Otajo -オタ女-

Today is
Jul 25 2021

記事

「あっまい!」「いいぞもっとやれ」 猫しか興味がない美術部男子にギャルが猛アタックをかけるマンガが前途多難感

『ギャルだくみ!』(『週刊少年サンデーS』掲載)や『終末、ギャルと旅ってみた。』(『月刊!スピリッツ』掲載)などの白石浩平さん(@shirox_em)がTwitterで『誘惑するギャルとちょっと変な美術部男子の話』の第0話として「ポーズ」を発表。高校2年生で美術部の秋吉努に同じ部のギャル・夏川飴乃がアタックをかける……というストーリーに、続編への期待感が高まっています。

ボディタッチや露出の多い服、隣に座っただけで「この子、俺のことが好きなのか…!?」と思ってしまうなど、男はバカな生き物……と、普通は考えがち。

「ゴーギャン、こっち向いて~。よ~し…」とネコのデッサンをしている秋吉。そこに強い風が吹き、「風が僕とゴーギャンの至福の時間を脅かしてくる…!」とご機嫌ななめ気味に。そんなところに「あーれー?」と声がかかり……。

「またこんなトコで絵描いてんの?」と隣に座ったいかにもなギャル。「夏川さん…」「アメノでいいって~!」「……」といきなり距離感近く接してきます。「え、てかコレ超ウマくない!?」とデッサンを見るアメノに、「夏川さんは描かないんですか?」と聞くと「エー? まだよくわかんないんだよね~」といい、さらに「あ! アタシのことも描いてよ!」と突然の提案に「え…、え~~…」と困惑します。

耳に口を寄せて「どんなポーズもするよ…」と言われて「!?」となった秋吉。「え、めっちゃ動揺するじゃん。オモロw」と笑われてしまいます。「だ…だいたい僕、基本猫しか描かないし…」との答えに、「え~」と口を尖らせたアメノは「じゃあ…」と言って……。

「これで、ど?」と猫のポーズを取ったアメノ。「ニャーとか言ってw」と笑い、無防備な胸元に秋吉は動揺。地味男子へのギャルのからみは、普通なら勘違いして振り回されるところなのですが……。

「ゴーギャンを威嚇して追い払う気だ--!!」とネガティブに考えて猫を抱きかかえて睨む秋吉。「僕は知ってる…ギャルは安寧を奪う民族…」と、中学時代にギャルのパシリだったことを思い出しています。そこに、また強い風が吹いてきて「!」となり、アメノの襟首を掴んで……。

「ボタン閉めないと、風邪引きますよ…」という秋吉。「あ、ゴーギャン!」と猫を追いかけていくのをよそに、アメノは「な…、なんでアタシがテレてんだ…!?」と超赤面。実は昨日に猫のポーズを練習してアタックを企んでいたのでした。

猛アピールをするギャルが、超悲観的男子に振り回されるこのマンガについて、「ギャルが恋に奮闘する話を描きたかったのですが、反対の目線から考えた時にネガティブな自分が出てきたことが大きな一つのきっかけです」と語る白石さん。「あっまい!」「いいぞもっとやれ」という反応が寄せられていたことについて、「思ったより多くの方が続きを楽しみにしてくださっているようで、とにかくギャルの良さを共有できたことに歓喜してます」と話してくれました。

「これからもギャルを描いていくと思うので、観て頂けると大変嬉しいです!」という白石さんによると、「続きは基本金曜日に載せようと思います」とのことなので、続きが気になるという人はTwitterでチェックしておきたいところです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/shirox_em [リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP