Otajo -オタ女-

Today is
Feb 09 2023

記事

BLゲーム『DRAMAtical Murder』舞台ドマステ2023年再演!ウイルス&トリップルート追加で計6種のエンディングに

BLゲーム「DRAMAtical Murder」を舞台化し初演から3年、未だ熱い再演希望が後を絶たないあの“ドマステ”が2023年ゴールデンウィークに帰ってくる!

2012年にNitro+CHiRAL より発売されたBLゲーム「DRAMAtical Murder」。未来の離島、碧島を舞台とするアドベンチャーゲームで、選択肢により物語が分岐する。電脳世界と現実世界、デジタルとアナログが交錯した独自の世界観で人気を博し、アニメ化やコミカライズに次いで、2019年12月についに舞台化。

ゲームのごとく後半から物語が複数のルートに分岐するステージは、その完成度の高さから大きな反響を呼び、上演から3年経った今でも “ドマステ”と呼ばれ、SNSでは話題が途切れることなく再演を望む声も後を絶ちません。

その熱い声を受けて、2023年ゴールデンウィークに脳内クラッシュ演劇「DRAMAtical Murder」フラッシュバック として、ついに待望の再演が決定!

今回の「フラッシュバック」では、初演で上演された紅雀・ノイズ・ミンク・クリア・蓮の5ルートに加え、新たにウイルス&トリップのルートを追加!

ウイルスとトリップは舞台となる碧島のヤクザの構成員で、似通った見た目をしているが双子ではないという、謎めいた掴みどころのないキャラクター。彼らの裏の顔が明かされる、原作ゲームでもダークな側面が強いウイルス&トリップルートが舞台上でどのように表現されるのか、是非お楽しみに。

演出は前作同様、人気劇団「柿喰う客」の中屋敷法仁さん。今年の3月に上演した同じNitro+CHiRALのBLゲーム「sweet pool」を原作にした、「本能バースト演劇『sweet pool』」を経て、さらにブラッシュアップされた再演となることは間違いありません。

複数のルートを駆け抜ける主人公・蒼葉役は、ミュージカル『刀剣乱舞』やミュージカル『テニスの王子様』など、数々の話題作に出演している永田聖一朗さんが引き続き務めます。

また、紅雀役:小波津亜廉さん、ノイズ役:富園力也さん、ミンク役:八巻貴紀さん、クリア役:山縣悠己さん、ウイルス役:富永勇也さん、ミズキ役:岩城直弥さん、蓮/セイ役:山﨑晶吾さんも前作から続投。

そして今回新たに、トリップ役:磯野 大さんと悪島役:牧田哲也さんがカンパニーに加わることが決定しました。

計6種類のエンディングで“ドラマダ”の世界観を魅せる今回の“ドマステ”。公演スケジュールの詳細やチケット情報は続報をお待ちください!

再演決定にあたり、演出の中屋敷法仁、主演の永田聖一朗からのコメントをお届けします!

演出:中屋敷法仁
3年前に初演された「DRAMAtical Murder」。あの衝撃は今でも僕の脳内をクラッシュし続けています。
今回、皆様の熱い要望にお応えし再演が決定いたしました。いえ、再演ではありません。「フラッシュバック」です。
初演の衝撃度をさらに加速させた強烈な舞台となります。
脳内クラッシュ演劇「DRAMAtical Murder」フラッシュバック!
是非、劇場で目撃してください!

蒼葉役:永田聖一朗
3年経った今でもあの瞬間の熱や感動、がむしゃらに走ってきた日々を鮮明に覚えています。まだまだ脳裏に焼きついてます。
あの世界を皆様にもフラッシュバックしていただけたら、そして前作よりも更にルートも増え濃密でパワーアップした作品にできたらと思います。
再び皆様の前に蒼葉として戻って来られることをとてもとても光栄に思います。
全力で向き合います。全力で脳内をクラッシュします!よろしくお願いいたします。

「DRAMAtical Murder」とは

2012年3月に Nitro+CHiRAL より発売された人気BLゲーム。
未来の離島、碧島を舞台とするアドベンチャーゲームで、選択肢により物語が分岐する。
個性的で魅力あふれるキャラクター達にファンがつき、2013 年にはファンディスク「DRAMAtical Murder re:connect」、2014年にはPlayStation Vita 用ソフト「DRAMAtical Murder re:code」も発売。また、2014 年 7 月にはテレビアニメも放映。
他にもサウンドトラックやドラマ CD の発売、コミカライズや、ムック本・アンソロジー本の発売など広がりを見せた。2019年7月26日にはお手頃価格になった普及版(最新 OS 対応。ダウンロード・インストール可)も発売。

◆ストーリー◆
今よりずっと先の未来。
日本の南西に位置する碧島(みどりじま)は、日本有数の財閥「東江財閥」有する豪華な会員制娯楽施設「プラチナ・ジェイル」と、強引な開発の犠牲となった島民たちが追いやられた「旧住民区」に二分されていた。
旧住民区では、とあるゲームが流行していた。かたやチームを作り、肉弾戦での縄張り争いを繰り広げる「リブスティーズ」と、かたや仮想世界を舞台にした電脳オンラインゲーム「ライム」に熱狂する「ライマー」。
主人公・蒼葉はそのどちらにも興味を示すことなく、旧住民区でのんびり祖母と暮らせればそれでいいと思っていた。
しかし平穏な日々を揺るがす異変は確実に起こり始めていて—。

脳内クラッシュ演劇「DRAMAtical Murder」フラッシュバック 公演概要

【期間・劇場】
2023 年 4 月 28 日(金)~5 月 7 日(日)品川プリンスホテル ステラボール
【原作】 Nitro+CHiRAL
【演出】 中屋敷法仁
【脚本】 内田裕基
【キャスト】
蒼葉 永田聖一朗
紅雀 小波津亜廉
ノイズ 富園力也
ミンク 八巻貴紀
クリア 山縣悠己
ウイルス 富永勇也
トリップ 磯野 大
ミズキ 岩城直弥
悪島 牧田哲也
蓮/セイ 山﨑晶吾
ほか

【公式サイト】https://www.nelke.co.jp/stage/dmmd_stage2023/
【公式 Twitter】https://twitter.com/DMMd_engeki
公式ハッシュタグ:#ドマステ #ドマステ再演
(C)2012 NITRO ORIGIN
(C)脳内クラッシュ演劇「DRAMAtical Murder」製作委員会

関連記事:
脳内クラッシュ演劇「DRAMAtical Murder」開幕!原作ゲーム同様5ルートのストーリーを展開
https://otajo.jp/83755

人気異色BLゲーム舞台化 本能バースト演劇「sweet pool」開幕!官能的なシーンの大胆さと儚さをダンスで美しく演出
https://otajo.jp/106200[リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP