Otajo -オタ女-

Today is
May 24 2024

記事

配信者とファンの恋模様を描く話題ドラマ『ガチ恋粘着獣』意識したのは「ずっと頭の片隅にヒナが居ること」スバル役:井上想良撮り下ろしインタビュー

ABCテレビで4月から放送されている、話題沸騰中の人気コミックスの実写ドラマ『ガチ恋粘着獣』より、人気動画配信グループ・コズミックのメンバー「スバル」を演じる井上想良さんの撮り下ろしインタビューをお届けします。

本作は、3人組の人気動画配信グループ・COSMIC(コズミック)のメンバーに、本気(ガチ)恋している女性ファン2人を主人公にした、衝撃のラブストーリーが二部構成で目まぐるしく展開! 純粋で真っ直ぐな「恋心」はいつしか「ガチ恋」に変わり、「好意」は「憎悪」に変化する…? 彼女たちの過激な恋愛バトルが繰り広げられる一方で、思わず共感してしまう繊細な恋心も丁寧に描き出します。

コズミックのスバル役・井上想良さんに、本作の印象や見どころ、撮影エピソードなどお話を伺いました。スバルらしい、ちょっとあざと可愛いカット含む撮り下ろし写真とともにお楽しみください!

――とても人気のある漫画の実写化となりますが、原作や脚本を読んだ感想をお聞かせください。

井上:人から見ていただくという点に関しては、近いところがあると思うので、読んでいてすごく複雑な気持ちになりました。もちろん応援してくれるのは嬉しいけれど、漫画の中のような行動までに行き過ぎてしまうとお互いに良いことがないかなぁ、と思いました。

――近しい世界ですが、でも配信者の世界は少し特殊というか、また別の世界かなと思いますが、そういう距離感の違いは感じましたか?

井上:そうですね。特に僕はイベントなどファンの方と対面する機会がなかなかないので、そこの違いは大きいですね。

――コズミックメンバーは3人いますが、その中でスバルを演じると聞いた時はどう思われましたか?

井上:楽しそうだな!と思いました。自分のやっていることにあまり罪悪感を感じず、全て本心で動いていて。そんなに嘘を言っているわけではないというか。そういう面がいろんなところにも出ていて、ヒナ(香音)とのシーンだけじゃなくて、コズミックのメンバーと居るときも嘘がないから、そこはスバルならではの良さがあるなと思いました。でも、その良さが恋愛になっちゃうとああやって問題になってしまうよな、というのは見ていてわかったので、そんなスバルを演じるのがとても楽しみでした。

――スバルはすべてに素直ですよね。

井上:そうですね、素直! もう今のことしか考えていないという感じですね(笑)。

――ご自身と共通点はありますか?

井上:共通点はあまりないですね……。僕、初めギンガを演じると思ったんです。

――わかります!

井上:服とかも開襟シャツとか柄物も多いし、パキッとした男系のスタイルが多いから、自分のプライベートだとそちらのほうが近いので、最初はギンガだと思ったんですけど、スバルと聞いて驚きつつも、めっちゃ楽しみでした。

――井上さんは実際に対面してお話すると男気があるというか、兄貴肌だなと感じていたので、スバル役と聞いて意外でした。ドラマ『永遠の昨日』(※現在「完全版」が放送中)でも役とのギャップがあると感じましたが、今回もそうだなと。ギャップのある役柄が多くて面白いですね。

井上:だから、楽しいです! やっぱりそこがこの仕事のすごく楽しい部分だと思っているので。自分の要素を入れないと僕が演じる意味がなくなってしまいますし、日常ではないテンションを出せるのも役者の仕事ならではじゃないですか。日常では絶対に言えないことを言えるとか(笑)。だから、こうやって「ちょっと自分とは違うな」という役を演じるほうが楽しいです。

――スバルは素直で可愛い面もあると思うのですが、監督から印象的なディレクションはありましたか?

井上:撮影に入る前の本読みの段階から、監督は基本的に僕のやることを尊重してくれたので、勿論話し合いながら進めていく場面もありましたが、自分の思うように演じることが多かったです。だから、膝を抱えているところとかも敢えて作ったりしたんですけど。膝を抱えて椅子の上で座っているって、やっぱり僕の中ではスバルのイメージというか。そういうところも自分で考えてやっていました。

――100万人突破動画などコズミックの配信動画も公開されていますが、あれはまたドラマ本編とは違う雰囲気ですよね。今回はドラマ本編と配信動画を撮影されたと思いますが、特殊だと感じた部分は?

井上:それこそ100万人突破動画はライブ配信という設定なので、途中で切れないんですよ。今YouTubeで公開されている7分くらいの動画はノーカットで台本が全部あるので、緊張感はありました。どこかで誰かが間違えたらカットで、ゼロからまた7分間取り直さないといけないという。そういった経験は初めてだったのですごい新鮮でドキドキワクワクしながらやっていました。

台本の中にはやらなくてはいけないミッションみたいなのもあって。例えばスバルは甘いものが好きなので、それを強調させないと本編のヒナがりんごフラペチーノを飲んでいるシーンに繋がらないし、指輪もできるだけ見せないと……とか。だからセリフ以外にもやることがあったので、大変でした。

――コズミックの他の2人のメンバーはいかがでしたか?

井上:めっちゃ面白いです! 素の人間性が2人共面白くて! だからカメラが回っていないところでもめっちゃ仲良くなったし、ずっと話していたし、撮影が終わっても会っています。たぶん、その仲の良さも映像に出ていると思います。僕も観ながら感じるところもあったので、今後もそういうところも楽しみにしてほしいなと思います。現場もすごく楽しかったです。

――クライマックスに向けて見どころを教えてください。

井上:スバルはああいう形の展開を迎えましたけど、またヒナやりこめろ(中田クルミ)とは全然違う形の展開があります。ガチ恋と一括りには出来ないな、と思う人たちが出てくるので、見ていて飽きないです。

――私は原作を読者が1話ずつにコメントできるタイプのサイトで読んでいたのですが、後半はスバルの人気がすごくて、「スバルかわいい!」となっていて。

井上:悪いところがあまり見えなくなるからじゃないですか(笑)?

――素直だから、というのもあると思います(笑)。そして、ヒナのことをずっと想っているので、スバル人気が上がってくるのですが、スバルの見どころはどんなところでしょう?

井上:ヒナの大切さに気付くのってスバル篇が終わった後なんですよね。だけど、スバルがヒナのことを常に気にしているという場面は、めちゃくちゃヒナに対する気持ちを大切に演じています。だから本当は自分から言わないで、ドラマを観た方が「あ、今なんか気にしてる……!?」みたいに気付いて反応してくれるのを待ちたかったんですけど(笑)。

――すみません(笑)。

井上:いえいえ! 何をやるにしてもずっと頭の片隅にヒナが居るというのは意識して演じていました。

――スバルは意外と気遣い屋さんで、コズミックのメンバーの変化などに気付いて気遣ってくれますよね。

井上:そうですね。素直だから動けている、みたいな。やっていいのかな?こういうの言わないほうがいいのかな?とかいうのが彼にはあまりないかなと思っているので。良い意味でも悪い意味でもそれが行動に出ていますよね。

――個性的なキャラばかりですが、好きな登場人物は?

井上:ヒナ! すごく真っ直ぐで、自分のことのようにスバルのことを考えているし、何なら自分のことよりスバルのことを考えて動いているというか。それって簡単に出来ることではないじゃないですか。もし、今普通に恋人が出来たとしても、その人のことを自分と同じくらい大切にできるかと言われると、簡単なことではないと思うから。最後まで何があっても配信者としてのスバルを想い続けている真っ直ぐなヒナの姿が僕はすごく響きました。

――井上さんはあまりファンと対面する機会はないとおっしゃいましたが、ご自身がファンと接する上で心がけていることはありますか?

井上:僕がファンの方と接する機会があるとしたら、インスタライブとかになると思うんですけど。何だろう、意識していることはあまり多くはないですが、ファンの方には常に感謝の気持ちを伝えるようにしています。

――逆に、自分がファンの前だけで見せる表情はありますか?

井上:素であろうと思っています。普段の自分とあまり変わらないです。ありがたいことに僕のことを見たいと思ってみて下さっている方たちなので。ドラマとかの作品は、内容や他の役者さんを目的に見ていたら、たまたま僕が出演していたっていうこともあるじゃないですか。でも、僕のファンということは、数多くの俳優さんの中から僕を選んで見てくれているってことだと思うので、素の自分をみてもらいたいって感じです。

――今後、何かファンと交流を持ちたいと思いますか?

井上:それは、ずっと思っています。でもどうすればいいのかな、と。

――SNSはもちろん、今はコロナ禍の規制もだいぶ緩和されてきたのでリアルイベントも実施できる可能性はありますよね。

井上:そういうのもいずれは出来たらいいなと思います。もし開催できたら、一方的に話すのではなくて、一緒に話したい。少しの時間でも話してみたいです。

――井上さんが思わずファンになってしまう人はどんな人ですか?

井上:カリスマ性がある人。Vaundyさんの曲がいいなと思って聴いていたんですけど、ライブ映像を観たら、印象が全然違ってすごく惹き込まれて。最近ずっとVaundyさんのライブ映像を観ています。そういう秀でたものを持っている人にはやっぱり吸い込まれるように寄っていってしまうなと思います。

――自分がファンになってもらうために、気をつけていることや意識していることはありますか?

井上:僕もそういう人に惹かれるし、それこそ「才能に恋をする」とか言ったりするじゃないですか。だから他にはない、自分にしかないものをできるだけこれから見つけて、作って、そういうところを好きになってもらえるように頑張ろうと思っています。だから、自分の中の、少し人と違うところは大事にしようと思っています。

――今自分自身で思うアピールポイントは?

井上:他にもいらっしゃると思うので、全面的に出すわけではないですが、気持ちや心が漢(オトコ)みたいな部分ですかね。ずっと体育会系で育ってきたのもあるので、負けないところでもあるし、大事にしようと思っているところです。

――そういった背景もあり、井上さんの男気のある雰囲気が醸し出されているんですね。今回のスバルを見て、本当に色々なキャラにコロコロ変わられるところが魅力的だなと思いました。

井上:ありがとうございます。出来ているか不安ですけど……(笑)。

――では、ラストまで楽しみにしている方にメッセージをお願いします!

井上:最初から最後までいろんな登場人物がいて、そういう人達の良いところも悪いところも隠さずに描いているというか。最初から最後までずっと展開が重なり続けているので、ぜひ最後まで見届けてほしいなと思います。スバル篇が終わっても、スバルなりの葛藤も色々あるので、そういうところにも注目していただけると嬉しいです。

――ありがとうございました!

[撮影:曽我美芽]

ドラマ「ガチ恋粘着獣」
ABCテレビ(関西) 毎週日曜よる11時55分
テレビ朝日(関東) 毎週土曜深夜2時30分
※TVerにて第一話〜第三話&最新話を無料配信中!
 Huluではこれまでの放送話を全話配信中!

関連記事:
井上想良も若返る小宮璃央の眩しいキラメキ!? キスシーンは「緊張感がリアリティーに繋がった」BLドラマ『永遠の昨日』撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/111213

コズミックのリアル配信動画公開!ドラマ『ガチ恋粘着獣』ついに第1話放送 静電気で壁にくっつくポスターなどグッズも発売
https://otajo.jp/113895[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

放送情報

・ABC テレビ(関西)
4 月 9 日スタート 毎週日曜よる 11 時 55 分 ※初回は深夜 0 時〜
・テレビ朝日(関東)
4 月 8 日スタート 毎週土曜深夜 2 時 30 分
※最新話を TVer で見逃し配信&Hulu で全話配信!

【キャスト&スタッフ】
出演: 香音 石井杏奈 / 井上想良 山下幸輝 松本大輝
中田クルミ 平井亜門 志田こはく 小野翔平 塩﨑太智 ・ 小島藤子
【第一話ゲスト】 三原羽衣
原作: 星来「ガチ恋粘着獣~ネット配信者の彼女になりたくて~」(ゼノンコミックス/コアミックス)
脚本: 三浦希紗 開真理 鈴木裕那
監督: 朝倉加葉子
音楽: 近谷直之
オープニングテーマ: 「ALL MINE」 iScream(LDH Records)
エンディングテーマ: 「過剰本能」 ONE LOVE ONE HEART(avex trax)
プロデューサー: 辻知奈美 近藤紗良(C&I エンタテインメント)
アソシエイトプロデューサー: 村山えりか(C&I エンタテインメント)
制作協力: C&I エンタテインメント
原作協力 コアミックス
制作著作: ABC

【番組公式ホームページ】
https://www.asahi.co.jp/gachikoi/

【番組公式SNS】
◆公式 Twitter https://twitter.com/gachikoi_drama
◆公式 Instagram https://www.instagram.com/gachikoi_drama/
◆公式 TikTok https://www.tiktok.com/@dramal_abc
◆公式 LINE アカウント https://lin.ee/a3mKfaf

【原作情報】
発行部数 80 万部超
電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」のマンガランキング
総合 1 位(2022/9/20 時点)を獲得
星来 『ガチ恋粘着獣
~ネット配信者の彼女になりたくて~』
(ゼノンコミックス/コアミックス)
ゼノンコミックス1〜10 巻 絶賛発売中!

◆1話試し読み
https://comic-zenon.com/episode/10834108156770278846
(C)星来/コアミックス

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP