Otajo -オタ女-

Today is
Dec 11 2018

記事

ヨコハマ×シンジュクのバトルソングも披露!『ヒプノシスマイク』3rd LIVE 写真満載レポート


11月17日に『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 3rd [email protected]オダイバ《韻踏闘技大會》』がZepp Diver Cityにて開催! 会場の他に全国116の映画館にてライブビューイングを実施。4ディビジョンとゲストも交え、日本中が熱く盛り上がったライブの様子を、写真満載でお届け!

恒例の山田一郎(CV.木村昴)による注意事項ラップを経て、2ndライブの映像を使用した特別なオープニングVTRで会場の熱が一気に上がり、キャスト11名が登場。ヒプノシスマイクのアンセムソング「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」、「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」と立て続けに投下。

シブヤ・ディビジョンは今回3人揃ったことで、有栖川帝統(CV.野津山幸宏)のパートで3人の「にゃー」ポーズが実現!

Divison All Starsで勢いをつけると、次は各ソロ曲へ突入。この日、会場に来ることができなかった碧棺左馬刻役の浅沼晋太郎さんからビデオメッセージも届き、ヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREWの士気を鼓舞すると、それに応えるように曲中に観客を煽る入間銃兎(CV.駒田航)と毒島メイソン理鶯(CV.神尾晋一郎)。

オールスタンディングのライブのため、2ndライブの際も「みんなもう一歩後ろに下がってくれ」と注意を呼びかけていた銃兎ですが、今回も前に詰めすぎないことや後ろに下がるよう注意を呼びかけるとともに、「特にヨコハマのやつはみんなを守ってやってくれ」とファンの気持ちもまとめていきます。「一歩下がってくれたみんなありがとう」と伝えると、理鶯も「よくできたな」と観客を褒める、紳士なM.T.C!

そして、今回ライブ初参加となる夢野幻太郎(CV.斉藤壮馬)は、本を片手に朗読をするかの如くソロ曲の言葉を紡いでいき、最後はお決まりの「全部嘘なんだけどね」のセリフで本が白紙であることを観客側に広げて見せる場面も。

それぞれの個性が強いシンジュク・ディビジョンは、神宮寺寂雷(CV.速水奨)の神々しさがさらに増し、会場を浄化させるかのようなパフォーマンス、演出に観客も息を飲むような圧倒的な存在感を見せつけます。

また、このプロジェクトを心底楽しみ、参加できることを喜んでいる山田一郎(CV.木村昴)は、「すげえ良い顔してるぜ!みんな見えてるからな!」と笑顔で客席を眺め、「自慢の弟」と上達が著しい山田二郎(CV.石谷春貴)、山田三郎(CV.天﨑滉平)を紹介。さすがの腕前で会場の一体感を生み出していきました。

ゲストで登場したサイプレス上野とロベルト吉野は、「ヒップホップ体操第二」のパフォーマンスを披露。サイプレス上野が作詞を手がけた、左馬刻のソロ曲「G anthem of Y-CITY」のリリックをアカペラで披露し、ファンを沸かせるライブならではのサービスも。

後半では各ディビジョン毎の楽曲をフェスさながらに立て続けで歌唱。それぞれのバトル曲ではリリック同志がぶつかり火花を散らし、オーディエンスからの声援も相まって更にヒートアップ!

また、Final Battleに勝ち進んだMAD TRIGGER CREWと麻天狼による新曲「DEATH RESPECT」もライブでは初披露。両ディビジョン、最後の力を振り絞りステージ上でぶつかり合いました。

ゲストのラッパ我リヤによる「ヤバスギルスキル10」、それぞれのショーケースが終了すると、内閣総理大臣補佐官および警視庁警視総監、行政監察局局長である勘解由小路無花果(CV.たかはし智秋)が登場。

Final Battleの行方が明らかになる「第一回韻踏闘技大会優勝発表會」を12月12日(水)、新宿アルタのKeyStudioにて行うことを発表しました。さらに、その様子がニコニコ生放送と新宿アルタビジョンにて同時生中継されること、プレゼンターとしてZeebraが登場することも決定!

Final Battleに関して、ヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREWからは駒田さんが「出せるものは全て出し尽くしました!最終決戦にふさわしい楽曲になったと思います。戦ってきたディビジョン達へ最大のリスペクトを含めて……我々が絶対勝つ!!!期待して!アルタで会おう」と会場に投げかけ、シンジュク・ディビジョン麻天狼からは速水さんが「我々3人は生まれてきて、ずっと善行を施してきた。ここで初めて、神に頼ってもいいよね? 観音様(観音坂独歩)、伊弉冉様(伊弉冉一二三)とわたくし(神宮寺)の神と、ここは神頼みでも勝ちたいです!宜しくお願いします」と戦いへの意気込みを語りました。

また、初参加となった斉藤さんは「『ヒプマイ』は幻ではなく、たしかに形を持って実在するんだなと思いました」と感想を述べ、「幻は何度でも現れますから。また素敵な幻の夜に会いましょう」と自身のMCネーム・Phantom(ファントム)にかけて期待を煽りました。

ラストに木村さんが「これからの展開にも乞うご期待ください!これからもヒプノシスマイクを宜しくお願いします!」と挨拶するも、そこから再度観客を煽り、最後にサイプレス上野とロベルト吉野、ラッパ我リヤの2組も含めた出演者全員で「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- SP version」を披露!

全23曲の3rdライブは「PEACE!」の掛け声で大盛況の中幕を閉じました。

[撮影:粂井健太]

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 3rd [email protected]オダイバ《韻踏闘技大會》
11月17日(土)@Zepp DiverCity<セットリスト>

M1:ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-/Divison All Stars
M2:ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-/Divison All Stars
M3:What’s My Name?/毒島メイソン理鶯(CV.神尾晋一郎)
M4:ベイサイド・スモーキングブルース/入間銃兎(CV.駒田航)
M5:drops/飴村乱数(CV.白井悠介)
M6:3$EVEN/有栖川帝統(CV.野津山幸宏)
M7:シナリオライアー/夢野幻太郎(CV.斉藤壮馬)
M8:シャンパンゴールド/伊弉冉一二三(CV.木島隆一)
M9:チグリジア/観音坂独歩(CV.伊東健人)
M10:迷宮壁/神宮寺寂雷(CV.速水奨)
M11:俺が一郎/山田一郎(CV.木村昴)
M12:センセンフコク/山田二郎(CV.石谷春貴)
M13:New star/山田三郎(CV.天﨑滉平)
M14:ヒップホップ体操第二/サイプレス上野とロベルト吉野
M15:Yokohama Walker/MAD TRIGGER CREW
M16:Shibuya Marble Texture -PCCS-/Fling Posse
M17:Shinjyuku Style 〜笑わすな〜/麻天狼
M18:IKEBUKURO WEST GAME PARK/Buster Bros!!!
M19:WAR WAR WAR/Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW
M20:BATTLE BATTLE BATTLE/Fling Posse VS麻天狼
M21:DEATH RESPECT/MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼
M22:ヤバスギルスキル10/ラッパ我リヤ
M23:ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- SP version/All Cast

2018年8月26日開催の2nd LIVEレポートはコチラ↓
『ヒプノシスマイク』ライブならではのソロ&バトルソングにファンもヒートアップ!2nd LIVEレポート
https://otajo.jp/73586

1stライブレポはコチラ↓
ギャップずるすぎ!ホストのキャラ設定に「乗り替えディビジョンはやめて」と焦る 『ヒプノシスマイク』1stライブレポ[動画公開中]
https://otajo.jp/70829[リンク]

「ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-」オフィシャルHP
http://hypnosismic.com/[リンク]


試聴動画:ヒプノシスマイク「MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼」より「DEATH RESPECT」/MAD TRIGGER CREW・麻天狼(M1楽曲)
https://youtu.be/XWv_qdvNUrQ[YouTube]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / / 音楽の新着記事一覧

PAGE TOP