Otajo -オタ女-

Today is
May 26 2022

記事

「進撃の巨人」のWIT STUDIOが描く縦横無尽なパルクールアクション!映画『バブル』メイキング映像解禁

日本が世界に誇るトップクラスのクリエイターが集結したアニメ映画『バブル』(2022年5月13日公開)より、躍動感溢れるグラビティ・アクションの誕生秘話がわかるスペシャル映像が解禁!

映画『バブル』は、世界に降り注いだ泡<バブル>によって、重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う、グラビティ・アクション・ラブストーリー。

監督はアニメ「進撃の巨人」のアクション映像で瞬く間にその名を轟かせた荒木哲郎氏が川村元気プロデューサーとタッグを組み、脚本・虚淵玄氏、キャラクターデザイン原案・小畑健氏、音楽・澤野弘之氏、といった超豪華スタッフとともに作り上げた渾身の1作。

アニメファンから絶大な信頼を得るWIT STUDIOが制作を担い、透明感あふれる至極の美麗映像と、本スタジオの真骨頂ともいうべき縦横無尽なカメラワークで描破する怒涛のハイスピードバトルが炸裂する、超大型オリジナルアニメ『バブル』は、5月13日(金)に全国公開、NETFLIX版として4月28日(木)に全世界配信されます。

心が通じ合う〈恋愛感情が生まれるアクション〉はどう誕生した!?

“Making of バブル”スペシャル映像&極上の色彩で描かれるカラースクリプト資料が解禁!!

日本が世界に誇るクリエイターが集結し、誰も感じたことがない“映像体験”をという想いで制作された本作は、縦横無尽なカメラワークで躍動感溢れるグラビティ・アクションが展開され、「にんぎょ姫」の物語をモチーフに作られたエモーショナルなドラマで描かれる映画『バブル』。

本作の誕生秘話をスタッフ・キャストのインタビュー、メイキング映像を交えて紐解く、〈“Making of バブル”〉が劇場公開に向けて、5週連続で解禁となります。

第二弾として、本作のメガホンをとった荒木哲郎監督と『君の名は。』(16)や『天気の子』(19)、『竜とそばかすの姫』(21)といった作品を手掛け、本作の企画・プロデューサーを務める川村元気氏による対談映像に加え、主人公・ヒビキの声を演じた志尊淳さんの本邦初披露となるアフレコシーンを収めた【アクション編】が解禁となり、合わせて極上の色彩で荒廃した東京の街並みをバックに、ヒビキとウタの姿を描いた、カラースクリプト資料の一部が解禁となりました!

“重力が壊れた東京を舞台に駆け回るパルクールアクション”は荒木監督とWITSTUDIOがこれまで積み重ねてきた〈アクションの魅せ方〉の集大成と呼べる仕上がり。

川村氏は数あるアクションシーンの中でも、主人公のヒビキとヒロインのウタが見せるパルクールアクションについて、〈アクションの中で恋愛感情が生まれる表現〉が非常にユニークだと感じたよう。「アクションの中で恋愛感情が生まれる。体が躍動していく中で、“2人の気持ちが通じ合っていく“という表現ができる監督は、荒木監督以外いないだろうなと思いました」と手腕を絶賛。

荒木監督は「パルクールは『進撃の巨人』などでも、普段から参考にしていたので、もう一段”本格的“に踏み込んで参考にしようと思いました」と振り返り、プロのパルクールアーティストであるZEN氏に協力を仰いだと語っています。

そんな、本作のアクションシーン制作参加した、国内外で活躍するパルクールアーティストのZEN氏は「ウタは動物のような自然とその動きが必要だからやっているのに対して、ヒビキはものすごく努力して動きを突き詰めてコントロールしてる。そういうベクトルが違うところがすごく上手に表現されていたと思います」と完成された映像を観て絶賛のコメントを残しており、人物によって動きを変えながら、身体の動きなどリアリティにこだわったZEN氏のパルクールと荒木監督の圧倒的画力で、東京の街を疾走する少年たちが描かれています。

さらに、主人公・ヒビキを演じる志尊淳さんもパルクールのシーンで様々な工夫が。荒木監督は「志尊さんは“体を動かしたほうがよりリアルなお芝居が引き出せる”といって、跪いてみたり、マイクを下に置いてみたりといった、普段のアニメアフレコではやらないような、身体で芝居できるような環境を作ってくれました」と志尊さんのヒビキを演じることへの熱い想いをアフレコ現場で感じたと語っています。

一方で、本作のヒロインのウタにりりあ。を抜擢した理由について、川村氏は「ウタは “人間らしさを取得していく”キャラクターなので、映画を通じてお芝居というものを習得していくドキュメンタリズムを持ち込めないかと思っていました」とりりあ。さんとウタのキャラクターが川村氏と荒木監督の中で合致し、オファーに至ったと語りました。

最後に川村氏は「“日本のアニメーション監督を世界に紹介していきたい“というものが自分の中にあって、映画で世界とコミュニケーションをどうやってとろうかと思った際に、荒木哲郎監督の才能を世界に広めたいという気持ちがあった」と本作にかける思いを吐露。

そして荒木監督は「今までになかった感触として”甘やかな寂しさや心がヒーリングされる”ような感触で映画館を出ていただけたらなと思っていて、“自分からこういう作品が生まれるときが来るんだな“と思っています」と完成された作品への自信を口にしました。

豪華声優陣とクリエイター陣による、“本気”と”情熱”が詰まった本作。アニメーションの可能性を広げる圧巻の映像を是非劇場で体感してください!


動画:「進撃の巨人」スタッフが生み出す縦横無尽なパルクールアクション!映画『バブル』Making of バブル〈アクション編〉
https://youtu.be/348gmg5ZXD8[YouTube]

声優陣には、主人公・ヒビキ役に志尊淳さん、バブルを調査する科学者・マコト役に広瀬アリスさん。

また、荒木監督作品で重要なキャラクターを担当してきた宮野真守さん、梶裕貴さん、畠中祐さん、千本木彩花さん、井上麻里奈さん、三木眞一郎さんら、人気実力派声優たちも出演。

そして、本作の物語の重要なカギを握るヒロイン・ウタに命を吹き込むのは、Z世代から圧倒的な支持を集めるシンガーソングライターのりりあ。さん! さらに、アーティストとして本作のエンディングテーマ(主題歌)「じゃあね、またね。」も書き下ろしており、異例とも言える大抜擢で、声と歌で本作の世界観を華やかに彩っています。

また、本作のオープニングテーマ(主題歌)には破竹の勢いで音楽業界を席巻し続けるアーティスト Eve(イブ)による新たな書き下ろし楽曲「Bubble feat.Uta」に決定! 超豪華スタッフ×超豪華キャストによって生み出され、そして第72回ベルリン国際映画祭にも正式出品された本作に大きな注目が集まります。

※カラースクリプト資料 東みずたまり(ゴキンジョ)

関連記事:
小畑健原案キャラ一挙解禁!WIT STUDIO×虚淵玄×澤野弘之 アニメ映画『バブル』追加キャストに三木眞一郎
https://otajo.jp/105562

作品情報

【STORY】
重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う――。

世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。ライフラインが断たれた東京は家族を失った一部の若者たちの住処となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救う。
驚異的な身体能力を持つウタは、ヒビキと彼のチームメンバーたちと共に暮らすことになる。
そこには、メンバーたちの面倒を見ながら降泡現象を観測し続ける科学者マコトの姿もあった。
賑やかな仲間たちと、たわいのない会話で笑い合う日常生活に溶け込んでいくウタ。
なぜか二人だけに聴こえるハミングをきっかけに、ヒビキとウタは心を通わせていく。
しかし、ヒビキがウタに触れようとするとウタは悲しげな表情を浮かべて離れてしまうのだった…。
ある日、東京で再び降泡現象がはじまった。降り注ぐ未知の泡、ふたたび沈没の危機に陥る東京。
泡が奏でるハミングを聴きとったウタは、突然ヒビキの前から姿を消してしまう…!
なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか、二人は世界を崩壊から救うことができるのか。
二人の運命は、世界を変える驚愕の真実へとつながる――。

作品タイトル:『バブル』
監督:荒木哲郎 脚本:虚淵玄[ニトロプラス] キャラクターデザイン原案:小畑健 音楽:澤野弘之
企画・プロデュース:川村元気 制作スタジオ:WIT STUDIO 配給:ワーナー・ブラザース映画

声の出演:志尊淳 りりあ。
宮野真守 梶裕貴 畠中祐 千本木彩花 逢坂良太 井上麻里奈 三木眞一郎 / 広瀬アリス
オープニングテーマ:「Bubble feat. Uta」Eve(TOY’S FACTORY)
エンディングテーマ:「じゃあね、またね。」りりあ。(VIA / TOY’S FACTORY)
公開日:<劇場版>5月13日(金)全国公開 <NETFLIX 版>4月28日(木)全世界配信
公式 HP:bubble-movie.jp
オフィシャル Twitter:@bubblemovie_jp ハッシュタグ#映画バブル
オフィシャル TikTok:@bubblemovie_jp
(C)2022「バブル」製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP