Otajo -オタ女-

Today is
Dec 17 2018

記事

ギャップずるすぎ!ホストのキャラ設定に「乗り替えディビジョンはやめて」と焦る 『ヒプノシスマイク』1stライブレポ[動画公開中]


声優史上初となる男性声優12人によるラップソングプロジェクト『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』。第4弾CD、シブヤ・ディビジョンの『Fling Posse-F.P.S.M-』が今週12月27日にリリースされ、これで4チームすべてのCDが出揃いました。

そこで、全4ディビジョンのラップ楽曲試聴トレーラーと“Drama Track1”がYouTube上で公開中! また、11月4日に『AGF2017』で開催された“ヒプノシスマイク1st LIVE at イケブクロ”の映像も公開。その様子のレポートもあわせてお届けします!

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください
https://otajo.jp/70829[リンク]

木村昴の即興ラップも! 初ライブは大盛況

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』とは、声優史上初のラップ音楽原作のCD企画。参加するのは、木村 昴さん、石谷 春貴さん、天﨑 滉平さん、浅沼 晋太郎さん、神尾 晋一郎さん、駒田 航さん、速水 奨さん、木島 隆一さん、伊東 健人さん、白井 悠介さん、斉藤 壮馬さん、野津山 幸宏さんの全12人の男性声優。12人のキャラクターは、1チーム3人の構成で、イケブクロ、ヨコハマ、シンジュク、シブヤと4つのディビジョンに分かれ、CDをリリース。

初イベントとなった“ヒプノシスマイク1st LIVE at イケブクロ”に登場したのは、ホームでもあるイケブクロ・ディビジョンメンバーの木村 昴さん、石谷 春貴さん、天﨑 滉平さんに加え、伝説のチーム【The Dirty Dawg】の元メンバーを演じる、浅沼 晋太郎さん、速水 奨さん、白井 悠介さんの計6名。

会場となったサンシャイン池袋噴水広場では、イベント開始前にキャスト全員参加の作品のアンセムソング「ヒプノシスマイク -Division RapBattle-」が流れると、集まった観客から伊弉冉 一二三(イザナミ ヒフミ)の「シャンパンタワー!」のコールが上がり、すでに大盛り上がり。

ライブが始まると、会場の1階~4階まで満員大盛況! 楽曲に合わせオーディエンスのコールも白熱! 

「時代が来たぜ!」とオープニングから喜びを抑えきれない木村さんは、「僕は小学生くらいからラップが好きでやっていたので、僕としてもキター!!という感じ。時代がやっとヒップホップの時代になってきました」とテンション高く語ります。

「スキルが半端なくて、ちょっと周りが『昴くん、教えて』と先生みたいになっている」と、他のメンバーが木村さんにアドバイスを貰っていることも明かしました。

しかし! 「ヒプノシスマイク -Division RapBattle-」を披露する場面では、木村さんが自分のソロパートをミス。一瞬ヒヤッとしましたが、そこはフリースタイルの即興ラップで乗り越え、むしろさらに熱く盛り上げてみせたのはさすがでした!


動画:Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」AGFライブVer.
https://www.youtube.com/watch?v=jtLrQy86qG8[YouTube]

さらに、イケブクロ・ディビジョン3人のソロ楽曲も披露。歌っている中でも、3兄弟の仲の良さが垣間見えます。


動画:ヒプノシスマイク「Buster Bros!!! Generation」 from AGF2017
https://www.youtube.com/watch?v=YbJ8SZgdgqw[YouTube]

ホストのキャラ設定に乗り替えディビジョンされちゃう!?

この日のステージでキャラクターのカラーの全身ビジュアルが初お披露目。そして、イケブクロ・ディビジョンは4つのチームの中でも唯一の兄弟で構成されているなど、それぞれのチームの大まかキャラクター設定を説明。

速水さんいわく、「チームワークは何もない」というシンジュク・ディビジョン。イベント開始前からホストの一二三パートで観客が盛り上がっていましたが、「ホストのコスチュームを着るとホストになる。ホストじゃない時はものすごく気弱」という衝撃のキャラクター設定が速水さんから明かされ、さらにざわつく観客たち! そのギャップはズルくないですか……!? 

会場の反応に、他メンバーも「ちょっと!みんな移りディビジョンやめてよ」「乗り替えディビジョンだけは……」と少し焦りの表情をみせました。

キャストがソロラップを披露した朗読劇も!

イベント中盤には、イケブクロ・ディビジョンの【BusterBros】を中心とした朗読劇を披露。粋がる弟2人をなだめる、意外と面倒見の良いお兄ちゃん、という山田兄弟の関係図が描かれ、二郎が女性経験がないこともサラッと暴露。

山田一郎と碧棺 左馬刻(アオヒツギ サマトキ)に何か確執があること、宮寺 寂雷(ジングウジジャクライ)のヒプノシスマイクには治癒能力があることも発覚しました! 

白井さんが演じる、メンバーで唯一の可愛いキャラ・飴村 乱数(アメムラ ラムダ)が登場すると、そのテンションに歓声が上がる場面も。

それぞれがソロラップも繰り広げた貴重な朗読劇も映像で公開中!


動画:ヒプノシスマイク1st LIVE at イケブクロ朗読パート-DIGEST-
https://www.youtube.com/watch?v=QWgEMJk9zRw[YouTube]

CD収録のドラマパートも公開中! ホストのキャラ設定他にもあるの!?

それぞれの楽曲の試聴に加え、ドラマパートのTrack1を丸々公開している太っ腹な『ヒプマイ』。

問題のシンジュク・ディビジョンのホスト、一二三のキャラですが、通常はチャラ男、ホストスーツを着たときのホストキャラに加え、女性恐怖症という一面まで……。あと社畜の独歩が優しい。


・ヒプノシスマイク「イケブクロ・ディビジョン Buster Bross!!! Drama Track1」from 「Buster Bros!!! Generation」(第一弾CD)
https://www.youtube.com/watch?v=B9MbHP66c0A[YouTube]


・ヒプノシスマイク「ヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREW Drama Track1」from 「BAYSIDE M.T.C」(第二弾CD)
https://www.youtube.com/watch?v=1DENvC-Rzdo[YouTube]


・ヒプノシスマイク「シンジュク・ディビジョン麻天狼 Drama Track1」from 「麻天狼-音韻臨床-」(第三弾CD)
https://www.youtube.com/watch?v=6hg_ikGzfX0[YouTube]


・ヒプノシスマイク「シブヤ・ディビジョンFling Posse Drama Track1」from 「Fling Posse-F.P.S.M-」(第四弾CD)
https://www.youtube.com/watch?v=RsO_GkPSPtQ[YouTube]

他にも、浅沼さんが「MAD TRIGGER CREWはとにかく危ない奴ら」と語ったように、血の気の多いヨコハマ・ディヴィジョンなど、4ディビジョンのドラマパートを聴くことで、より楽しめるようになるのではないでしょうか! また、ドラマパートでしか聴けないそれぞれのラップがあるのも嬉しい。

すでに次回のイベントとして2018年1月21日にニコ生新番組の公開生放送×CDリリース記念イベントの開催が決まっている『ヒプマイ』ですが、どのチームも魅力的! どこ推しになるか迷いますね!! それぞれの楽曲の試聴も公開されているので、聴き逃していた人、購入を迷っている人は聴いてみては?

2018年8月26日開催の2nd LIVEレポートはコチラ↓
『ヒプノシスマイク』ライブならではのソロ&バトルソングにファンもヒートアップ!2nd LIVEレポート
https://otajo.jp/73586

2018年11月17日開催の3nd LIVEレポートはコチラ↓
ヨコハマ×シンジュクのバトルソングも披露!『ヒプノシスマイク』3rd LIVE 写真満載レポート
https://otajo.jp/74927[リンク]

ヒプノシスマイク:
https://hypnosismic.com/[公式サイト]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

/ 音楽の新着記事一覧

PAGE TOP