Otajo -オタ女-

Today is
Aug 22 2017

記事

カグツチでのバトルがテレビに!格闘ゲーム『BLAZBLUE』が2013年秋アニメに参戦

Pocket
LINEで送る

2008年11月にゲームセンターに登場して以来、美麗なグラフィックと多彩なキャラクターがゲームファンに留まらないファンを獲得している『BLAZBLUE』シリーズ(アークシステムワークス)。家庭用ゲーム機でも累計40万本を突破しているほか、ラグナ=ザ=ブラッドエッジ役の杉田智和、ノエル=ヴァーミリオン役の近藤佳奈子、ツバキ=ヤヨイ役の今井麻美が出演するニコニコ動画のWebラジオ『ぶるらじ』でキャラクターと中の人の性格を存分に発揮したコーナーも高いのはよく知られているところ。
その『BLAZBLUE』が、『BLAZBLUE Alter Memory』(ブレイブルー オルター メモリー)として2013年秋アニメ化されることが発表し、2013年5月19日に公式サイトがオープンしています。

物語はラグナがSS級の統制機構反逆者にして史上最高額の賞金首として第十三階層都市カグツチに出現したという情報が流れ、高額な賞金やラグナが保有する魔導書を狙う者が集結していく、というもの。
メインキャストには杉田や近藤、今井をはじめゲームの声優陣が引き続き担当。監督には『H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~』『ドラゴンクライシス!』の橘秀樹さん、シリーズ構成・脚本には『極上!!めちゃモテ委員長』や『プリティーリズム・オーロラドリーム』の赤尾でこさんの名前があるのも注目ポイントでしょう。

ストーリーや放映局・チャンネルなどの発表はこれからですが、『ぶるらじ』でもアニメ化が様々な形で話題になるのは間違いないところ。今後の展開に期待です。

『BLAZBLUE Alter Memory』
■メインスタッフ(敬称略)
原作:ARC SYSTEM WORKS
監修:森 利道
監督:橘 秀樹
監督協力:水島 精二
シリーズ構成:赤尾 でこ
脚本:赤尾 でこ、高橋 龍也
キャラクターデザイン・総作画監督:下谷 智之
美術監督:池田 繁美(アトリエムサ)
色彩設計:のぼり はるこ(緋和)
撮影監督:林 コージロー(グラフィニカ)
編集:吉武 将人(グラフィニカ)
音響監督:土屋 雅紀
音響制作:スタジオマウス
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:teamKG、フッズ エンタテインメント
製作:BLAZBLUE Alter Memory製作委員会
■メインキャスト(敬称略)
ラグナ=ザ=ブラッドエッジ CV:杉田 智和
ノエル=ヴァーミリオン  CV:近藤 佳奈子
ジン=キサラギ     CV:柿原 徹也
レイチェル=アルカード  CV:植田 佳奈
ハザマ          CV:中村 悠一
タオカカ         CV:斎藤 千和
ライチ=フェイ=リン    CV:たかはし 智秋
アイアン=テイガー    CV:乃村 健次
ツバキ=ヤヨイ       CV:今井 麻美
ココノエ          CV:松浦 チエ
マコト=ナナヤ       CV:磯村 知美

(C) ARC SYSTEM WORKS /BLAZBLUE AM 製作委員会

『BLAZBLUE Alter Memory』公式サイト
http://www.blazblue-am.jp/

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニメ / ゲームの新着記事一覧

PAGE TOP