Otajo -オタ女-

Today is
Jan 27 2021

記事

おさがりばかり着ているのは子供っぽい!? お兄ちゃんと一緒じゃないと寝れない妹が大人に憧れるマンガが微笑ましい


『アリノス☆ワンダーランド』(まんがタイムKRコミックス)の作者の枕辺しょーまさん(@yumemakurar)が、Twitterに創作マンガ『お兄ちゃんっ子の女子中学生、大人の女性を目指す』を発表。お兄ちゃん大好きだけど、大人の女性に憧れる咲良がおさがりの服を返すことで子供っぽさから脱却しようというストーリーになっています。

大学が休みの日によく遊んでくれる隣の家の紬お姉ちゃんのことを素敵な大人と慕っている咲良。ティーカップを手に「…あら?咲良ちゃん、その服って確か…」と聞かれて、「あ、お兄ちゃんのおさがりだよ」と答えて、「だよね、見たことあるなって。うふふ、ホントにお兄ちゃんっ子だね。かわいいなぁ」と言われてしまいます。

紬お姉ちゃんの言葉に「…もしかしてお兄ちゃんのおさがりって…子供っぽい!?」となった咲良。家に帰って、お兄ちゃんから「おーい、あんまり着ない服あるんだけど見てみるか?」と言われて「あっ、見てみるー…。…やっぱり今回はいい…」と返します。

「…三分の一はお兄ちゃんのだな」となった咲良。「大人の一歩だ。…返しに行こう」と決意しますが、ふとお兄ちゃんのパジャマに目をやって、二年前のことを思い出します。

一緒のベッドに入る咲良。「前の家と違って自分の部屋あるんだからそっちで寝ろよな。中学生になったんだから」とお兄ちゃんに言われますが、「ちっちゃい頃から一緒に寝てるからさ~一人だと寝れないんだよ~」とダダをこねます。すると、お兄ちゃんはパジャマを脱ぎ、枕に結んで「それ部屋に持っていけば俺がいる雰囲気出んだろ」といい、「そんな無茶なー!!」と涙目に。

「ほらほら、部屋で寝る!」と追い出されて、ぐすんとしながら自分のベッドで寝たことを思い出した咲良。「…これは返さないでおこう」となります。お兄ちゃんのところに行って、「ん?もう着ないって?ならそこに置いときな。にしても…」と言われて……。

「急にどうしたんだ?」「咲良はもう大人の女なので」とむふーとなる咲良。そこからお風呂に入って……。

湯船で「これで紬お姉ちゃんに一歩近づいたっ」と伸びをする咲良。部屋でお兄ちゃんのパジャマに袖を通し、あくびを一つして枕を抱きしめながら……。

お兄ちゃんの部屋に行って、ベッドに入り腕にしがみついて幸せそうな顔で眠りはじめる咲良。実はあの時パジャマを貰っても一人で寝れずにいて、今もそのまま。「どこが大人の女なんだ…?」となるお兄ちゃんでした。

枕辺さんによると「“おさがり”という言葉をテレビか何かで耳にして、メモしていた事がきっかけでした」というこの兄妹マンガ。「そこから兄のおさがりを着ている妹は可愛いなとか、ふとしたきっかけでそれを恥ずかしがったら可愛いなとか連想していきました」といいます。また、この兄妹は「咲良は中学3年生、兄は高校2年生です。貧しかった幼少時代を兄妹の絆で乗り切ったという過去があります」とのこと。

「毎日寝る前に少しずつTwitter漫画を描き進めていて、その進捗や他の活動情報も頻繁につぶやいていますので、ぜひチェックよろしくお願いします!」という枕辺さん。可愛らしいキャラ&ストーリーが読みたいという人は要チェックです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/yumemakurar [リンク]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP