Otajo -オタ女-

Today is
Dec 11 2018

記事

『トロールズ:シング・ダンス・ハグ!』ブランチ役の声優KENNにインタビュー「トロールなんだけど人間臭い(笑)そこが好き」


『シュレック』『ボス・ベイビー』などを手がけてきたドリームワークス・アニメーションのテレビアニメシリーズ『トロールズ:シング・ダンス・ハグ!』。現在、毎週水曜夕方5時55分からテレビ東京系6局ネットで好評放送中です。

『トロールズ』シリーズは、歌と踊りが大好きなヒロイン「ポピー」を中心とした愉快な登場人物達の歌とダンス、カラフルでポップな世界観が世界中で大人気のアニメ。

『トロールズ: シング・ダンス・ハグ!』にて、青い髪がカッコいい「ブランチ」の吹替を、劇場版に引き続き声優のKENNさんが担当しています。今回はKENNさんにトロールズの魅力、キャラクターとして歌うことへのこだわりなど、色々とお話を伺ってきました。

――映画版に引き続き、ブランチの声優に起用されましたが、それを聞いた時の率直なお気持ちを教えてください。

KENN:今回もブランチを演じさせていただける事は本当に嬉しかったです! 映画版とショートムービーはフルCGのアニメーション作品でしたが、今回のTVアニメーションでは2Dアニメーションなので、見た目もまた別の可愛さがあって。

――2Dだとさらにポップさが増した印象がありました。とても可愛いですよね。

KENN:可愛らしいですよね。3Dと2Dでは表現方法も違って、ディレクターさんと相談しながらアフレコをしています。僕が演じているブランチがより表現が豊かになったように感じました。

――改めてブランチというキャラクターについて、どんな所が魅力だと感じましたか?

KENN:ブランチって、基本的には引っ込み思案で神経質なのですが、冷静な時もあれば、偉そうな時もあって、人間臭いキャラクターなんですよね。トロールなんだけど人間臭い(笑)。『トロールズ:シング・ダンス・ハグ!』はブランチ以外でもそれぞれのキャラクターがとても素直で、性格もバラバラで個性的なんですよね。そこが本当に大好きです。

――面白いですよね。何か友達とか周りに似ているキャラがいそうな感じが(笑)。

KENN:そうなんですよね。笑えるし可愛いんだけど、実は泣けるエピソードもあって。大人の僕らが見ても大事な事をまた改めて教わるというか、本当にウルっとしちゃったりして。僕は子供の時にあまりアニメを観ない家庭だったのですが、こうやってバラエティ豊かな作品を子供達が楽しめるのは素敵な事だなと思います。

――『トロールズ』といえば、最高な楽曲たちも魅力です。

KENN:アニメの収録もどんどん進んでいるのですが、良い曲がたくさん出てきます。ダンサブルな曲からバラードまでバラエティーに富んでいるし、英語の曲を日本語訳で歌うのも楽しくて。スタッフの皆さんのアドバイスを聞いたり、ディスカッションしあいながら、シーンに合わせて歌い方のアプローチも変えていっています。ぜひ皆さんで覚えて歌ってほしいです!

――今日はブランチやポピーの可愛いぬいぐるみと共に取材させていただきましたが、KENNさんが個人的に欲しいトロールズのグッズってありますか?

KENN:今回『トロールズ』がアニメになって、キャラクター達の動きがすごくかっこいいし、アクションシーンもあるんです。それを観ていたら、「トロールズって格ゲーにむいてるんじゃない?!」って思ったんですよね。僕自身がゲーム好きなのもあるんですが、ポップでカラフルな世界観でかっこよくバトルするっていうゲームがあったら絶対やりたいです! いつか実現するといいなあ(笑)。

――トロールズの格ゲー! 絶対やりたいです。今日は楽しいお話をどうもありがとうございました。

(撮影:オサダコウジ)

『トロールズ』公式サイト
http://www.trolls.jp

DreamWorks Trolls (C)2018 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

/ 未分類の新着記事一覧

PAGE TOP