Otajo -オタ女-

Today is
Nov 17 2018

記事

『ヒプノシスマイク』ライブならではのソロ&バトルソングにファンもヒートアップ!2nd LIVEレポート


8月26日に品川ステラボールにて『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd [email protected]シナガワ《韻踏闘技大會》』が開催。ファン待望のライブは、関東近郊の映画館11か所でも同時中継でライブビューイングが行われました。熱気に包まれたライブパートや新情報、Battle Seasonの結果まで画像満載でレポートします! ラストにはセットリストも掲載。

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
https://otajo.jp/73586[リンク]

ライブならではのアレンジに会場中がヒートアップ

まずは山田一郎(CV.木村昴)によるラップ注意事項からスタート。一郎のラップによるアナウンスで、満員の会場からは早くも歓声があがります。そしてオープニングVTRが流れると出演キャスト11名が登場し、本作のアンセムソングでもある「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」を披露し、会場の熱気は一気に上昇! 

声優だけのヒップホップライブはどんな雰囲気になるのかと思いましたが、「俺らにみんなの手のひら見せてくれ!」と一郎が煽り、観客もノリノリに! 間髪入れずにプロジェクト始動の象徴である楽曲「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」を歌唱していきます。

そして、一旦全キャストから挨拶があり、今回残念ながら参加できなかった夢野幻太郎(CV.斉藤壮馬)からのコメントVTRを紹介。

オープニングで披露したアンセムソングなどの幻太郎パートは、同じチームメンバーの飴村乱数(CV.白井悠介)と有栖川帝統(CV.野津山幸宏)で歌うという、今回のライブならではのアレンジとなっていました。

そして、ここから各ディビジョンの楽曲とそれぞれのソロ曲、さらにバトルソングを披露。

ソロ曲では、同じチームのメンバーがコーラスを担当するなど、自分が歌っていない曲も盛り上げていきます。

「銃兎の後ろで左馬刻様がコーラスしてる……!」といった、貴重な光景もライブだからこそ!

バトルソングでも、敵対するディビジョンのメンバーとバチバチと火花を散らす場面があり、目の前でリアルなラップバトルが繰り広げられました。

ライブ中盤にはスペシャルゲストとして「WAR WAR WAR」の作詞を担当したEGOと「BATTLE BATTLE BATTLE」を作詞したKEN THE 390が登場。それぞれオリジナル曲を披露し観客を魅了しました。

コミカライズなど新情報を発表

そして、ライブ終盤のMCでは、新情報の発表も。1つめはヒプノシスマイク初となるコミカライズの発表。2018年12月より、月刊少年シリウス、月刊コミックZERO-SUM、少年マガジンエッジの3誌で同時にスタート予定。

月刊少年シリウス2月号(12月26日発売予定)では『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side B.B & M.T.C』、月刊コミックZERO-SUM2月号(12月28日発売予定)では『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side F.P & M』、少年マガジンエッジ1月号(12月17日発売予定)では『ヒプノシスマイク -Before the Battle- The Dirty Dawg』と、それぞれメインのディビジョンが異なる3つのストーリーが同時に進行していくとのこと。

また、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side B.B & M.T.C』と『ヒプノシスマイク -Before the Battle- The Dirty Dawg』はマンガアプリPalcyでも掲載予定。

続いて発表されたのは、健康総合企業タニタとのコラボレーション。

ヒプノシスマイクのキャラクターをデザインしたオリジナル活動量計の発売と、活動量計の歩数で戦うディビジョン対抗歩数バトル『ヒプノシスマイク -Division Walking Battle‐』の開催が決定。

そして最後に発表されたのはサンリオデザインプロデュース「ヒプマイ サンリオリミックス」。これまでのサンリオプロデュースとはひと味違う、クールなロゴデザインとキャラクターデザインがお披露目されました。商品は11月10日(土)、11日(日)に開催される「アニメイトガールズフェスティバル2018」で先行販売予定。

Battle Seasonの結果を発表

新情報の発表が終わると、中王区のVTRがスクリーンに映し出され、VTR終わりに突如2F席に照明が当たりました。

その先には内閣総理大臣補佐官および警視庁警視総監、行政監察局局長である勘解由小路無花果(読み:カデノコウジイチジク)(CV.たかはし智秋)の姿が! そしてここでついに勘解由小路無花果の口から、Battle Seasonの結果が発表されました。

Final Battleに進むのはMAD TRIGGER CREW(ヨコハマ・ディビジョン)と麻天狼(シンジュク・ディビジョン)に決定。客席からは悲鳴にも似た歓声が沸き起こりました。

浅沼さんは、「ここでイケブクロが勝たなくてどうするんだ、と本気で思っていた」と複雑な気持ちを明かし、「これまで、ラップのことをわからない(キャストの)みんなに、イチから一生懸命教えてくれたのは昴」と語り、イケブクロの想いをFinal Battleにかける、と誓いました。Final BattleのCDは11月14日(水)に発売予定。

最後に各ディビジョンを代表しリーダーより一言ずつ挨拶をし、EGOとKEN THE 390が再びステージに登場。出演者全員で「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-SPversion」を披露し、全21曲が披露されたライブは大盛況の中、幕を閉じました。

ヒプノシスマイクは3rd LIVEを11月17日(土)にZepp DiverCity(TOKYO)で開催することが決まっています。

【撮影:粂井健太】


動画:ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd LIVEより「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」
https://youtu.be/vxDSefvTyII[YouTube]

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-2nd [email protected]シナガワ《韻踏闘技大會》
≪セットリスト≫

M1:ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-/Division All Stars
M2:ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-/Division All Stars
M3:センセンフコク/山田二郎(CV.石谷春貴)
M4:New star/山田三郎(CV.天﨑滉平)
M5:俺が一郎/山田一郎(CV.木村昴)
M6:IKEBUKURO WEST GAME PARK/Buster Bros!!!
M7:What’s My Name?/毒島メイソン理鶯(CV.神尾晋一郎)
M8:ベイサイド・スモーキングブルース/入間銃兎(CV.駒田航)
M9:G anthem of Y-CITY/碧棺左馬刻(CV.浅沼晋太郎)
M10:Yokohama Walker/MAD TRIGGER CREW
M11:WAR WAR WAR/Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW
M12:Bounce~PINEAPPLE JUICE/EGO
M13:3$EVEN/有栖川帝統(CV.野津山幸宏)
M14:drops/飴村乱数(CV.白井悠介)
M15:Shibuya Marble Texture –PCCS-/Fling Posse
M16:シャンパンゴールド/伊弉冉一二三(CV.木島隆一)
M17:チグリジア/観音坂独歩(CV.伊東健人)
M18:迷宮壁/神宮寺寂雷(CV.速水奨)
M19:Shinjuku Style ~笑わすな~/麻天狼
M20:BATTLE BATTLE BATTLE/Fling Posse VS麻天狼
M21:Funk U Up/KEN THE 390
M22:ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-SPversion/All Cast

1stライブレポはコチラ↓
ギャップずるすぎ!ホストのキャラ設定に「乗り替えディビジョンはやめて」と焦る 『ヒプノシスマイク』1stライブレポ[動画公開中]
https://otajo.jp/70829


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / / 音楽の新着記事一覧

PAGE TOP