Otajo -オタ女-

Today is
Jun 13 2021

記事

嵐5×20シューティング・ライブ映画化!堤幸彦監督「間違いなく自分が撮った中では最高峰。嵐と同じ時間を生きていることを体感して欲しい」

嵐20周年のツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の1日限りの特別公演「シューティング・ライブ」が、嵐を知り尽くしたスタッフにより初のライブ・フィルムとして完成!

2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡り、計50公演、1ツアーとして、日本史上最大の累計237万5千人の動員を記録した、嵐20周年のツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。このツアー中、あるBIG PROJECTが着々と進行していました。それは「映画を撮影するため」に1日限りで開催するという、過去に例を見ない「シューティング・ライブ」!

2019年12月23日、東京ドームで壮大な撮影を敢行。『ピカ☆ンチ』(02)で嵐初主演映画を監督した堤幸彦さんを始め、これまで嵐に関わり、彼らを知り尽くした映画とライブのスタッフが集結し、嵐が5人だから見られた景色、観客が5人と一緒に見た景色を100台以上のカメラで余すことなく記録。

東京ドームの圧倒的な一体感と臨場感をそのままに、2000年から2020年までのコンサートで累計約8200万人を動員したジャニーズ事務所<初>のライブ映画として、日本No.1動員を誇る嵐の名曲とパフォーマンスを体感できる全篇ライブ・フィルムが誕生しました!

<堤幸彦監督コメント>
現在2019年12月23日16時30分。リハーサルを終えたところです。
たくさんライブ映像を撮ってきましたが、間違いなく自分が撮った中では最高峰になるでしょう。
お客様が入ったらシューティングライブの準備が全て完了です。
手のひらから飛び立つドローンに5人が映し出されるところから始まって、彼らの手に戻っていく。
素敵な入り口と出口になるのかなと思っています。
回る地球と東京ドーム、嵐と同じ時間を生きていることを体感して欲しい。

開催後、どのような形で映像化されるのか、ファンもずっとそわそわと情報を待ち望んでいた「シューティング・ライブ」。まさか映画として体感することができるなんて……!

新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、昨年予定されていた北京でのライブはやむなく中止となりましたが、この度、同国で開催される第24回上海国際映画祭(2021/6/11~6/20)のGala部門とDolby Vision部門への正式出品が決定。両部門同時出品は史上初となり、ワールドプレミアとして最高の上映環境となるドルビーシネマでも上映されます。尚、日本公開は現時点では未定となっています。

<作品概要>
5人だから見られる景色、5人と一緒に見る景色―――
あの日あの時の記憶を記録した嵐のLIVE FILMがいよいよ世界へ
◆映画タイトル:『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』
◆出演:嵐
◆監督:堤幸彦
◆撮影日:2019年12月23日 東京ドーム
◆公開表記:日本公開未定
◆配給:松竹
◆海外セールス:ギャガ
(C)2021 J Storm Inc.

関連記事:
大野智「ファンのみなさん、今日まで守ってくれて本当にありがとう」嵐メンバー“気配り・気遣い”の「人間力・人間性」に休止前ラストライブで感謝の言葉
https://otajo.jp/95827

松本潤「僕にとっても嵐は夢でした。いつか、この夢の続きをできたら」「僕らの音楽をこれからも愛してやって」休止前ラストライブ涙ながらに挨拶
https://otajo.jp/95838[リンク]

嵐コンサートの裏側にドリカム中村正人も絶賛&感嘆「ツアーで周るのは世界で最高峰。原資も本人が作っているのがすごい」
https://otajo.jp/90989[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマ / 音楽の新着記事一覧

PAGE TOP