Otajo -オタ女-

Today is
May 25 2022

記事

“美少年×スリラー”不気味で耽美な世界観が妄想を掻き立てる映画『ダニエル』

マイルズ・ロビンス&パトリック・シュワルツェネッガー、ハリウッド期待の二世イケメン俳優が夢の共演を果たした映画『ダニエル』(21年2月5日公開)の予告編が公開となり、不気味で耽美な世界観が明らかになっています。

【動画】映画『ダニエル』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=hvAZM9BKGTk [リンク]

本作は、内気で繊細な青年ルークと、彼が“空想上の親友”として生み出したカリスマ性溢れる美青年のダニエルとの妖しくも美しい関係を描いた“イマジナリー×スリラー”。孤独を抱える主人公のルーク役をティム・ロビンス&スーザン・サランドンの息子マイルズ・ロビンスが、ルークにとっての“唯一の理解者”であるダニエル役を、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガーがそれぞれ演じ、全米大手映画評価サイト「Rotten Tomatoes」では91%フレッシュの高評価を記録(※2019年7月9日時点)するなど、多くの海外メディアで絶賛の声が相次いでいます。

先日、本作の日本版予告編が公開となるやSNS上では「予告編が凄い。これ絶対面白いやつだ」「予告で一気にこんなに惹かれたの久々」「洋画でこういうの見たことない」などと、その世界感に魅せられる声が続出。

中でも予告編の前半で描かれる、ルークとダニエルの妖しくも美しい“ブロマンス的展開”には、「完全自己完結形のヤンデレブロマンスなの?ドキドキ」「ブロマンスとスリラー、、良い!いいわーーー!!」「耽美と狂乱の世界って気になる」などのコメントが見られました。

そもそも『ブロマンス』とは、“ブラザー”と“ロマンス”の合成で、『四六時中一緒にスケートボードをするような関係』という意味の造語。男性同士の極めて近しい関係を指します。友情や絆、ライバル、相棒、父と息子…などその関係性は多岐に渡り、映画界においてももはや1つのジャンルとして確立。ファンの間では、作品を盛り上げるための“欠かせない要素”の一つに。

予告編と同時公開されたポスタービジュアルでは、目線を外すルークと近くに佇むダニエルから妖艶な雰囲気が漂い、一見2人の美しい青年たちによる“耽美なブロマンス要素”を感じさせます。だが、「ダニエル」は両親の離婚により心に大きな傷を負ったルークが生み出した彼にしか見えない“空想上の親友”であり、孤独なルークの唯一の拠り所である存在。親友でも宿敵でも相棒でもない“特別な関係”が、かつてない新しいブロマンス作品の到来を予感させます。

さらに、注目すべきは本作の製作を手掛けたイライジャ・ウッドの存在。『ロード・オブ・ザ・リング』の主人公フロド役でお馴染みの名優でありながら、近年プロデューサーとしても手腕を発揮するイライジャが率いる制作会社「SpectreVision」は、スリラーやホラーファンの間ではすでに有名。彼らが得意とする斬新な演出、ハイセンスな音楽、新感覚の映像美などは予告編でもごくわずかに垣間見えてはいるが、<美少年×ブロマンス×スリラー>という異なるジャンル同士を一体どのように融合しているのか――。ダニエルの正体とともに、真相はベールに包まれています。

映画『ダニエル』は21年2月5日(金)全国公開。

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

未分類の新着記事一覧

PAGE TOP