Otajo -オタ女-

Today is
Jul 03 2022

記事

「いい作戦」「ステキな展開だ」 元ヤンキー女子と乙女男子がカラオケで二人きりになるマンガがキュートすぎ

『田所さん』(キルタイムコミュニケーション)『LDZ3』(少年マガジンエッジコミックス)のTATSUBONさん(@TATSUBONi)がTwitterで更新しているマンガ『かわいいひと』。元ヤンキーの剣崎さんが、気弱な乙女男子の中島くんのかわいらしさに一目惚れしてしまうというストーリーがキュートなのですが、22話・23話では付き合うことになった二人がはじめてのデートでカラオケに入る話になっています。

※参考記事 「どっちも可愛い」の声多数! いじめられっ子と強キャラギャルが物置で密着するマンガの心臓の音が大きすぎた
https://otajo.jp/95244 [リンク]

中学の頃のヤンキー仲間で、アパレルショップでバイトしている桃華に「剣崎…お前からは喧嘩技を教えてもらったよな。だから私からもデートの技を一つ伝授する。2人きりになるなら…カラオケだ!!」とドヤ顔で言われた上に、「あとデート中に不良と喧嘩するなよ。彼氏ドン引きだぞ、鬼剣崎…」と釘を差され「あたしをなんだと思ってるんだ」と返した会話を思い出した剣崎さん。「な…中島…あのさ…か…か…、カラオケにでも行かねー?」とさりげなさを装いながら恥ずかしさを隠せず誘います。

中島くんに「えっ?うん!剣崎さん歌好きなの?」と嬉しそうに聞かれて「えっとっ、まっまあそんな感じかな?」と言いますが、実はカラオケ経験ゼロ。それでも「じゃあ行こっ、剣崎さん!」となって、カラオケにイン!

部屋に案内されて、「狭い…!薄暗い…、密室…!」となった剣崎さん。「じゃあ何歌う?剣崎さん」という中島くんの近さにドキドキしながら、「えっ!? えっと…。ごめん!アタシ実は初めてなんだ、カラオケ」と白状。驚く中島くんに「えっとな…その…ふっ、ふ、ふ、2人っきりになり…たくて…さ」と素直に伝えます。それを聞いた中島くん、「ぼくも…2人っきりになりたかった」と頬を上気させています。

「付き合ったらゴールみたいに思ってたけど、いざ付き合うと前よりもっと意識するように…」と思う剣崎さん。「ううう〜〜だめだ!どうしたらいいかわからん! いや…考えるよりここは思いきって…!」と可愛いらしい葛藤の末に、「な…中島!」「うん…剣崎さん!」と見つめ合いますが……。

「失礼します、ドリンクです〜」と店員に出鼻をくじかれてしまった二人。ドキドキが止まらない剣崎さんですが、中島くんの方から手を重ねられて、「中島…幸せだよ私…。ずっとこのままでもいい。このまま二人でずっとこのまま…」とすっかり乙女な表情に!

ですが、ここで唐突にドアが開けられて、「あらあらあら〜?女の子2人はっけーん!」「何してんのー?混ぜて混ぜてー」「かわいいー!俺らと遊ぼーよ」とチャラ男三人組が乱入! 「えっ?」とあっけに取られた中島くんですが、剣崎さんが頬が引きつらせて「はあ?」と歪んだ声を思わず出してしまいました。

このシリーズでは「とにかく、“かわいい”を目指して描いている」というTATSUBONさん。カラオケのエピソードを描いた理由を聞くと、「最初は観覧車で2人っきりというのを考えていたんですけど、剣崎さんは元ヤンキーなので、それを生かせるエピソードにしようと思い、チンピラが邪魔しに来やすい場所にしようと思いました」といい、自身は「歌うのは好きなんですが、コミュ障なのであんまり良い思い出はないような気がします」とのこと。「女の子と良い雰囲気に…みたいな、自分が出来なかった事を願望として描いているのかもしれません」と話します。

カラオケに入ったふたりに「いい作戦」「ステキな展開だ」という反応があったほか、乱入した三人組について「尊い時間を潰すなんて」「命知らずすぎる」「殲滅戦だ!」といささか物騒な言葉も飛び交っていたこのマンガ。TATSUBONさんは「“もどかしい~””かわいい~”という感想をたくさん頂いていて嬉しいです。ラブコメはまだまだ練習中なので、もっとかわいい話が描ければ良いなと思ってます」といい、「たまにアクションシーンを入れちゃう時があるんですが、その時もなぜか盛り上がってくれて嬉しいです。反応がいただけると、次の反応が見たくてどんどん描いてしまいます。いつも読んでくれてありがとうございます」と感謝の言葉を寄せてくれました。

乙女男子な中島くんと、見た目ギャルで心は乙女な剣崎さんの恋を応援したくなる『かわいいひと』は、現在kindleインディーズで2巻まで無料で配信。「0円なので、暇つぶしにでも気軽に読んでいただければと思います」というTATSUBONさんの代表作『田所さん』についても、「4巻まで出していますので、『かわいいひと』をきっかけに読んでみようかなと思って頂けると嬉しいです」といいます。こちらはひと味違った百合マンガになっているので、ドキドキやキュンキュンを補充したいという人にはオススメです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/TATSUBONi [リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP