Otajo -オタ女-

Today is
Jun 27 2016

記事

“けもみみイケメン”が力を合わせ歌って踊るアイドルに! 舞台『擬人カレシ』レポート

Pocket
LINEで送る


イヌやネコ、ウサギなどの動物を擬人化した彼氏を育てる、モバイル乙女ゲーム『擬人カレシ』が舞台に! オリジナルストーリー『擬人カレシ~けもみみ大作戦!?~』となって、女性向け参加型エンターテイメント演劇“オトメステージ”の第2弾として公演。新宿村LIVEにて12月10日~14日の期間、全10公演で上演されています。

ゲームの中のけもみみ(獣耳)イケメン彼氏が2.5次元化されて現実世界に!? その舞台の様子を写真満載でレポート! ステージはteam琥珀とteam翡翠が演じる公演があり、それぞれキャストが異なります。今回はteam琥珀の公演を取材。しかも特別に“けもみみ化”していない貴重な稽古風景もあわせてお届け。

※すべての画像入りの記事は http://otajo.jp/44419[リンク]でご覧いただけます

本番前日の稽古風景

本番前日の舞台稽古にお邪魔すると、けもみみを付けない状態ながらも迫真の演技を繰り広げるキャストたち。カッコイイ若手俳優さんたちの熱演が伝わります。けもみみ化すると、雰囲気がどう変わるのかワクワク。







7人のけもみみイケメンが舞台を彩る

今回のオリジナルストーリーは、擬人化に必要な“擬人エネルギー”が奪われ、取り返さなければ、擬人カレシたちが元の動物に戻ってしまう! というもの。笑いあり、シリアス展開ありの濃いストーリーとなっています。





ステージにはネコ・ イヌ・ウサギ・キツネ・オオカミ・リス・ヒョウの7人の擬人カレシが登場。擬人エネルギーを取り戻すため、危険な場面をかいくぐり、あるアイドルイベントのステージへ立つためにストーリーは進みます。




ステージを駆けまわり、踊り、そして歌う、けもみみイケメンたち! けもみみアイドル要素まであって本当に盛りだくさん。

さらに、普通の舞台とは違う“オトメステージ”ならではの最大のポイントは、観客の選択肢によってストーリーや演出が変化するというところ。公演の途中で選択肢がいくつか登場し、キャストが着る衣装、その先の展開などを選ぶことができるという面白いシステム。


観客は持っているペンライトを振り、一番人気だった選択肢が選ばれ進んでいきます。1度や2度ではないので、ただぼーっと観ている場合ではありません。どれにしようか迷いながら観る感覚は、まるで乙女ゲームをプレイしているよう。

そのときの観客によって選ばれるその公演回だけのステージ。違うパターンも見てみたいな、と何度も足を運びたくなります。また、原作のゲームはキャラクターの衣装を自分好みに着せ替えて遊べるのですが、この舞台でも、何パターンもの衣装チェンジがあるのが楽しい。


7人の擬人カレシから1人を選ぶという酷な選択を迫られる場面も! ラストには、選ばれた擬人カレシの胸キュン台詞が聞けるので誰を選ぶかとっても重要。

けもみみ化していない時も素敵でしたが、けもみみの擬人カレシたちもとっても魅力的。戸惑い困惑する姿や仲間と協力する姿、歌やダンスでキラキラと輝く姿、さまざまな表情のけもみみイケメンを楽しむことができました。これからの『擬人カレシ』、そして“オトメステージ”の展開に注目です。

オトメステージVol.2『擬人カレシ~けもみみ大作戦!?~』
http://otome-stage.com/gijin/

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

non 記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カルの新着記事一覧

PAGE TOP