Otajo -オタ女-

Today is
Jul 30 2021

記事

「これが擬似百合か」「WINWINが天井知らず」 女装趣味の夫を全力でサポート&肯定する奥さんのマンガが謎の幸福感

結婚3年目になって、夫の浮気かと思いきや女装趣味が発覚してキュンキュンしてしまった妻を描いている寅尾あかまるさん(@akafujipiyokoo1)のマンガ『夫の女装が可愛い話』。もともと寅尾さんが「浮気のニュースにむしゃくしゃして描きました」という作品ですが、その後を描いた話にも読者から「良き夫婦」「かわいすぎで死ねる」といった反応が多数集まっています。

※参考記事 夫が持っていた写真の娘の正体は……!? 浮気心を抱いてしまった妻のマンガに「実質百合」「最高の夫婦」の声
https://otajo.jp/92511 [リンク] 

「夕子に聞いた化粧水のおかげで肌の調子がいいよ」という夫に「超可愛い」と思っている奥さん。ですが、「実は戸惑っている。女装した夫に恋したなんてやっぱり変だ。この感情は抑えなくては」と考えています。それを知ってか知らずか、「なあ夕子…。正直こういう格好した俺をどう思う?」と夫に訊かれて「え…可愛いと思うわよ」と答えると、「君に可愛いって言われるのが何より嬉しい」とぱあっと笑顔になったのに、抑えられず「好きィィー!!」となるのでした。

一方の夫。「女装の趣味を打ち明けてから妻が変わった」といいます。「あなた…。今日のご飯、サムゲタンでコラーゲンたっぷりよ! あ、可愛いコスメ見つけたの!今度プレゼントするわね!」といい、むくみに利くお茶や部屋の加湿もバッチリ! 「ありがとう、夕子…」と思う夫もどんどん可愛くなり、それにつられて奥さんも肌ツヤがよくなっているのでした。

「そういえばあなたって昔から私の髪型やメイクの変化に敏感だったわね」という奥さん。「正直遊び人だって疑っていたわ」と言われてひとしきり笑った後で、「可愛くなるのって努力がいるからね」と夫。「例えばナチュラルで可愛く見えてもそれは“すっぴん”という訳ではなく、ファンデしなくとも下地やヘアケア等、実は皆色々やっているんだよね。俺も色々研究したんだよなあ」と続けます。それを聞いて「あなたにメイクしてもらったら私も可愛くなれるかしら」と言い出した奥さんに、「えっ。メイクしていいの!? いつもキレイだけどー-」と前のめり。大量のメイク道具を出してきて、いざ取り掛かりますが……。

夫の女装顔が間近になって「無理~!」となった奥さん。「女装した夫の顔面アップは更に心臓に悪いわ…」と思い、夫は夫で照れてメイクどころではなくなります。「結婚して!あっ、結婚してるか! あーまじ可愛い!もう本当可愛い!なんでそんなに可愛いのー!」という奥さんに耳と頬を押さえて恥ずかしがる夫。大事なのはメイクよりも何よりも自己肯定感が育つことかも知れない、と夫を全力で肯定する奥さんなのでした。

「私はあまり化粧や美容に凝るタイプではないのですが、好きなアイドルのメイク動画などから興味を持ちました。皆いろいろ頑張っているからあんなに可愛いのだと知って、『努力の結晶』という印象です。食などで美容を気にする事は健康にも繋がるのでいい事だと思います」という寅尾さんの女装夫マンガ。ちなみに、メイク道具をたくさん持っている夫の趣味について聞いてみると、「夫の方には女装以外に目立った趣味はなく、しいて言えば読書……というキャラです」とのこと。

「これが擬似百合というものか」「萌え過ぎて禿げる」「WINWINが天井知らずな夫婦」といった声が多数寄せられていたことについて、寅尾さんは「どういう反応が頂けるのか不安なマンガでしたが、暖かい感想が多く嬉しいです。女装をしている方からも反応を頂けて嬉しかったです」とコメントしてくれました。共通の話題が増えて、どちらも幸せそうなこの夫婦。ヘンだと感じられるかもしれない趣味や感情を身近な人に肯定してもらえる事が、そう見える理由かもしれません。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/akafujipiyokoo1 [リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP