Otajo -オタ女-

Today is
Aug 09 2020

記事

殺人熊・赤カブトとの死闘へ!舞台『銀牙 -流れ星 銀-』完結編となる“牙城決戦編”上演決定 佐奈宏紀が主演続投


高橋よしひろ先生の人気漫画『銀牙 -流れ星 銀-』を舞台化し、2019年7月、東京・兵庫で上演した舞台「銀牙 –流れ星 銀-」~絆編~の続編が決定!

初演の舞台「銀牙 –流れ星 銀-」~絆編~は、1983~87年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された高橋よしひろ先生の不朽の名作漫画を原作とし、主人公の秋田犬 銀(ぎん)をはじめ、様々な犬を人間が演じ、熊と戦う犬たちの愛、勇気、友情、正義、諦めない心などがストレートに描かれた原作のストーリーはもちろん、インパクトのある歌とダンス、舞台上を駆けまわる出演者たちの圧倒的な運動量など、疾走感あふれる演出で大きな話題となりました。

舞台化決定の発表時に、脚本・演出を担当する丸尾丸一郎氏が「僕だって戸惑っています」と最初にコメントしていましたが、「『銀牙』には演劇に通じる熱さがある、普遍的な仲間との絆がある。面白くならない訳がありません」と断言したように、素晴らしいキャストと演出で最高の演劇エンターテイメント作品に仕上がっていました。

そして2020年10月に物語の完結編となる舞台「銀牙 –流れ星 銀-」~牙城決戦編~の上演が決定! 日本全土から打倒赤カブトを目指す犬たちが集結し、ついに凶暴な殺人熊・赤カブトとの死闘に挑みます。主人公・銀を演じるのは絆編と同じく佐奈宏紀さんです。

脚本・演出は引き続き丸尾丸一郎氏が担当。再び、犬たちの熱い闘いがステージで繰り広げられます。

初演公演の動画レポートはコチラ↓
[動画]リアルな犬の動きとダンス・音楽が融合!舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~絆編~ 9月21日に8K画質上映決定
https://otajo.jp/79965

「銀牙 -流れ星 銀-」とは
1983~87年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された高橋よしひろ先生の不朽の名作漫画。
第32回小学館漫画賞を受賞するなど高く評価されており、コミックス・文庫版は国内累計発行部数1,000万部を超えている。
1986年4~9月にはアニメ化され、日本のみならず海外でも放送またはビデオ発売されており、特にフィンランドなど北欧で高い人気を誇っている。
また、「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)で連載された続編『銀牙伝説 WEED』の単行本(全 60 巻)は発行部数2,000万部を超え、『銀牙伝説 WEED オリオン』(全30巻)、『銀牙~THE LAST WARS~』(全22巻)とシリーズ化されている。
2019年5月より最新作『銀牙伝説ノア』の連載がはじまり、現在でも根強い人気を集めている。

公演概要

舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~牙城決戦編~
【公演期間・劇場】 2020 年 10 月 22 日(木)~11 月 1 日(日) 天王洲 銀河劇場
【原 作】 高橋よしひろ「銀牙 -流れ星 銀-」(集英社文庫コミック版)
【脚 本 ・ 演 出】 丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)
【振 付】 辻本知彦 ※辻本知彦の「辻」の字は 1 点しんにょうが正式表記です。
【キ ャ ス ト】 佐奈宏紀 ほか
【公 式 サ イ ト】 https://www.ginga-stage.com/[リンク]
【公 式 T w i t t er】 @stage_ginga (https://twitter.com/stage_ginga)
(C)高橋よしひろ/集英社・舞台「銀牙 -流れ星 銀-」


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP