Otajo -オタ女-

Today is
Dec 09 2022

記事

井上想良も若返る小宮璃央の眩しいキラメキ!? キスシーンは「緊張感がリアリティーに繋がった」BLドラマ『永遠の昨日』撮り下ろしインタビュー

MBSのドラマシャワー枠×KADOKAWAが手掛けるBLドラマレーベル・トゥンクのコラボ企画第4弾として毎週木曜深夜に放送中の、榎田尤利先生の感涙必至のBL小説を原作としたドラマ「永遠の昨日」より、主演の小宮璃央さんと井上想良さんの撮り下ろしインタビューをお届けします。

「あの朝、浩一はあっという間に宙を舞った――。」
陽気でクラスの人気者の浩一と秀才で人付き合いが苦手な満。 高校生の2人は正反対の性格ゆえに強く惹かれあっている。
しかしある朝、浩一は満の目の前で事故に遭ってしまう。
その場で起き上がり、いつものように笑ってみせた浩一は、確かに「生きて」いるけれど、クラスメイトたちは、次第に浩一の存在を忘れ始め……!?
浩一が消えてしまうまでの限りある刻を、懸命に輝かせた2人の姿に“泣けて泣けて仕方がない”青春ラブストーリー。

陽気でクラスの人気者であり、突然不運な交通事故に遭ってしまう山田浩一(やまだこういち)を小宮璃央さん、秀才で人付き合いが苦手な青海満(おうみみつる)を井上想良さんが演じます。

小宮さんと井上さんにドラマの見どころやお互いの印象を伺いました!

リアリティーのあるお芝居への変化「小宮璃央ではなく完全に浩一だった」

――原作の印象と演じると決まったときのお気持ちをお聞かせください。

井上:すごく美しい純粋な作品だなと、小説や脚本を読んでも、実際に演じてみても思いました。満は内に秘めたる想いが強いキャラクターで自分にも共通する部分があったので、やってみたいなと思いました。

小宮:BLの中でも艷やかというか、今まで触れてきたものと雰囲気がまったく違う印象を受けて。たくさん原作を読ませていただいて、台本の読み合わせの時点からたくさんリハーサルをさせていただきました。同じ枠の1つ前の『高良くんと天城くん』にも出演させていただいたんですけど、それとはまた別の美しさがあり、こうして自分がこの作品に携われることがすごく嬉しいなと思いました。
浩一も普段は表には見せない裏の姿があったり、後半になるにつれてそれがどんどん明らかになっていく。そこもまた彼の魅力で、演じるのが楽しみだなという印象でした。

――演じるにあたり意識したことはありますか?

井上:満は、あまり自分からコミュニケーションをとろうとしないような内向的な役なんですけど、でも内に秘めている想いは人一倍強くて。そういうところは座っている姿勢や立っている姿勢だったり、目線などにも表れるものだと思ったので、監督と話しながら意識して演じました。
台本を最初に読んだとき、僕とは全く違う印象を持ったんですよね。でも、僕が演じるとなったら、こういうアプローチをしないとこの役は成り立たない、と監督にも話して、監督のイメージはどうですか?とすり合わせをしていきました。

小宮:自分自身はそこまでテンションが高くないというか、プライベートでもあまり口を開かないタイプだと自分では思っているんですけど、浩一は率先してみっちゃん(満)に対して「友達になってくれないか」と言ったり、クラスの中でも中心的な人物、いわゆる陽キャなので、そこは自分とは違う部分で、どう表現しようか悩んだりました。最初の時点でみっちゃんとのテンション差などは気をつけていこうと思いました。

キャンプに行くシーンがあるんですけど、そのときに叫んだり1人で海ではしゃいでるみたいなことも自分では想像できないくらいテンションを上げてやりました(笑)。いつもの自分とは全然違います(笑)。でも楽しみながら出来たと思います。

――難しかったところは?

井上:一番作る上で大変だったところは、やはりBLという部分での心の持ちよう。恋愛対象は人それぞれなので、まだ僕には今までの経験ではわからないことがたくさんあって。ボーイズラブというところへのアプローチは悩みました。

小宮:僕も同じなんですけど、BLに対しての考え方というか、僕は男性を好きになったことがなかったので、まずはBLを好きな友人や実際に男性が好きな友人に話を聞いてみるところから始めました。気持ちを作る上で、まずは想良ちゃんのことを人として好きになって、そこからみっちゃんに並べていきました。撮影中はみっちゃんのことを本当に好きな感情になれたし、みっちゃんのことが好きで大切にしたい、という感情を出していきたいなと全面的に最初からやっていたので、そこ自体は難しさよりも、一緒にいる時間が長かったので自然と出来ていったかなと思います。

多様性の時代ですから、この作品で浩一を演じたことによって、そういう価値観を自分の中に取り入れられたことも良かったなと、人生の経験の1つとして大きな一歩を踏み出せたんじゃないかなと思いました。

――小林啓一監督からの演出で印象的だったことは?

井上:言葉の一言一句の意味までも大切にしている監督なんですけど、1つ1つの言葉に「ここはこう言ってみようか」とディレクションが入って、僕たちもちゃんとこういう意味があるんだな、と思えました。あとは、動きをすごく丁寧に、押し付けるのではなくて提案してくれたり。監督がそう思った過程も全部教えてくれるのでやりやすかったです。監督の演出がきちんと寄り添ってくれるやり方で、僕たちの意見も聞いて監督の意見ともすり合わせて答えを出すということが出来たので、一緒に作っていくことができて、いろんな方法を教えていただけたな、勉強になったなと思う撮影でした。

小宮:僕自身、ずっと特撮作品をやっていたので、芝居の種類が違うというか。特撮芝居というか、リアクションが大きかったり動きが多かったり、子どもたちにわかりやすくするためにそういうお芝居をしていたんですけど、それが染み付いてしまっていて自然と癖で出てしまうんです。そういったところも矯正してくれたし、きちんと提案やアドバイスをくださるのですごく助かりました。

わからないことだらけだったので、提案していただいて実際にやってみて、映像で確認するとすごく型にハマっているというか、自然でリアリティーがある。それを何回も重ねていくうちにどんどん今までの癖がなくなっていって、このドラマの撮影に入る前よりリアリティーのあるお芝居が出来ているんじゃないかと自分でも実感するくらいだったので、本当にご一緒できて良かったなと思いました。一緒に作っていくことを楽しく勉強させていただけた監督でした。

――本作に入る前と後で自分で感じるくらいお芝居が違う?

小宮:お芝居の仕方、目線の配り方、動き方とか、作品ごとのキャラが違う分、もちろん違うんですけど、根本的には小宮璃央がそこには居るわけで。でも、今回の『永遠の昨日』では一切それがなく、完全に浩一だったと自分では思います。

――小宮さんにとっても大きな意味のある作品だったのですね。

小宮:そうですね。浩一をやれてよかったなと思います。

――小宮さんは『魔進戦隊キラメイジャー』の劇場版でもインタビューさせていただきましたが、ここ最近のご活躍でさらに大人になられた印象を受けます。

小宮:やっぱり彼が大人にさせてくれたというか(笑)。

井上:ちょっともう(小宮さんがふざけるので)帰ろうかな……。

小宮:いつもの調子が出てきましたね(笑)? 今日久しぶりに会ったんですよ。最後に会ったのがTGCのときで、そのときもこんな感じだったんですけど、ちょっと会うのに時間が空いちゃって!

――井上さんは小宮さんのキラメキを感じましたか?

井上:感じました! はい!

小宮:ちょっと!それ以上言う事ないの?

井上:すごいキラキラした目でこっちを見てくるので……(笑)。

小宮:おい(笑)!

井上:すごくフレッシュだなと感じました。

――お互いをどう呼び合っているんですか?

井上:僕は璃央って呼んでいます。

小宮:僕は最初は敬語で井上さんから、想良くん→想良ちゃんになりましたね(笑)。

――撮影のどれくらいでその変化があったのですか?

井上:覚えてないな。撮影に入ってすぐくらいのときにはもうね?

小宮:そう、最終形態になっていたから。

――すぐに敬語はナシにしよう、と?

井上:台本の読み合わせのときに。同い年の役なのにやりづらいじゃないですか。

小宮:そう言っていただけてすごく嬉しかったし、やりやすかったです。

――今回初共演ということで、お互いの印象は?

小宮:自分が以前共演した役者さんと想良ちゃんが共演していたりと、共通の知り合いが多かったので彼の存在自体は知っていたんです。なので、どういう人かはわからなかったんですけど、「やっと会えた!」みたいな感覚で。印象としては、なんとも思ってなかった気がするな?

井上:お、おう(笑)。

小宮:でも、やっぱり兄貴って感じですね! 現場とかでも読み合わせの時点から率先してアドバイスをくれたり、色々お世話になって、兄貴という感じです。

井上:璃央は、とにかくフレッシュだなって。僕たちは年の差が4歳違うんですよ。24歳と20歳の4歳って結構違うんですよね、僕の感覚的には。だから、本当にフレッシュで楽しそうに生きていると言ったら変ですけど、すごくキラキラしていて、眩しいくらいな印象でした。

――フレッシュさを感じた場面はどこでしたか?

井上:もう目からですね。最初に会ったときの目からすごくフレッシュで、「ああ、俺もこんな時期あったのかな?」と思うようなフレッシュさを話す前から感じました。

――井上さんご自身は今はフレッシュさはあまりなくなってしまったと感じますか(笑)?

井上:フレッシュでいよう、とは思っているんですけど(笑)。やっぱり普通に企業に就職している同い年の友達とかには、「老けないよね」と言われたりするんですけど、でもいざ20歳の子と会うとフレッシュさが違います。でも、璃央と一緒に過ごして若返った気がします。

――でも、小宮さんはご自身を少し寡黙とおっしゃったので、キラキラしているという印象と少しギャップがあるな、と。

井上:だから、最初は少し人見知りなのかな?と思うくらい、あまり話している印象がなかったんですけど、やっぱり話していくうちに明るい小宮璃央も出てきて。ファーストインプレッションでフレッシュに見えたのはそういうところだったのかな、と結びつくようなところはありましたね。

――撮影を経て、お互いの印象が変化したところはありますか?

小宮:信用できるようになりました。長い時間一緒に居て、それも短い期間だったので、狭く深く彼のことをよく知れたので。最初は僕自身仲良くなるまで時間がかかるんですけど、こんな短期間で仲良くなって、現場でもいっぱい話をできるようになるのは珍しいなと思います。

井上:ありがとうございます(笑)。

小宮:最初はずっと敬語で話していて、「敬語やめて」と言ってくれてもなかなか抜けなくて。でも、今では「想良ちゃーん!」って言ってるもんね?

井上:役柄的にも同級生なのと、基本的に敬語とかないほうが心が開けると思ったし僕自身気にしないところでもあるから「やめて」と言ったんですけど、良い意味で生意気になってくれました(笑)。印象の変化としては、何をやっていても楽しそうだなと。撮影の合間でも撮影が終わっても、「こいつ疲れてないの!?」というくらい、なんか楽しそうなんですよ。そういうところがすごく印象的で、撮影が終わった今もその印象が強いです。だから何事でも楽しめるタイプなんだろうなと思いながら見ていました。

――全話撮影が終了して、俳優として尊敬できると感じたところは?

小宮:ほぼ全部……! 台本の読み合わせの時点から思ったんですよ。彼は物事に対して考えてから意味合いを持って行動する。なんでこの目線にあるかとか、そこまで全部しっかり考えてやっているんですよ。自分もそれを真似したいなと思ったし、実際に勉強になりました。本当にこの作品を通して想良ちゃんに会えて良かったと思ったし、監督やスタッフさんとのコミュニケーションや現場での居方だったり、すべてが勉強になって、お芝居もオフの部分も人間性としても学ぶところばっかりでしたね。

井上:気持ちいいですね。ありがとうございます(笑)。

小宮:(褒められることを)こっちも待ってるよ(笑)。

井上:僕が出来ない、楽しめるというところですね。僕もこの仕事がすごく好きだし根本的には楽しんでいるんですけど、璃央は常に楽しそうなんですよ。本当に楽しんでやっているのが周りにひしひしと伝わってくるような向き合い方が素敵だなと思いました。あとは、スイッチの切り替えが上手なんですよね。僕はスイッチの切り替えが苦手なんですよ。

例えば泣くシーンがあるとして、その前に僕は時間が欲しくて。1回ちゃんと自分の中で前のシーンを思い出してこういう感情があって今こうなるんだな、と考えて、気持ちが沈んで泣くシーンだったら、沈んでから入らないと僕は出来ないんです。でも、璃央は笑ってるんですよ。人によって芝居のアプローチの仕方は違いますけど、「大丈夫なのかな?」と思って僕は見ていたんです。でも、やってみると全然違う顔にふっと変わって、役に入れる集中力というか、一気に出せる爆発力がすごく魅力的だなと思いました。

小宮:ありがとうございます!

――浩一スイッチみたいなものはご自分で意識されていたんですか?

小宮:していないですね。泣くシーンとかも直前までスタッフさんとお話して笑い転げてみっちゃんにちょっかいをかけたりして、用意スタート!でパッと入る。でも、自分自身はそういう真剣なシリアスなシーンとか、泣くシーンや感動するシーンは、少し前にリラックスさせておかないと挑めないというのがあるんです。ずっと沈んだままだと感情が慣れちゃって泣くにも泣けない、というのが今まで何回かあったので。メリハリをつけて泣くところは泣く、と切り替えたらやりやすくなったので、最近はずっとそうしています。寸前まで寝ていたり、感情をまったく180度違う感情にしておくとやりやすいかな、と自分では思います。

2人も泣きながら台本を……最終話まで観るとわかる愛おしさ

――本作の見どころを教えてください。

井上:雨が降っているシーンが多くて、そこが印象的です。雨が何かの予兆を伝えているというか。雨が涙のように思えるようなシーンが多いんですよね。僕は雨の音でより役に入り込んで演じることができました。また雨のシーン以外の何気ないシーンまでも本当にこだわって撮影したので、画がすごくキレイです。

小宮:ドラマシャワーの今までの作品とはまた違った美しさ。普通に恋愛するだけではなくて、浩一自身、交通事故に遭ってしまって“心臓は止まっているのに生きている”状態で過ごすことになるんですけど、その数日が2人にとって大きな出来事で。そういう非日常的なところも小説やドラマならではのものなのではないかなと思いますし、青春ラブストーリーだけではなく、自分自身に投影して考えると本当に泣けて泣けて仕方ない作品になっているんじゃないかなと思います。

――台本を全話拝読させていただいたのですが、本当に台本を読むだけで泣きました……。

井上:そうですよね。

小宮:もうすごいですよ、台本の読み合わせの時点からね? 

――お二人も泣きながら?

井上:本当に涙が出て。でも、そこで感情を出しすぎても本番で涙が出なくなると困るからと思いつつ、涙が出ちゃいそうになるので若干感情を抑えて読んだりしていましたね。

――そして、第8話がズルいですよね!

井上:そうですね~。

小宮:ズルいですね! 最後まで見ないとわからない背景とかもあるので、皆さんにはぜひ最後まで見ていただきたいです。

――また、第3話のキスシーンは、ゆっくり時間をたっぷりとっていて丁寧な作り方をしているなと思いました。

井上:現場で話はよくしていました。セリフの読み合わせやすり合わせも2人でよくしていたし。

小宮:緊張して近づくに近づけない、初めての緊張感というのがリアリティーに繋がったんじゃないかなと思います。キスするまでの間も、観てくださっている皆さんも一緒にドキドキしてもらいたいなと思いつつ、撮影中は完全にみっちゃんだけを見て、という感じでした。

――では、お互いから見て演じた役柄の愛おしいと感じた部分を教えてください。

小宮:みっちゃんのツンデレですね。キャンプやお家に遊びに行って隣にいるときも、思っていることと行動がまったく違ったりして。台本ではト書きやモノローグがあるのでわかるんですけど、実際に隣にみっちゃんがいたらそのときにはわからないけれど、実際はこう思ってたんだと知ると、すごく可愛いな、愛おしいなとなりますね。キャンプのときとか、一緒にテントを組み立てているところも愛おしいなとなりました。

井上:浩一はすごく素直なんですよね。満だと絶対にない、感情がすべて言葉や表情に出てしまう素直さはすごく愛おしいなと思います。でも最後まで見たらわかると思うんですけど、これがすごいジャブになってきて、そこにもまた理由が隠されていることが後々わかってくるんです。でも理由はあれど嘘なく浩一のままの感情ではあると思うので、そういうところはすごく愛おしかったです。

――最終話まで楽しみにしています、ありがとうございました!

[撮影:曽我美芽]

第3話は11月11日(金)1:49まで、TVer、MBS 動画イズム、GYAO!で無料見逃し配信中! そして第4話が11月11日(10日深夜)より順次放送となります。

また、最終話まで観終わってから、第1話から見返して2人の想いを感じるとさらに涙が止まらないこと間違いなし! 最後までお見逃しなく!

関連記事:
「ベストキスシーン大賞」「キレイすぎて神回」小宮璃央×井上想良BLドラマ『永遠の昨日』告白&キス回に反響!「耳たぶ噛んでいい?」の衝撃予告も
https://otajo.jp/111143

『魔進戦隊キラメイジャー』1年間で見えてきたお互いのキラメイているところは?「最後はキレイにすべてを回収!」最終回&劇場版について語る!
https://otajo.jp/97905[リンク]

内藤秀一郎×瀬戸利樹 BLドラマ『先輩、断じて恋では!』「キスするときにちょっと口を開けちゃう癖が……」密着撮り下ろし写真満載インタビュー
https://otajo.jp/108598[リンク]

人気BLドラマ化『不幸くんはキスするしかない!』曽田陵介&佐藤友祐 お互いの可愛いところは?イチャイチャ写真満載撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/107386[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

作品情報

●あらすじ●
陽気でクラスの人気者の浩一と秀才で人付き合いが苦手な満。
高校生の 2 人は正反対の性格ゆえに強く惹かれあっている。
しかしある朝、浩一は満の目の前でトラックにはねられてしまう。
その場で起き上がり、いつものように笑ってみせた浩一は、確かに「生きて」いるけれど、クラスメイトたちは、次第に浩一の存在を忘れ始め……!?
浩一が消えてしまうまでの限りある刻を、懸命に輝かせた 2 人の姿に“泣けて泣けて仕方がない”青春ラブストーリー。

出演:小宮璃央 井上想良
原作:榎田尤利『永遠の昨日』(角川文庫/KADOKAWA 刊)
監督・脚本:小林啓一
音楽:坂東邑真 制作プロダクション:ヒューマックスシネマ/協力プロダクション:NeedyGreedy
製作:「永遠の昨日」製作委員会・MBS
公式サイト:https://www.mbs.jp/eien/
公式 Twitter:@tunku_shower 公式 Instagram:@tunku_shower

●放送情報●
ドラマシャワー「永遠の昨日」(全 8 話)
2022 年 10 月 20 日(木)初回放送スタート
MBS 10 月 20 日(木)より毎週木曜 25:20~
テレビ神奈川 10 月 20 日(木)より毎週木曜 25:00~
群馬テレビ 10 月 25 日(火)より毎週火曜 24:30~
とちテレ 10 月 26 日(水)より毎週水曜 25:00~
テレ玉 10 月 27 日(木)より毎週木曜 23:00~
チバテレ 10 月 27 日(木)より毎週木曜 23:00~ ほか
●配信●
・TVer、MBS 動画イズム、GYAO!で見逃し配信 1 週間あり(全 8 話)
●原作情報●
榎田尤利「永遠の昨日」(角川文庫/KADOKAWA 刊)
https://www.kadokawa.co.jp/product/322107000295/

●「ニコニコチャンネルプラス」情報●
チャンネル名:BL ドラマレーベル「トゥンク」公式チャンネル
BL ドラマレーベル「トゥンク」とのコラボコンテンツを展開する動画配信サービスニコニコの新機能「ニコニコチャンネルプラス」。
レーベル名の「トゥンク」は胸の高鳴り・ドキドキした時の擬音をイメージしており、このレーベルを通して世界中の視聴者へ「トゥンク…」というときめきを届けられるように、という思いが込められている。
URL: https://nicochannel.jp/tunku-bl/
月額料金:550 円(税込)
入会リンク: https://nicochannel.jp/tunku-bl/my/membership-plan

(C)Yuuri Eda/Yoko Tanji/KADOKAWA
(C)「永遠の昨日」製作委員会・MBS

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP