肌で達観した12歳の女子……というミスマッチな2人の関係性と成長を楽しめる本ドラマ。

福島県楢葉町に仮住まいを決め、リモートワークをしながらメイとの絆を深めていく合理主義で現代的な青年・小津高一郎を演じる本郷奏多さんに、地方移住に対する考えや、家族や結婚をテーマにお話を伺いました!

海外移住するなら「図々しくない国民性で、カジノがあって、物価がちょい安めの場所」

――本作は小川康弘さん脚本のコメディー作品ですが、心に刺さるセリフもチラホラ入っていて、考えさせられる場面も多いと感じました。印象に残っているセリフはありますか?

本郷:ざっくりですけど、福島という場所に住むことになって、「でも福島って何もないよね」みたいな会話から、メイちゃんが「じゃあ、私達と一緒だね」みたいなことを言って。メイちゃんは両親を急に失って行く場所がなくなってしまった子なので。でも、まっさらな状態になって“ここから前に向かって行くしかないんだから”みたいな、そういう言葉が出るのがメイの強さで、それはすごく覚えています。何もないけれど、これから前に進んでいくってことでしょ?私に似てる、みたいな。

――ご自身は元々移住に興味はありましたか?

本郷:うーん、今の僕のお仕事はやっぱり東京じゃないと出来ないことのほうが多くて。自分の身を使ってやることのほうが多いので、あまり移住に興味はなかったんですけど、作中で少し出てきた移住を決めた人の意見として、“これ別に東京じゃなくても出来るよね。だったらコストも安いし、自然もあって”みたいな。確かに、東京じゃなくても出来る仕事だったら、移住もすごく有りだなと思いました。

――そこは合理的に。

本郷:合理的に、そうですね。東京は物価も家賃も高いですから、自分も身を使わないでいい仕事だったら、選択肢として有りというか、むしろ地方移住しているかもしれないなくらい、有りですね。

――本郷さんが移住するならどこの場所を選びますか?

本郷:国内だったら北海道が良いですね! ゴキブリがいないという噂を聞きまして。(出身地の)仙台も冬は寒いんですけどゴキブリは全然見たことがあるので。ゴキブリがいないのなら北海道に行くしかないですね!

――海外だったら?

本郷:海外だったら、いろんな国に行ったことがあるわけでもないので比べられないんですけど、国民性が図々しくないところがいいですね……。図々しいのは嫌です(笑)。

――中々難しい(笑)! 海外の食べ物の不安はありませんか?

本郷:僕はあまり食べ物に興味がないので。好き嫌いはあるけど、食べられるなら何でもいいや、くらいなので、そこまで気にしないですね。最低限不味くなければいいです。

――辛いものが苦手などは?

本郷:辛いものはちょっと苦手なんですけど、本当に食に興味がないから、お菓子とか売っていればそれでいいですし。だから、図々しくない国民性で、なおかつ、カジノがあったほうが僕は嬉しいですね。そして物価がちょい安め。どこになるんだろうな?

――カジノと言えば、先日海外のポーカー大会に出場して上位に入ったことが話題になっていましたが、どういった経緯で?

本郷:そもそもポーカーという競技が好きなんですよ。麻雀とかカードゲームとか、そういった頭を使って人と戦う競技が好きで、その流れでポーカーが好きだったんです。普通に趣味の1つという感じです。

――今後も出場を考えているのですか?

本郷:はい、まとまった休みがあったら積極的に海外に行って趣味の1つとして真剣に取り組んでいけたらと思います。

――それはYouTubeの撮影などは難しいのでしょうか?

本郷:いや、海外のカジノとかもメディアパスを取ればできるんですけど、ちょっと専門的すぎるかなと思って、現段階では考えていませんでした。

――いつかプレイしている様子も観られたら嬉しいなと思います。

本郷:わかりました(笑)!

――小津は合理主義の独身男ですが、本郷さんご自身と似ている部分はありますか?

本郷:そうですね、僕もだいぶ合理主義で無駄なことは嫌いなので、そういう点は似ているかなと思います。けれど、小津って最初のほうは他人だったり色々な物事に興味がない人間で、でも作中を通してメイの奔放さに触れて変わっていくんですけど、僕は意外とこう見えて割りと良い人なので(笑)。人にも興味がありますし、小津よりまともな人間だと思います(笑)。

――本郷さんから見た小津の「それはどうなの?」と思うところは?

本郷:それ言わなくても良くない?みたいな、ちょっと空気が読めない一言を発したりするところもあって、よくメイちゃんに怒られたりするんです。空気が読めないともまたちょっと違う気がするんですけど、すべてを物事として捉えているから出てしまう、ふとした意図しない冷たい一言みたいなものは多かったりしますね。ちょっと現代的な若者な感じがあると思います。

――本郷さんは“つい出てしまった余計な一言”のような経験はありますか?

本郷:僕は頭が良いので。発言する前にトータルで考えて発言します(笑)。

――小津とメイちゃんがどんどん仲良くなっていきますが、人間関係で距離を縮めたり仲良くする上で大事だと思うことはありますか?

本郷:僕も自信を持って人付き合いが得意と言える人間ではないですけど、相手に対してちゃんとリスペクトを持つというか。例えば、自分より年下だったりしても、ちゃんと相手の良いところをリスペクトして人と接するようにはしています。

――メイ役の大沢一菜(おおさわ かな)さんに引き出された、小津の一面や演技はありましたか?

本郷:小津って元々何事にもあまり興味がなくて斜に構えているところがあるんですけど、メイと仲良くなっていくと、一緒に何かをしたときに、ちゃんと楽しくて笑っている瞬間があって。元々そういう人間じゃなかったけれど、メイと居ると楽しいんだなと。そういうところは実際に僕もメイちゃんと一緒に過ごしていて楽しくて笑っているので、引き出してもらったところかなと思いますね。

――作中で卵焼きの話題が多く出てきますが、本郷さんは卵焼きは甘い派、しょっぱい派、どちらですか?

本郷:うーん、しょっぱい方が好きですかね……。僕は結構料理が得意でよくするんです。でも、卵焼きを1回だけ作ったことがあるんですけどすごく難しくて。その瞬間に卵焼きは食べる専門になりました。巻いていくのが難しくて、IHコンロじゃあまり上手くいかないなって。
撮影では毎回美術スタッフさんが卵焼きを作ってくれていたんですけど、めちゃくちゃ美味しくて! 大沢一菜ちゃんとバクバク食べていましたね!

――今回、福島の良さを改めて感じたことは?

本郷:本当に避難地域だったところがメインのロケ地だったので、本当に人もほとんどいない。だからこそ、すごく自然豊かだったり、メッセージ性はあるかなと思っています。
住めなくなって避難区域解除されて住めるようになりました、でも元々住んでいた人は全員帰ってきたわけではなくて、みたいな。そういった場所に行くことがテーマの作品ではあるんですけど、福島じゃないと撮れないロケーションとリアリティーのあるメッセージ性はあったので、福島ということが1つ大きな柱になっている作品かなと思います。

――被災地や被災されている方との触れ合いにより、小津が変化したり人間として成長していきますが、本郷さんご自身の考え方の変化はありましたか?

本郷:実際に津波が来て被災した場所で、震災のことを忘れないように当時のままの状態で残していこう、という小学校があって。
作中でそこに実際に訪れて歩いてみたら、当時のことなど色々書いてあったりして、本当にそのまま大きなダメージを受けた状態で校舎が残っているのを目の当たりにして、それはすごく心にくるものはありました。

――ポケモンの「ラッキー」をモチーフにした「ラッキー公園」 にも足を運んでいましたが、撮影がお休みの時間もあったのですか?

本郷:まとまったスケジュールで撮影していたので基本的にはお休みはなかったんですけど、半日だけ空いた日があって、そのときにちょっとお出かけしました。

――本郷さんは、ポケモン好きなのでテンションが上りました?

本郷:すごく楽しかったんですけど、なんていうか……YouTube撮らなきゃな、みたいな……(笑)。

――仕事半分みたいな(笑)?

本郷:はい、すごく需要とマッチしていて良かったですね。


・【in 福島】ラッキー公園に行ってきました【本郷奏多の日常】
https://youtu.be/-vHGDK83bDY?feature=shared

「僕は喜んで専業主夫になります」理想の結婚・家族像は?

――ドラマでは移住者として農園を手伝ったりする場面もありましたが、現地に住んだらコミュニティーなどに入りますか?

本郷:入るのが事実上マストみたいな雰囲気だったら、入らざるを得ないので入ります。それで、なるべく良い関係性を築くように頑張りますけど、ちょっとハードルは高いですよね。1人で居るか、仲の良い人とだけ過ごしていたいかな……(笑)。

――でも、人に興味はあるんですものね?

本郷:うーん、好きな人なら。自分の身内ならです。もし、コミュニティーに入らなければいけないなら頑張るけど、なるべく図々しくない人たちだといいですね。

――最近はドラマ『クライムファミリー』でも主演されて、あちらはちょっと特殊な家族でしたが、家族をテーマにした作品にも関わることが増えていますね。憧れる家族像はありますか?

本郷:子供が伸び伸びしている家庭がいいですね。「あれやりなさい、これやりなさい」で育てるのではなく、「お前は何がしたいんだ?」と聞いて「これがしたい」と言われたら、「よし!じゃあ全力で応援してやるよ!」みたいな家庭にしたいです。

――先日ご自身のYouTubeでも、子供が大好きなので結婚はしたい、と仰っていましたが、以前は「結婚は合理的ではない」という発言もされていました。結婚に対する考え方は変わってきましたか?

本郷:もう33歳になるので、周りが続々と結婚していきまして。「まぁ、そうだよな」と思いつつ、どうしたらいいのか悩んでいる状態ですね。

――「結婚は合理的ではない」という考えは変わらずなのですね(笑)?

本郷:はい。少々過激なことを言うと、結婚した途端に、それ以降の稼ぎは二分割されてしまうので。

――でも、お相手も稼いでいるかもしれませんよ?

本郷:そうですよね、たしかに! そんな人と出会えるかなぁ。でも、結婚はいずれしたいです。いずれとか言っているけど、そんなに猶予があるわけではないと思いつつ。

――お子さんのことを考えたり、逆算して考えていくと猶予はそこまでないと仰っていましたね。

本郷:でも別に具体的に、素敵な同水準の収入を稼げる女性が身近に居るわけでもないので……。

――お相手の収入が同水準ではなかった場合は?

本郷:まぁ、今のは冗談で(笑)、人間性が素敵な方がいたらいずれ結婚したいです。でも、逆に言うと、奥さんのほうがお金を稼ぐ能力が高いのだとしたら、僕は喜んで専業主夫になりますね。そっちのほうが家族というユニット単位で見たときに最も合理的な動き方だと思うので。

――今回は姪っ子のお話ですが、本郷さんご自身は姪っ子、甥っ子はいらっしゃいますか?

本郷:兄が1人いるので、甥っ子がいます。まだ2歳になりたてくらいで知能レベルが低いので、あまりコミュニケーションが取れていなくて。だから、これからですね! ちゃんと言語を理解して喋れるようになってから、めちゃめちゃ可愛がらせていただきたいなと思っています。

――では、どんなドラマになっていると思いますか?

本郷:ずっと常に掴みどころのない不思議な空気感はあるのかなと思っていて。メイというキャラクターも掴みどころのない性格だったりするし、奔放で的を射たことを言うんだけど、よくわからないことも言ったりとか。そういうのもひっくるめて、とてもわかりやすくコメディーというわけでもない。“なんか不思議な空気感”を常に楽しめる作品になっているのかなと思います。
やっぱりメイちゃんというキャラクターが周りをすべて動かしているというか、メイが主軸にあると思うので、メイちゃんを楽しむドラマになっていると思います。

――ただ単に笑いだけでなく、心に響くセリフの多い作品になっていると感じました。

本郷:すごく心地良い空気感で毎日撮影して終えることができたので、観たら前向きな気持ちになれる作品になっていると思います。

――最終回楽しみにしています! ありがとうございました!

「姪のメイ」最終回となる第6話は本日10月12日(木曜)深夜24時30分~より放送!
無料配信サービス「ネットもテレ東」(テレビ東京HP)「TVer」にて見逃し配信!
放送終了後から、動画配信サービス「U-NEXT」「Amazon Prime Video」にて順次見放題配信中!

【ヘアメイク】髙橋幸一(Nestation) 【スタイリスト】川地大介
【撮影】曽我美芽

<衣装クレジット>
*オープンカラーシャツ ¥50270 センティフレント
*ニットカーディガン  ¥46200 ルフォン
以上 シアン PR

*パンツ        ¥35200 KIMMY
*チェルシーブーツ   ¥104500 ATTACHMENT
以上 Sakas PR

作品情報

【タイトル】 木ドラ24 「姪のメイ」
【放送日時】 2023年9月7日スタート 毎週木曜深夜24時30分~ 25時
【放送局】テレビ東京 テレビ大阪 テレビ愛知 テレビせとうち テレビ北海道 TVQ九州放送
BSテレ東 BSテレ東4K / 9月12日スタート 毎週火曜深夜24時~24時30分
福島テレビ / 10月7日スタート 毎週土曜夜6時30分~7時
※5話 11月11日 夜6時~6時30分
※6話 11月11日 夜6時30分~7時

※「姪のメイ スピンオフ」 は毎週木曜 深夜1時~ YouTube にて独占配信
▶ : https://www.youtube.com/@tvtokyodrama

【配信】
各話放送終了後から、動画配信サービス「U-NEXT」「Amazon Prime Video」 にて
順次見放題配信
▶U-NEXT:https://t.unext.jp/r/tv-tokyo_pr
▶Amazon Prime Video:https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront/

広告付き無料配信サービス「ネットもテレ東」(テレビ東京 HP・TVer)にて見逃し配信
▶テレビ東京HP:https://video.tv-tokyo.co.jp/
▶TVer:https://tver.jp/

・YouTube テレビ東京公式ドラマチャンネル(第一話のみ期間限定公開)
▶YouTube:https://www.youtube.com/@tvtokyodrama

【主演】 本郷奏多 大沢⼀菜
【出演】 田中美奈子 川田広樹(ガレッジセール) 橋本淳 清水葉月 土居志央梨 岩田奏 ・ 真飛聖 竹原ピストル / 関智一 須藤理彩
【監督】 清水康彦 大内田龍馬
【脚本】 小川康弘
【音楽】 會田茂一
【オープニングテーマ】
SHISHAMO 「わたしの宇宙」 (GOOD CREATORS RECORDS/UNIVERSAL SIGMA)
【エンディングテーマ】 KALMA「夢見るコトダマ」 (ビクターエンタテインメント)
【企画・プロデュース】 青野華生子
【プロデューサー】梅山文郁(テレビ東京) 夏雪(テレビ東京) 
小林有衣子(イースト・ファクトリー) 金川紗希子(イースト・ファクトリー)
【制作】 テレビ東京 イースト・ファクトリー
【製作著作】 「姪のメイ」製作委員会
【制作協力】 福島イノベーション・コースト構想推進機構 ふくしま12市町村移住支援センター
【公式HP】 https://www.tv-tokyo.co.jp/meinomei/
【公式X(Twitter)】 @tx_meinomei  https://twitter.com/tx_meinomei
【ハッシュタグ】 #姪のメイ
(C)「姪のメイ」製作委員会

関連記事:
イマイチ売れてない……芸歴25年の本郷奏多「ブレイクしたい!」と切望!30歳カレンダー会見にて[動画レポ]
https://otajo.jp/94124

やりこみ要素満載の映画!? 実写ムービーゲーム『Death Come True』本郷奏多インタビュー『ダンガンロンパ』に通ずるものは?
https://otajo.jp/89043[リンク]

CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/70538[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP