Otajo -オタ女-

Today is
Jun 19 2019

記事

夢の世界に誘われた『Disney 声の王子様』初ライブ!作品イメージの豪華衣装にアニメ映像付き朗読劇でファンを魅了[夜の部レポート]


昨年9月に発売したディズニーの名曲を人気男性声優が歌唱する、5年ぶりとなる夢のカバーアルバム『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Selection』。CD発売を記念して2019年6月9日に初開催されたライブイベント『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2019』夜公演の模様をレポートします。

幕張メッセで開催された今回のライブイベントは昼・夜合わせて1万席以上となるチケットが即日完売、全国33館でのライブビューイング上映も行われました。さらに本ライブのBlu-rayが11月22日(金)に発売されること、シリーズ新キャストも解禁となりました。

CDに収録されているのは13曲ですが、今回のライブでは初披露の楽曲も用意。ソロ楽曲では、キャストがそれぞれ歌唱する作品やキャラクターのイメージを取り入れた衣装をまとい、アニメーション映像もふんだんに使用、朗読パートもあるなど、この日しか体験できないスペシャルな夢のディズニーライブが繰り広げられました!

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
https://otajo.jp/79079[リンク]

1曲めから複数キャストによるサプライズ楽曲で大盛り上がり

なんと場内には森川智之さんがアナウンスする諸注意が流れ、開演前からディズニーランドに来たかのような気分を盛り上げる演出が。

そして、ライブが幕を開けると、お城をモチーフにしたステージセットの両脇から塔の模様をあしらったトロッコが登場。キラキラとした白い王子様衣装に身を包んだ上村祐翔さん、江口拓也さん、小野賢章さん、山下大輝さんが乗り込み、大ヒット映画『ズートピア』のテーマソング「トライ・エヴリシング」を歌唱。1曲めからCDには収録されていない楽曲というサプライズでスタート! キャストは「一緒にー!」と観客に「オオオオオオー」の声を求め、爽やかな「やるのよ」の高音ボイスが響き渡りました。

ステージに賑やかなジャングルのイメージが映し出されると、ボタニカルデザインのジャケット衣装で石川界人さんが登場。ロックテイストにアレンジされたキング・ルーイの「君のようになりたい」(映画『ジャングル・ブック』より)をダンサーと一緒にパフォーマンス。炎の柱がいくつも上がる迫力の演出に会場の熱も一気に上がります。

スクリーンに映画『ライオン・キング』のシンバ、プンバァ、ティモンの映像が映し出されると、父親の畠中洋さんが2代目プンバァを担当しているという繋がりをもつ畠中 祐さんが「ハクナ・マタタ」を軽快なダンスと共に披露しました。

「キス・ザ・ガール」でキャストの連続投げキッスに歓声!

そして、オープニングとは異なる、赤いセバスチャンカラーのジャケット衣装にチェンジした江口さんがステージ上に現れると、ステージはアフリカの大地から海の中へ……。

江口さんが映画『リトル・マーメイド』のストーリーを読み上げると、花江夏樹さんが登場し、アリエルの「パート・オブ・ユア・ワールド」を歌い上げます。まるで海中を漂うようなふわりとなびく水色の衣装の花江さんが、みずみずしい歌声で会場を酔わせました。

続く江口さんは、ポップな曲調にアレンジされた「アンダー・ザ・シー」で「僕の後に“アンダー・ザ・シー”と言ってください!」と呼びかけ、観客とコール&レスポンス。会場の一体感を盛り上げます。

そして花江さんも『リトル・マーメイド』のストーリーの続きを朗読すると、ライブで初披露の楽曲「キス・ザ・ガール」に突入。白い王子様衣装の花江さん、石川さん、畠中さん、羽多野 渉さんから「キスして」と投げキッスが飛び出すたびに、観客から大きな歓声が! 背景に流れるアリエルとエリック王子の映像に相まって甘い空気が漂いました。

シャンデリアが煌く『美女と野獣』パート

再び小野さんがステージに現れ、映画『美女と野獣』の導入部分のあらすじを読み上げると、明かりの灯ったシャンデリアがセンターステージの上で輝き、作品世界へ誘います。

シルバーのジャケット衣装に身を包んだ日野 聡さんによる、「ディナーをどうぞ」のセリフでルミエールの「ひとりぼっちの晩餐会」がスタート。お皿を持ったダンサーたちと一緒にセンターステージまで出てくると、ルミエールの語り部分を情感たっぷりにパフォーマンスしました。

そこから、羽多野さんが『美女と野獣』のクライマックスへ続くシーンを朗読。ベルのセリフを熱演します。

呪いが解けると、野獣(ビースト)を彷彿とさせるブルーのジャケット衣装の佐藤拓也さんが登場し、スモークが漂う幻想的なステージの上で名曲「美女と野獣」を披露。ベルと野獣イメージの衣装を身にまとったダンサーが華を添え、会場中央にはシャンデリアが煌めく、うっとりした時間が流れました。

『アラジン』の名曲や朗読劇にテンションが上がる!

続いて雰囲気が一転、現在実写映画も公開中の『アラジン』の世界へ。アラジンをイメージした紫色のジャケットを羽織った上村さん、ジャファーをイメージした黒と赤のローブをまとった前野智昭さんが登場し、黒の燕尾服を着た畠中さんがナレーションとジャスミン&王様のセリフを担当。バックに流れるアニメーション映像に合わせ、3人で『アラジン』の物語を紡いでいきます。

魔法のランプからジーニーが飛び出すように、武内駿輔さんがステージ上にジャンプして登場。水色にゴールドと赤のアクセントが入った衣装で、「フレンド・ライク・ミー」をノリノリでパフォーマンス。真っ青な会場のライトと噴き出る炎で、まるでジーニーの魔法を見ているようなワクワクするステージを繰り広げました。

武内さんもジーニー役で参加し、朗読劇は続きます。そしてアラジンの甘い名台詞「僕を信じて」が、上村さんの澄んだ美声で発せられると、ここでも歓声が。満点の星空と雲の美しい映像が映し出される中、「ホール・ニュー・ワールド 」を歌い上げました。

まさかの『ヘラクレス』の名曲「ゼロ・トゥ・ヒーロー」を初披露

山下さんが映画『ヘラクレス』の導入となる、ヘラクレスの旅立ちまでのお話を読み上げると、ジャファーとは打って変わり、ギリシャ神話の登場人物を思わせるような軽やかなマントがなびく白い衣装でセンターステージに現れた前野さん。

神々しさを感じさせる暖かなライトの中「Go the Distance」を披露し、「翼を広げ」の歌詞の部分で広げたマントがキラキラと煌めきました。

そこから、アップテンポなイントロが流れると、白い王子様衣装の佐藤さん、武内さん、日野さんがセンターステージに合流! 前野さんと共にライブ初披露の楽曲「ゼロ・トゥ・ヒーロー」を手拍子の中歌唱。「ヘラクレス」のコールを求める4人の笑顔と、スーパーヒーローを称える明るいナンバーに観客のテンションも上がり、歓声と拍手が沸き起こりました。

マイクのコミカルな演技に笑いが!

続いて、佐藤さんが映画『モンスターズ・インク』のあらすじを朗読。

サリーとマイクをイメージした、青いファーがあしらわれたカジュアルなジャケット姿で登場した羽多野さんは「君がいないと」をサリーのパートとマイクのパートを見事に歌い分けていきます。マイクのコミカルなセリフを再現する羽多野さんに、会場からは思わず笑い声が上がる場面も。

そして、日野さんが映画『トイ・ストーリー』のあらすじを紹介。『トイ・ストーリー3』で大人アンディを演じた小野さんは、カウボーイのイメージをデザインに散りばめたジャケットとデニム姿で『トイ・ストーリー2』よりジェシーの切ない気持ちを歌う「ホエン・シー・ラヴド・ミー 」を披露。ウッディを連想させる赤いスカーフを首に巻いたダンサーと一緒に、ダンスを交えてパフォーマンスしました。

続いて、石川さんが昨年の大ヒット映画『リメンバー・ミー』の物語を読み上げると、主人公・ミゲルが劇中で着ているパーカーをイメージした、赤に白のラインが入ったスタジャン風のジャケットとデニムを合わせたカジュアルな衣装で現れた山下さん。

劇中でキーアイテムとなる“白いギター”がデザインされたジャケットを羽織りながら、元気よく飛び跳ね、エアギターのパフォーマンスでミゲルを体現してみせました!

「ミッキーマウス・マーチ」のダンスがかわいい!

ライブもいよいよクライマックス。石川さんの「みなさん、夢のような時間は過ごせましたでしょうか?」の呼びかけに、会場からは「イエーイ!」の大歓声。「俺も。すごい楽しかったし心が動かされました」と語る石川さんは、実は今回が初めてのライブ出演。人生で初めて出演者としてディズニーのライブを過ごせたことを「本当に幸せに思っています」と噛み締めていました。

そこから、キャストそれぞれが挨拶。「あっという間でした」、「大好きなディズニーの楽曲に囲まれて楽しい時間になりました」、「これからもディズニーを愛していきましょうね」と口々に語り、緊張したという畠中さんからは「今、みんなでディズニーランドに行きたい!」のコメントも。

さらに、花江さんから「マイ・プリンセス」、日野さんから「愛しのマドモアゼル」といった甘い言葉が飛び出し、またしても歓声が起こりました。

白い王子様衣装で初めて12人全員がステージ上に揃うと、「星に願いを」を合唱。会場にはキャストカラーの星がひらひらと上空から舞い落ちていきました。

ついにラストの楽曲となり、観客もキャストも名残惜しそうな中、「全力で歌ってくださいね!」の合図から「ミッキーマウス・マーチ」が流れ、会場一体となって「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」とコール。センターステージに集まった12人は、パーに開いた手を頭にあて、ミッキーの大きな耳を表現した可愛らしいダンスで盛り上げました。


最後はそれぞれ2人組になり、仲良くハートを作ったり投げキッスをして退場。どの組み合わせで何をしていたかは、ぜひBlue-rayのクリアな映像で確かめてください。

豪華な衣装に、この日だけの朗読パート、このライブでしか聴けない組み合わせでの人気楽曲のパフォーマンスなど、本当に夢のようなステージとなった『Disney 声の王子様』初ライブ。終演後は再び森川さんのアナウンスが流れ、最後の最後までパークにいるような空間を演出していました。

今回のライブ映像は、11月22日(金)にBlu-rayで発売決定。初回生産限定盤(Blu-ray+CD)には、バックステージ映像ほか、ライブで披露され初めて音源化される「トライ・エヴリシング」「キス・ザ・ガール」「ゼロ・トゥ・ヒーロー」「星に願いを」の4曲が収録されます。

また、新キャストでのシリーズCDの新作、そして来年2020年のライブ開催も発表され、今後も新たなディズニーの魅力を楽しむことができそうです。

【Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2019 セットリスト】
01. トライ・エヴリシング[ズートピア] /上村祐翔、江口拓也、小野賢章、山下大輝
02. 君のようになりたい [ジャングル・ブック] /石川界人
03. ハクナ・マタタ [ライオン・キング] /畠中 祐
04. パート・オブ・ユア・ワールド [リトル・マーメイド] /花江夏樹
05. アンダー・ザ・シー [リトル・マーメイド] /江口拓也
06. キス・ザ・ガール[リトル・マーメイド] /石川界人、畠中 祐、羽多野 渉、花江夏樹
07. ひとりぼっちの晩餐会 [美女と野獣] /日野 聡
08. 美女と野獣 [美女と野獣] /佐藤拓也
09. フレンド・ライク・ミー [アラジン] /武内駿輔
10. ホール・ニュー・ワールド [アラジン] /上村祐翔
11. Go the Distance [ヘラクレス] /前野智昭
12.ゼロ・トゥ・ヒーロー[ヘラクレス] /佐藤拓也、武内駿輔、日野 聡、前野智昭
13. 君がいないと [モンスターズ・インク] /羽多野 渉
14. ホエン・シー・ラヴド・ミー [トイ・ストーリー2] /小野賢章
15. リメンバー・ミー[リメンバー・ミー] /山下大輝
16. 星に願いを /ALL CAST
17. ミッキーマウス・マーチ(オールスターver.)[ミッキーマウス・クラブ] /ALL CAST

ライブBlue-ray情報

◆商品名:Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2019 初回生産限定盤(Blu-ray+CD) 
◆発売日:2019年11月22日(金)
◆価格:9,160円+税 (EYXA-12605/B)
◆収録内容:ライブ本編映像(夜の部)、特典映像(バックステージ映像)
◆特典:スペシャルな4曲が収録された豪華特典CD付き!
1、トライ・エヴリシング[ズートピア] 上村祐翔・小野賢章・羽多野 渉・山下大輝
2、キス・ザ・ガール[リトル・マーメイド] 石川界人・江口拓也・畠中 祐・花江夏樹
3、ゼロ・トゥ・ヒーロー[ヘラクレス] 前野智昭・佐藤拓也・武内駿輔・日野 聡
4、星に願いを 全員歌唱
※商品内容は予告なく変更となる可能性がございます

◆公式サイト:http://avex.jp/Disney-voicestars/[リンク]
◆公式Twitter:@voicestars_PR

(C)2019 Walt Disney Records
Presentation licensed by Disney Concerts. (C)Disney

関連記事:
『Disney 声の王子様』新キャスト&ライブ開催発表!浅沼晋太郎・木村昴・古川慎ら人気声優&小澤廉・高野洸など若手俳優陣12名
https://otajo.jp/79038


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / シネマ / / 音楽の新着記事一覧

PAGE TOP