Otajo -オタ女-

Today is
Sep 21 2018

記事

夏の終わりに観たい傑作ラブストーリー『今夜、ロマンス劇場で』綾瀬はるかの演技力に改めて惚れ惚れ


綾瀬はるかさんと坂口健太郎主演で今年2月に公開された映画『今夜、ロマンス劇場で』。モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年という、出逢うはずのなかった2人が出逢った、ロマンティックなラブストーリーです。劇場公開時「オタクの人こそ観て!」とオススメさせていただきました。

【関連記事】“画面の中”に恋をしたら……?『今夜、ロマンス劇場で』がオタクにこそハマる切なさ
https://otajo.jp/71157

なぜオタクの方にオススメなのかというと、「恋した相手は画面の中」という時点で、アニメ・ゲーム・洋画……などなど、様々な相手に恋しているオタクにとってはなんとも共感できる設定、そもそも坂口さん演じる健司の映画オタっぷりがたまらないのです。

そんな、『今夜、ロマンス劇場で』がついに8月17日からBlu-ray&DVDリリース。レンタル・オンデマンド配信もスタートしています。このソフトリリースに際し、主演のお2人からのコメントも到着。

【綾瀬はるか(美雪 役) コメント】
映画の中に生きる王女美雪と映画監督を目指す青年健司の奇跡のラブストーリーを是非DVDでご覧下さい。

それでは
『今夜、ロマンス劇場で』
お会いしましょう。

【坂口健太郎(健司 役) コメント】
大切に作ったこの作品を更に多くの皆様に見ていただけると思うと、とても嬉しいです。
健司と美雪の切なくも暖かい純粋な愛を、是非感じてください。

坂口さんがおっしゃるとおり、近年稀にみる暖かな純愛に心が洗われること必至。切なくて泣けるのに、観た後はすごく良い気持ちになれます。正直言って派手さは無いですが、じんわり幸せな気分に浸れる良作なのです。

主演の綾瀬さん、坂口さんの演技もとっても魅力的。綾瀬さんは現在放送中のドラマ『義母と娘のブルース』での熱演も話題ですが、「やっぱりすごい女優さんだなあ」と筆者も劇中の健司と同じ様に恋をしてしまいました。

そしてそして、劇中で“ハンサムガイシリーズ”の主演を務める昭和のスター・俊藤龍之介を演じる、北村一輝さんのなりきりっぷりもお見事! 爆笑必至。『昼顔』のセクシーすぎる北村さんで好きになった人も、『猫侍』や『アキハバラ@DEEP』でのコミカルな北村さんを好きになった人も、ぜひ堪能しちゃってください!

【ストーリー】
映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。 そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女には秘密があった……。

(C)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

未分類の新着記事一覧

PAGE TOP