Otajo -オタ女-

Today is
Sep 25 2022

記事

映画『ツーアウトフルベース』主題歌は「良い意味で荒々しい」初挑戦のジャンル!阿部顕嵐インタビュー 7ORDER楽器シャッフル企画も希望!?

『ミッドナイトスワン』の内田英治氏によるオリジナル脚本に、デビュー作『レディ・トゥ・レディ』で注目を浴びた気鋭の新人監督・藤澤浩和氏がメガホンを取った映画『ツーアウトフルベース』(3月25日より全国公開中)の主演を務めた阿部顕嵐さん(7ORDER)の撮り下ろしインタビューをお届けします。この記事だけの動画コメントも!

甲子園出場という破れた夢を引きずり、堕落したジャンクな日々を送る元高校球児のイチとハチ。ドラッグと高級アメ車に手を伸ばしたことからハプニングが大勃発! 最強ヤクザと最恐の不良、さらにはポンコツ刑事にまで追いかけられる人生サイアクの1日を疾走するハメに……。クエンティン・タランティーノやガイ・リッチーを彷彿とさせる時代&時制シャッフルを駆使したハイテンポ&ハイテンションのセカンドチャンス劇です!

堕落の日々を送るもバンド活動を夢見てもがく元高校球児のイチを阿部顕嵐さんが演じます。

また、今作の企画プロデュースを務め、アントニオ役でも出演されている新羅慎二さん(湘南乃風・若旦那)と大沢伸一さんが書き下ろした主題歌「レスポール」を7ORDERが担当しています。

阿部さんに本作の撮影エピソードや、相方の「ハチ」を演じた板垣瑞生さんの印象、さらに本作の主題歌を担当する7ORDERについてもお話を伺いました。

――今作は阿部さんの主演が決まってから、相手役となるハチのキャストオーディションに阿部さんも同席していたと板垣さんから伺いました。珍しい形ですよね。

阿部:僕も初めてでした。ですが、僕も初めて会う方と一緒にお芝居が出来て、とても学ぶことが多かったですし、本当に印象深い時間で、一生忘れないだろうなと思います。

――オーディションの際に、板垣さんはやはり違うというか、ハチ役にハマったと感じる瞬間があったのでしょうか。

阿部:僕と相性がいいというか、波長が合いそうだなと思いました。お互い人見知りだったし、言葉にするのは難しいんですけど、しっくり来た感じはしました。

――ものすごく仲良くなったと板垣さんから伺いました。一緒に出かけたりもされていたとか。

阿部:めちゃくちゃ仲良くなりましたね、ずっと一緒にいたので。空き時間があったら、すぐに一緒にどこかに行くという感じでした。最初は何も考えていなかったけど、勝手に仲良くなりましたね。

――板垣さんの印象を教えてください。

阿部:瑞生は、言うことはズバッと言うし、すごく気持ちが良くて。気を遣わないなという印象です。

――とてもフレンドリーな方ですよね。

阿部:そうですね。すごく人当たりがいいし、たぶん人と話すのは好きだと思うので。けれど、現場だとそうじゃないときもあるから、逆にそこが人間っぽくていいなと思います。

――今回は7ORDERメンバーの諸星翔希さんもご一緒に出演されています。共演された想いや、現場でのやり取りなどあれば教えてください。

阿部:やっぱりグループのメンバーと一緒の作品に出ることは特別なことです。だからといって、現場ではそういうことを特に意識せずに接していました。メンバーだからたくさん話すというようなことはなく、タイミングがあったら話すくらいで、ナチュラルでした。

――監督がキャストの意見や提案を聞いてシーンに反映されていったそうですが、役作りについて阿部さんから提案されたことは?

阿部:監督とたくさん話し合って、何度もリハーサルを重ねました。表面的なことを言うと、声のトーンだとか、芝居のワークショップ的なこともたくさん実施してくださって、僕はより深くお芝居が好きになりました。
あとは、監督が僕らの意見をたくさん聞いてくださったので、髪色とかも提案したりしましたね。黒髪やパーマという案など、「どうですか?」と話をして一緒にイチの外見を作っていきました。撮影が始まってからは、そういう話をたくさんしすぎて逆に覚えていないというか、どこのシーンでアイデアを出したかな、というほどです。

――板垣さんも同じようにおっしゃっていました(笑)。

阿部:そうですよね。結構そうやって話し合うことがたくさんあったので。でも、監督が最後に「良かった!」と言ってくださるので、安心しました。

――髪色も阿部さんから金髪がいいんじゃないか、とご提案されたのですね。

阿部:はい、話しましたね、金髪か黒髪か。あとは瑞生との「イチ」と「ハチ」のビジュアルイメージや、衣装との兼ね合いもあったから、「服が真っ黒だから黒髪だと沈んじゃうね」と話をしたのを覚えています。

――現場で生まれていくものがとても多かったようですね。

阿部:多かったですね。ちょっと何かできる隙間があったら、何かやってやろう!みたいなことは僕も瑞生も思っていました。現場では作品がより面白くなるようにと、常に考えていました。

――印象に残っているシーンは?

阿部:海辺でギターを売るシーンで、アントニオが来るまで僕と瑞生が車の前で待っていたんです。何テイクか撮ったんですけど、あのシーンはけっこう毎回アドリブで(笑)。待つまでに何をしていようか、と2人で話し合って、小石を投げ合ったりとか、色々していた思い出はあるんですよ。あんまり使われてはいませんが(笑)。

――それを経てのOKシーンですからね(笑)。

阿部:セリフがある部分だけじゃなく、そういったところでも「何がいいかな?」と、楽しく話し合いながら作っていました。

――改めて、「イチ」をどんな人物だと捉えて演じられましたか?

阿部:後先考えずに行動するって、良くも悪くもすごいことだと思うし、だけどやると決めたらやり通す。その度胸を持っている人だなと思っていました。でも、そんなことは置いておいて、まずはバカだなという第一印象がありましたね。クールぶっているバカ。イタすぎるわけではないけど、ちょっとイタい奴だなと思っていました。
あとは、イチはハチを連れ回しているようで、僕はハチに連れ回されていると思っているんです。瑞生にこれを言っても「そうかな?」って否定されるんですけど。

――それは結構わかる気がします。

阿部:ですよね。イチがハチを連れ回しているようで、実はきっかけになるような、ギターを売るところや、ケンカして別れて行ってしまうところも、結構ハチが先導して、イチは振り回されているという印象なので、実はイチはすごい芯があるようでない人物だなと思っていました。

――今回、主題歌「レスポール」を7ORDERでご担当されていますが、どんな楽曲になっていますか?

阿部:僕らが普段やっている楽曲とは全然毛色が違っていて、初めて挑戦するジャンルでした。すごく僕の好みの曲調だし、この映画のために新羅慎二さんと大沢伸一さんが書いてくださった曲なので、完成して本当に嬉しかったですね。
新羅さんから「どんな曲がいい?」と聞かれて、僕はUKロックが好きなことや、少し暗い曲のほうがこの映画に合うと思うという話をしました。そうしたら、シューゲイザーというジャンルがいいよ、と提案してくれて、そういう系統の曲を聴かせてもらって「いいですね!」と言ったら、「じゃあこういう曲を作るから、何かあったら言って」と。実際に出来上がった曲を聴かせてもらったときは、何も言えないくらい良くて、全く口を出していないです(笑)。本当にすごくカッコいい曲でした。

――メンバーは今回の曲についてどんな反応ですか?

阿部:メンバーもカッコいいと言ってくれています。でも「俺らに歌いこなせるかな?」みたいな話はしていました。ツアーでも披露したんですが、初めて演奏したときは、とても難しかったです。

――聴きどころやオススメポイントは?

阿部:最初の5秒がすごく好きで。入りがカッコいいなって。最近ああいう感じの曲を聴いていなかったので、キレイ過ぎないというか、良い意味で荒々しい感じが、僕好みです。

――7ORDERは今年の5月で3周年を迎えますが、昨年からの大規模な全国ツアーも経て、ファンの反応などいかがですか?

阿部:3年めか……、早いな~。もっと頑張らないとなぁ。

――いや、すごく活躍されていますよ!

阿部:いやいや! ファンの反応は直接的には今コロナ禍という状況もあるのでわかりづらいですが、やっぱりツアーではマスクで隠れていても笑顔だなというのがわかりますし、会場が揺れる感覚は伝わってくるので嬉しいですね。だけど、直接的な反応がわからないので、僕も知りたいです。

――SNSのコメントなどに寄せていただきたいですね。

阿部:そうですね、コメントなどでぜひ! 良いことも悪いこともほしいですね。

――もうすぐ3周年となりますが、変化は感じられていますか?

阿部:うーん、変わったのかなぁ? でも、やりたいことが少しずつ出来る環境になりましたね。周りの人がすごく支えてくれる環境になりました。他のメンバーはわからないけど、僕は特に変わっていないから、環境が良い意味ですごく変わったなと思います。

――以前、安井さんにお話を伺ったときに、1周年で顔つきがすごく変わったとおっしゃっていました。

阿部:あ、そうなんですね。全員ですか? 僕はあんまり顔変わらないんだけどな。あ、でも他のメンバーは変わったって話をしていました! 大人っぽくなったとか、引き締まったとか。僕はずっと締まっているので(笑)。

――映画の主題歌も今回決まりましたが、これから7ORDERでやってみたいことは?

阿部:担当する楽器をシャッフルしてみたいですね。すごく大変だと思うんですけど、挑戦してみたいなと思います。

――阿部さんは何をご担当したいですか?

阿部:いや~、出来るならドラムですよ。でもこんなこと言ったら萩ちゃんに怒られるから(笑)。「そんな簡単に言うなよ」って言われるだろうけど、本当にドラムはカッコいいなと思うので、やってみたいなと思っています。

――1曲くらいシャッフル企画いいですね!

阿部:猛練習ですよ。ドラムとかってなかなか自宅で練習できないので大変ですよね。やっぱり家ではドラムが一番練習しづらいらしいです。ドラムパッドとかを買っても、全然本物と違うからと言っていました。足もあるし。どうやって練習するんだろうな?と。本当にみんな大変だなと毎回思います。

――では、ご自身の活動でやってみたいことや目指すことを教えてください。

阿部:たくさんありますが、役者としていろんな役をやってみたいです。時代劇はいつか必ずやりたいですね。そのためには、馬をキレイに乗れるようになりたいです。今も乗れますが、もっとしっかり乗りこなしたいです。乗馬ライセンスもあるので、取得したいなと思いながら、現実的には結構お金と時間がかかるので……(苦笑)。なかなか難しいですが挑戦していきます。

――楽しみにしています。鎧兜など甲冑を纏って馬に乗る可能性もありますよね。

阿部:乗りたいですね! でも大変そうですよね(笑)。まずは普通の軽い服で山を登れるくらいまでになりたいです。

――最後に作品を楽しんでくださる方にメッセージをお願いします!

阿部:この映画は展開が早いので絶対に飽きさせない作品だと思いますし、僕自身、すごくハラハラドキドキさせられたので、観てくれたら絶対にハラハラドキドキして心が動かされると思います。まずは何も考えずに、1回スラッと観て楽しんでください!

――ありがとうございました!

[撮影:周二郎]


動画:映画『ツーアウトフルベース』主演・阿部顕嵐さん(7ORDER)から独占コメント!
https://youtu.be/Y9LDYbQ6r_A[YouTube]

映画『ツーアウトフルベース』絶賛上映中!

関連記事:
映画『ツーアウトフルベース』はリアルなヒーロー像 板垣瑞生インタビュー「阿部顕嵐が思うカッコいいを出してくれるところに惚れた」
https://otajo.jp/106924

2周年を迎えた7ORDER 長妻怜央が新体操に初挑戦!舞台『タンブリング』インタビュー“ひねくれキャラ”は「不器用過ぎて愛せる感じに」
https://otajo.jp/100219[リンク]

7ORDER始動から1年「今はもっと成長してます」安井謙太郎インタビュー『死神遣いの事件帖』舞台は衝撃の内容に!
https://otajo.jp/89667[リンク]

萩谷慧悟(7ORDER)と行く「東京ディズニーシー」満喫レポート! 20周年のグリーティングにスペシャルメニューも
https://getnews.jp/archives/3217445[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

作品概要

映画『ツーアウトフルベース』2022年3月25日(金)全国公開
<物語>
堕落した日々を送る、元高校球児のイチとハチ。
ひょんなことからヤクザと半グレ、さらには警察にまで追いかけられる人生最悪の 1 日がはじまった――。
かつてはプロ入りが期待されるほどの高校球児だった「イチ」と「ハチ」。甲子園出場が決まり、明るい未来が待っているはずだったが、部内で起こった不祥事により出場が取り消されてしまい、そこからふたりの転落人生がはじまった…。
10 年後、薬物に溺れ堕落した生活を送っていたふたりは、ひょんなことから町のヤクザに因縁をつけられ、ヤクザと不良グループによる血みどろの抗争に巻き込まれていく。まさに絶体絶命な状況に追い込まれるふたり。思い出すのは 10 年前の甲子園が決まったあの日のマウンド。二死満塁。ふたりはこの状況を打開できるのか?そして止まってしまっている人生の歯車をもう一度動かすことができるのか…。
================================================
阿部顕嵐 板垣瑞生
工藤 遥 諸星翔希 渡部龍平 趙珉和 宮崎秋人 成松修 佐野和真
新羅慎二 カトウシンスケ 後藤剛範 / 渋川清彦
企画プロデュース:新羅慎二 脚本:内田英治 監督・脚本:藤澤浩和 音楽:吉岡聖治 主題歌:7ORDER「レスポール」(日本コロムビア)
エグゼグティブプロデューサー:加藤和夫 プロデューサー:菅谷英智 中島裕作 キャスティングディレクター:杉山麻衣 宣伝プロデューサー:丸山杏子
撮影:伊藤麻樹 照明:井上真吾 美術・装飾:松塚隆史 編集:小美野昌史 録音:内藤和冬 助監督:米倉祐依 アシスタントプロデューサー:藤田航平
制作担当:原田博志 ヘアメイク:清水美穂 スタイリスト:神恵美 CG:若松みゆき
======================================================
製作:日本コロムビア KSR 東映ビデオ 制作プロダクション:RIKI プロジェクト 配給:東映ビデオ
(C)2022「ツーアウトフルベース」製作委員会
公式サイト:twooutfullbase.com[リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP