Otajo -オタ女-

Today is
Nov 21 2019

記事

「『トライナイツ』メンバーで修学旅行に行きたい!」前田誠二&森嶋秀太インタビュー


頭脳<タクティクス>と肉体<フィジカル>で戦う2人を中心に、高校ラグビーをテーマに描くオリジナルTVアニメ『トライナイツ』が日本テレビほかにて絶賛放送中。本作は、頭脳を活かして戦略的に戦う「遥馬理久(はるま りく)」と、闘争心が高く野性的な感覚を持つ「狩矢 光(かりや あきら)」の対称的な2人を中心に繰り広げられる高校ラグビー青春群像劇です。

最終回に向け盛り上がりをみせるTVアニメのメインキャストから、今回は蒼嵐高校ラグビー部の1年生、宝立友未(ほうりゅう ともみ)役・前田誠二さんと、翔谷・ピアーズ・ヴァレンタイン(しょうたに・ピアーズ・ヴァレンタイン)役・森嶋秀太さんにインタビュー。

収録現場は「学生時代に戻っているんじゃないかな」と思うくらいの部活感!

――作品を通して感じたラグビーの印象を聞かせてください。

森嶋:最初はラグビーを難しいスポーツだと思っていて。『トライナイツ』に触れて初めてラグビーを細かく理解するようになったのですが、それまではすごく難しいし、ザ・肉体団体戦!というイメージが強かったんです(笑)。『トライナイツ』のコミックを読んだりアニメの収録をしていくうちに、物語にも多く出てくるワード「タクティクス」が重要なんだなと。フィジカルのみではなく、戦略によって大きく上回ることもできるということで、ガタイがすべてではないことを知りました。

前田:ポジションなども他のスポーツとは違って初めて触れる用語もあったので、関わるにあたってすごく調べました。知れば知るほど奥深い。アニメ本編の最後にはラグビーレッスンのコーナーがあるんです。そこでラグビーの用語だったり、プレーの細かいところを少しずつ解説しているので、初心者の人が見ても「なるほど、こういうことだったんだ!」と徐々にわかっていって、その結果、アニメすべてを観終わったあとにはラグビーのルールを理解することが出来て、実際の試合も楽しく観られるんじゃないかなと思います。ラグビーには今まで触れたことがなかったのですが、僕もいつか試合を観に行きたいです。

森嶋:たしかに、生で観てみたいよね。

前田:あの熱気というか、迫力を生で体感したいですね。

森嶋:スクラムってこういうことなんだ!って。

前田:宝立もスクラムを組むポジションなので、生のスクラムを見て「この中に入ったら宝立は生きて帰れるかなぁ?」とか思いながら(笑)。トライを決めた瞬間とか見てみたいですよね!

森嶋:爽快でしょうね!

――2人が演じるキャラクターの魅力や演じる上で意識していることを教えてください。

森嶋:翔谷・ピアーズ・ヴァレンタインは、すごく明るく、のん気なところもあって、いつも楽しいことをしていたいキャラクター。「enjoy&excite!(楽しくやろーぜ!)」が彼のモットーで、ラグビーも基本的には自分やチームが楽しいと感じることが第一だと思うので、ネガティブな部分はほぼないんじゃないかな、と思っています。そんな彼を演じる上で、僕自身も明るく前向きに演じていけたらと心がけています。

前田:宝立は、とても真面目なイメージです。ラグビーを高校から始めたキャラクターで、理久(りく)や光(あきら)など同じチームの仲間たちを尊敬していて、ラグビーに対する熱意や姿勢はとても一生懸命で子犬感があります(笑)。他の1年生メンバーはあまり後輩感がないキャラクターが多いので、宝立は後輩感を出して愛されるキャラになればいいな、と思います。

――演じているキャラクターと似ている部分や正反対な部分は?

森嶋:僕は正反対な部分がだいぶありますね。翔谷のようにチャラくはなくて根っこはネガティブなので、自分の逆のキャラなんだな、と(笑)。嫌なことをされても明るい印象を受けるので、こんな明るい人になれたらいいな、と思います。でも、彼と一緒で何事も楽しみたいという気持ちはすごくあるので、そこは彼と一緒ですね。そこは似ているかな、と思います。

前田:物語序盤の宝立は、「無茶ですよ!」と言ったりする弱気なところがあって、そこは少し似ているかなと思います。でも、そんな宝立が前に進んで成長していく姿を見ていて、僕も頑張ろう!と勇気をもらいました。だから、親近感はあります。

――お互いから見て、それぞれの役柄と似ていると感じる部分はありますか?

森嶋:たしかに、今前田くんが言った通り、一瞬「あ、どうしよう」と引いちゃう部分は似ているな、と思います。

前田:僕も森嶋さんがご自分でも言っていましたけど、あんなにチャラくはないけど、芝居の上でチャラい引き出しがあるんだな、と。あと、翔谷はけっこう空気を読むので、場の空気を盛り上げるという部分では、現場での森嶋さんに通じるところがあるなと思います。

森嶋:そんな風に見ていてくれて、ありがとうございます(笑)!

前田:やっぱりきめ細かいというか、気が回る方なので。

森嶋:そんな、よせよ! ありがとうございます(笑)。

――収録現場の雰囲気はいかがですか?

森嶋:これが男子校なんだなって(笑)。スタジオのブースを開けたら男子更衣室なんじゃないかな、というくらい男子しかいないです。アフレコスタジオには、KENNさんが買ってきてくださった(筋トレ用の)腹筋ローラーが置いてあるんですね。それをKENNさんは収録が始まる前にずっとやっていますね。

前田:収録の合間の時間にも筋トレが始まります。ずっとはしゃいでいるというか、静かな瞬間がないんじゃないか、というくらい楽しい現場です。

森嶋:ちょっと学生時代に戻っているんじゃないかな、と思うくらい。

前田:本当の部活感ありますよね(笑)。

前田さんの「納豆を食べたことがない」に驚き!

――お二人は“ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)”などでも共演されていますが、同級生の役を演じることについての心境は?

前田:宝立は同級生にも丁寧に接する子なので、僕としてはあまり普段の接し方と変わっているイメージはないですね。

森嶋:翔谷も年上、年下関係なく割りとフランクなので、そんなに関係性は変わらないかな。でも、同級生を演じるというのは、だいぶ歳も離れているので新鮮だなと思います。

前田:役柄とあまり関係性が変わらないのは、現場のみんなそんな感じかな、と思います。収録現場の雰囲気そのまま、アニメでチームとして戦っているという気持ちでやっていますね。

――また、お二人は同じ事務所の先輩後輩でもありますが、普段から交流はありますか?

森嶋:そうですね。

前田:僕は超好きですよ! 尊敬してます。

森嶋:あはは、ほんと? 一緒にいることはたくさんあるんですけど、仕事の話を結構しているので、プライベートの話をそこまでまだしたことがなくて。

前田:たしかに、僕は初めての現場も森嶋さんとご一緒させていただいて、そこでいろいろと現場でのことを教わってきたので、そういった仕事の話が中心になりがちですね(笑)。

森嶋:休憩中に食べ物の話はよくします。「納豆を食べたことがない」と言われて驚いたり。前田くんは、食べたことがないものが多いんですよ。

前田:食わず嫌いというか、そこまで偏食じゃないとは思っているんですけど……。食べられないものはなくて、ただ食べる機会があまりなかったんです。

――では、その“食べたことのないもの”を食べる機会を森嶋さんに与えてもらえるといいですね。

森嶋:でも、何を食べたことがないかわからないから、これから聞いていくね。

前田:わかりました(笑)。

森嶋:ちなみに彼は“みかん”が好きです。

前田:この間、地方にお仕事に行かせていただいたときに、コンビニにみかん味のグミが3種類くらいあって、「これはもう食べ比べるしかないじゃん!」と思って買ったんですけど、結果的にどれも美味しくて幸せでした(笑)。

森嶋:よかったね~(笑)。

『トライナイツ』メンバーで旅館に泊まりたい!

――『トライナイツ』ということで、これからトライしたいこと、最近トライしたことを教えてください。

森嶋:僕らが最近トライしているのは(バンドリ!で)楽器ですかね。

前田:そうですね。

――実際にライブで演奏されているんですよね。それまで演奏経験はあったんですか?

森嶋:僕はないです。

前田:僕は学生のときにちょっとだけ触っていたんですけど、ほぼ初心者で。7年ぶりくらいに今回の企画で触ったので、指も動かずなところから始まりました(笑)。

森嶋:それを言ったら僕も小学生の頃に鍵盤ハーモニカを触っていたので、それ以来でしたね(笑)。あと、これからトライしたいことは、ラグビーをやっているので、身体を鍛えていきたいなとは思います。収録現場で筋トレをしているので、その筋トレをプライベートまでさらに継続させていきたい。ジムも通ってはいるんですけど、もっとバキバキになっていこうかな、という気持ちがあります。

前田:僕は本当に出不精なので、少し一人旅とかに行ってみたいなと思うんです。でも、僕は旅館の部屋がすごく好きなので、たぶん一人で行くと旅先で引きこもっちゃうんですよ(笑)。だから、誰かアクティブな人と一緒に旅行に行きたいですね。

森嶋:たぶん俺はダメだよ。なぜなら、俺もそうだから(笑)。俺も旅先で外に出たくないの。

前田:本当に旅館の布団とかすっごい気持ちいいじゃないですか。

森嶋:わかる! あと、旅行してるってことは、その日は休みじゃない? そこ(宿泊先)から出ない贅沢とか考えちゃう。

前田:僕は一番好きなことが寝ることなんですよ。旅館のお土産のおまんじゅうも好きなので、チェックインしたらまずお土産屋さんでおまんじゅうをたくさん買って、旅館の和室でテレビを見てゴロゴロしながらおまんじゅうを食べる、というのを卒業旅行でやったことがあります(笑)。なので、ちょっとアクティブな人と旅行に行きたいです。

――『トライナイツ』のキャストさんだとアクティブな方は誰でしょう?

森嶋:みなさんアクティブそうですけど、おそらく小熊役の高橋英則さんとかアクティブなんじゃないですかね。

前田:いろんなところに詳しそうですね、一緒に行きたいです。『トライナイツ』メンバーで行きたいですよね、修学旅行みたいな感じで。

森嶋:何かにトライする旅行企画みたいな。

前田:いいですね! みんなで旅館に泊まって。

森嶋:それ、旅館から出ないんでしょ(笑)?

前田:カメラが回っていれば外に出ますから(笑)。

――みんなでトライするなら何をしますか?

森嶋:ラグビーは少しハードルが高いかもしれないので……。リレーとか、大縄跳びとか。

前田:身体を動かす系ですね。面白そう。ぜひ、よろしくおねがいします!

――では、終盤にかけての見どころを教えてください!

森嶋:理久のタクティクスが光っていって、光(あきら)のフィジカルも光っていくので、また強い大きな敵と戦うんですけど、チームが乗り越えていく姿が熱いですね。注目してもいなかった高校が実は強かったり……。

前田:ダークフォース! あれは醍醐味ですよね!

森嶋:なんだよ、このチーム……と思っていたら、やべえぜ!みたいな。今後にかけていろいろな展開が起きると思うので、お見逃しなく!

前田:試合シーンはもちろんなんですが、キャラクターたちの関係性も注目できるところかなと思います。いろいろな問題を抱えているキャラクターも多いので、試合や日常を通して、お互いが影響しあって前に進んでいく人間ドラマも見どころのひとつだと思うので、『トライナイツ』という作品、そしてラグビーに興味を持っていただけたらと思います。

――ありがとうございました!

KENNさんと阪本奨悟さんの撮り下ろしインタビューはコチラ↓
KENNが阪本奨悟の“芝居力”を絶賛!2人のトライしたいことも TVアニメ『トライナイツ』インタビュー
https://otajo.jp/80064

TVアニメ『トライナイツ』日本テレビ毎週火曜25:29~他にて放送中。
<アニメ公式サイト>
https://www.ntv.co.jp/tryknights/[リンク]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP