Otajo -オタ女-

Today is
Jul 22 2017

記事

“付録・婚姻届”の衝撃から一年 『ゼクシィ』の「乙女すぎるドライバーセット」が話題に

Pocket
LINEで送る

1992年の創刊以来、結婚式を控えるカップル必読となっている結婚情報誌『ゼクシィ』(リクルート発行)。7月23日発売の最新号の付録「乙女すぎるドライバーセット」が、「乙女すぎるドライバーって何!?」「もうなんでもありだな」とツイッターで話題を呼んでいます。

『ゼクシィ』は、結婚式情報からウェディングドレスのカタログ、BGMなど演出のアイデア、結婚のしきたり・マナーまでカバーした、結婚式の全てが詰まった情報誌。その分厚くて重い一冊には、乙女の夢と結婚への憧れ、彼氏へのプレッシャーが込められており、特集内容などが度々ネットで話題になることも。

その最たるものと言えるのが、「婚姻届」が付録となった、昨年8月発行の『ゼクシィ』。「このまま書いて、役所にGO!」というキャッチで本物の「婚姻届」が綴じ込み付録になり、「必死すぎる」「男にとっては恐怖だ」と世の男性陣に大きな衝撃を与えました。

今回付録となった「乙女すぎる(はーと)ドライバーセット」は、新生活の準備に使える便利アイテム。白地に花柄のキュートなデザインで、これなら新婚さんのお部屋でも可愛くHAPPYな気持ちになれそうです。

ツイッターでの発言をまとめた「togetter」では、この「乙女すぎるドライバーセット」について、「なぜに、ドライバー??(笑)」「ドライバー?乙女?えっ?」と多くの人が、その斬新なアイテムに驚きを隠せない様子。

中には、「可愛いドライバーちょっと欲しいかも……」「ドライバーの付録付で500円って安い!」と興味を示す女性のつぶやきも。

今後も、「乙女すぎる紙やすり」「乙女すぎるニッパー」「乙女すぎるモンキーレンチ」などもぜひ企画して欲しいもの。「ドライバーセット」はあくまで、新生活の家具組み立てなどに使う物。間違っても、悪用しない様に!

ちなみに、『ゼクシィ』の「XY」は性染色体のXX(女性)とXY(男性)に由来しているそう。最近はTVCMの出演者も、結婚適齢期のタレントでは無くて内田裕也さん&樹木希林さん、黒柳徹子さん&リリー・フランキーさんを起用するなど、結構ユニークな演出となっています。ますます、『ゼクシィ』から目が離せません。

ゼクシィの付録についた「乙女すぎる♡ドライバーセット」 – togetter
http://togetter.com/li/343329

ゼクシィシリーズ | ゼクシィ.net
http://zexy.net/mar/honshi/

※画像は「ゼクシィシリーズ | ゼクシィ.net」より引用。

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

ライフスタイル / の新着記事一覧

PAGE TOP