Otajo -オタ女-

Today is
Oct 18 2018

記事

文通をはじめる先輩後輩にキュンキュン!? 沖縄の学校の「姉妹制度」を描いたマンガに「尊い」多数


沖縄の一部の学校に存在するという「姉妹制度」を、KADOKAWAのマンガサイト『Comic Walker』で『バリキャリと新卒』を連載中のえすえすさん(@wodsum)が描き、「尊い」「たまらん」と話題になっています。

「姉妹制度」とは、先輩後輩の間柄で文通をすること。下手に彼氏を作るよりもステータスになり、先輩の立場からすると可愛い妹分ができると皆に自慢でき、姉分がいるとイケている女子と周囲に認められるのだとか。仲良しアピールはカップルよりも激しいといいます。

「ばかばかしい」「くだらない」と思っていても、いざ先輩から呼び出しの手紙をもらうと……。

「急に呼び出してごめんね…あなたが気になって」といい、文通をすることを提案する先輩。他人から言われる「好き」がどれ程嬉しいか……。う~ん、キュンキュンしますね!

「よろしくお願いします」とうつむいて答えるショートカットの女の子。手を合わせて喜ぶ先輩。「まるで恋だった」というのも頷けます。

プチ百合とも感じられるこの「姉妹制度」には、「かわいい」「素敵」という声が上がっていたほか、川端康成の『乙女の港』や今野緒雪さんの『マリア様がみてる』、池田理代子さんの『おにいさまへ…』を思い起こすといった人も。

さらに、「実際にある」といった体験談も多く見られました。

これは本当にある…懐かしいな。
私も部活の先輩とベッタベタで、手紙書いたりメール何通もやりとりして保護って…ってしてた。アイドルの応援みたいに『◯◯先輩♡LOVE♡』みたいなうちわ作って先輩の教室のベランダに向かって振ったり。恋のようだった。
※ちなみに女子校ではありません。

これほんとです、こんなに綺麗なものではなかったけど笑
小中くらいはバリバリあった、高校からなくなりだすイメージ…
頼れる先輩後輩作れるのはいいよね◎

私の学校ではバリバリにありました。部活の先輩後輩が姉妹になりやすく、その関係が持てるのはスクールカースト上位の証でもあり…私はこの漫画のような素敵なものよりヤンキー文化の縦社会に似たものを感じてました。

そんな私も中学1年の時に一瞬ですが姉分が居ました。一瞬でしたけどね

沖縄でも「なかった」という人がいた一方で、他の地域でも「同じようなことがあった」という報告が上がっていたこの「姉妹制度」。「憧れる」「誰かと文通したい」といった反応も多数ありました。

「単なる恋愛関係に収まらず、女性同士の関係に生じる様々な感情を楽しむコンテンツだと思っています。女性同士の連帯感という可能性の大きさが、私にとっては大きな魅力です」と百合について語るえすえすさん。この制度について「めんどくさい制度だなと最初は思いましたが、今となると学生らしい面白い制度だと思います。学生時代でしか成立しない関係性だなと思いました」といい、寄せられた体験談について「みんな楽しい学生時代を送っているなと少しうらやましくなりました」とコメントしてくれました。

「沖縄に行きたくなった」という声もあった「姉妹制度」。街で歩いている女子学生が誰かの「姉妹」かもしれない……。そう考えると、なんだかドキドキしてしまうのは筆者だけでしょうか。

バリキャリと新卒(Comic Walker)
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_FS00000015010000_68/ [リンク]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP