Otajo -オタ女-

Today is
Apr 18 2021

記事

「あったかい話」「近所にこんな道があればいいのに」 人との関わりが切れた小説家と声が出せない少女が交流するマンガの優しさがじんわり沁みた


『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)連載中で、Twitterでもさまざまなエピソードが更新されている矢村いちさん(@yamuraichi)のマンガ『声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている』。「久しぶりに人と関わった話」では、昼夜逆転生活になっている女性小説家が、偶然に失声症で声の出すことができない真白音さんと出会うというストーリーになっています。

※参考記事 「いい先生」「表情を見てるのが素敵」 心が読める少女と声が出せない少女に向き合う担任のマンガが優しさに満ちていた
https://otajo.jp/94299 [リンク]

ほぼ年中、家から出ずに友人と連絡も取ることがなく、昼夜逆転生活になってしまっている女性小説家。「いつのまにか人の縁はきれていた」といいます。朝になって「寝るか」となり、カレンダーを「!…めくってなかったな。…今何月だっけ」と不健全な生活の毎日。そんな中で人間的な唯一な習慣は、朝や昼の日光を少しは浴びること。「うう、眩し…」と思いつつベランダを開けると、高校生の少女と目が合って「学生…登校の時間か」となり、あくびをして「寝よ」となります。

翌日も、ガラっと開けたところで昨日の高校生と出くわし、「2日連続で微妙にビックリしてる」と感じて、その表情に「!! JK通ったら出てくる不審者と思われてる!?」とキョドってしまい……。

「ぐ、ぐうでんで不審者じゃない、よ」とドモってしまって、「ああああ!人と話すの久しぶり過ぎて、もっとヤバい人と思われる!」と焦るところ、少女-真白さんはスケッチブックを取り出して「大丈夫です」と見せてニコッと笑ってくれました。

「! 字…? …でもまぁ良かった」となった小説家。「じゃ、じゃあ」とその時は部屋に戻りましたが、その後も登校する真白さんと少しずつ会話するようになります。久しい人との繋がりは、意外にもいい気分転換になっていたといいます。

「…でもなんで筆談なんだろ。個性ならそれはそれでいいんだけど」と疑問に思い、「なんで字」と訪ねた小説家。失声症の真白さんは「声が出せないので」と伝えます。「それ…、学校に行くの嫌にならない?」と聞いたのは、学校に通っていた頃、「いっつも何か書いてるよね。変な奴」とクラスメイトから陰口を言われていて、「学校は他と違う者を許さないから」と思っていたからでした。言ってから「と、言葉マズった」と慌てる小説家でしたが、真白さんは心配してくれたことに「ありがとう 優しい」と伝えて、「~はぁ!?」と赤面するのをよそに「でも」と続けます。

「でも、私は好きなんです」と笑う真白さん。その後、作業が長引いて昼夜逆転生活が一周まわったある日に、真白さんが心崎菊乃さんと仲良く一緒に歩いているところを見かけます。「楽しそう」と思った小説家。自分にも「読みたい!読みたい!」と言ってくれていた友達のことを思い出します。そこでスマホを手にして、「あ、えっと…。ハル? えっと…、私…。え、うん、そう。久しぶり」と連絡を取るのでした。

出会った人の心を変えていく真白さんに対して「天使」「あったかい話」「近所にこんな道があればいいのに」といった声が上がっていたこのエピソード。矢村さんによると、今回登場した小説家は「なろう的なサイトに小説を投稿している女性です。商業化もされていて生計はたてられています」とのこと。寄せられた感想について、「いつもながらリプライ等を頂けてありがたいです。真白さんを見守ってくれてる視点の方々などいらっしゃって嬉しい限りです。勿論単話として、話のメインの女性とその友人へのコメントも嬉しいです」と話してくれました。

2021年3月8日は単行本第3巻が刊行になる『声カノ』。矢村さんは「多くの方々の応援のおかげで3巻まで来ました。打ち切りの危機がなくここまで来れていることは素直にありがたいです。真白さん&心崎さんの世界がここまで広がっていくとは思っていませんでした。彼女たちの世界がもっと暖かいものになっていけばいいなと思います」と語ります。3巻について「主に体育祭の話です。運動音痴の真白さんがまっすぐに体育祭に挑みます。真白さん、心崎さんとクラスメイトとの少しずつの距離の変化を見守っていただければと思います」というので、その頑張りをぜひチェックしたいところです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/yamuraichi [リンク]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP