Otajo -オタ女-

Today is
Jan 15 2021

記事

「可愛さがチート」「苦情もわかる」 女装した幼馴染が悪女と思われるマンガがあながち間違いでもないかも?


『comicPOOL』(pixiv×一迅社)で連載中の万丈梓さん(@azusa_banjo)のマンガ『恋する(おとめ)の作り方』。Twitterで公開された『女装した幼馴染(♂)が悪女に間違えられる話』では、コスメ好き男子の御堂賢士郎くんによって美少女となった幼馴染の日浦美果くんが生徒会室に呼び出されるというストーリーになっています。

※参考記事 「何着てもかわいい」「小悪魔感が増している」 コスメ男子が幼馴染(♂)にハロウィンコスさせるマンガがいたずら以上の攻撃力だった
https://otajo.jp/93460 [リンク]


生徒会役員の1年生・明智銀之丞くんに呼び出された日浦くんと付き添いの御堂くん。「単刀直入に言います。日浦美果さん、あなたに男子生徒から大量の苦情が来ています」と言われて、「おっ…お前、何したんだよ」「なんにもしてないよ!!」と困惑します。「僕は生徒会役員としてよりよい学校生活のために趣味で校内に目安箱を置いているんですが」「趣味で…?」「最近日浦美果に関する投書が異様に多いんですよ」という明智くん。「…どんな内容なんだ?」と訊くと……。いわく「日浦がかわいくて授業に集中できない」。

「日浦のことを考えると夜も眠れない」「気になってしょうがないし頭がバグる」「自分はおかしくなってしまったんだろうか」といった切実(?)な内容が読み上げられて、「…つまりこういうことでしょう。日浦美果さん、あなた相当な悪女だな??」と言い出す明智くんに、「はっ、はあぁ!?」となる日浦くん。

「あっ、あっ、あく、あ…、悪女じゃないし!! 僕、何も悪いことしてないよ!」と否定する日浦くんに、「だって、ただかわいいいだけでこんなに悩ましい投書が来るわけないでしょう!」と断定する明智くんは、「おとなしそうな顔して、裏では男子生徒に何か破廉恥なことをしているに違いないんだ」と言い、さらに御堂くんに対して「あなたもわざわざこんなところに付いてくるなんて、この悪女にたぶらかされた一人なんでしょう!」とまで決めつけます。

「…ねぇ御堂…この人さぁ…」と耳打ちをする日浦くん、「僕(日浦)のことマジで女子だと思ってる…!!」と察して、「1年だっけ…そりゃ知らない…か…?」「なんか申し訳なくなってきた…」といろいろ話す明智くんのことを見ます。日浦くんは「あっ、あのさぁ」と身を乗り出して、「こんな格好してるけど僕女の子じゃないんだって!そのっ…」と釈明。

「いろいろ理由はあるんだけど女の子の服着たいだけで、別に誰かをどうこうしようなんて--」という日浦くんを見て、「あっ…あの…っ、あんまり近くに寄られると…その…」と話も聞かずに真っ赤になっている明智くん。「けっこうピュアだ…!!」となって、日浦くんがさらに寄っていって上目遣いでじーっと見つめていると、「くっ…これが魔性の女…!だ、だからですね!個人の恋愛事情をとやかく言うつもりはありませんが…その…もう少し…その…ぼっ、僕にはもう心に決めた人がいるのでぇ…!」と誘惑に負けそうになって……。それを見ていた御堂くんも「悪女じゃん…」と思います。

「はいはい終わり」と手刀で御堂くんに叩かれた日浦くん。「あでっ。ご、ごめん。なんかおもしろくて…」と謝り、御堂くんが「えーと、ちょっと落ち着いて聞いてほしいんだけど」と声をかけます。

「ええええええ!!?おっ…男ォ!!?そそそそそんなバカな…!」となった明智くんに、御堂くんは「見ろこれ男子生徒だろ?」と証明書を見せて、「これを--こう!」と日浦くんに眼鏡をかけさせて髪を抑えます。「メイクとかでいろいろとこう、な?」と言われて「ま…まさかそんな…」となった明智くん、「こんな体中から負のオーラまき散らして、“青春の全てが憎いです”みたいな顔した男が、こんなにきらびやかになれるものなのか…!?」と言い、「さっきから思ってたけどこいつめっちゃ失礼じゃない!?」と憤慨した日浦くんですが、「…なっ…なれるんだよ。…魔法、かけてもらってるから」と言います。

御堂くんの袖を握っていた日浦くん。誤解が解けて「すいません、早とちりしてしまって…。今なら投書の意味もわかります…。これは頭がバグるわけだ…投書にでも吐き出さないとやってられない」と頭を押さえる明智くんに「なんかごめんな…?」と謝ります。

「…が、しかしですね…。君はその…女装をするならするでもう少し細かいところに気をつけたほうがいいんじゃないのか?」との明智くんの言葉に「…へ?」となった日浦くん。「座ってるときけっこう足開いてたし…ちょっと詰めが甘いんじゃないか?そんなんで本当に女装と言えるのか?ん?やるならもっとこだわりを…」などとくどくど言う明智くんに「う…うっさいわ!!」とキレて、「後輩のくせに偉そうじゃない!?」「なっ…思いやりで注意してあげたんだぞこっちは!」「でもさっきまで女だと思ってたじゃん!」「そっ…それはその…何かの誘惑術かと…」と口論に。

ここで「あ~~~っ、ギンくんいた~~~!!」と登場した宵待はとりさん。「も~今日は部室の整理するって言ったでしょ!」「いや僕は今大事な仕事を…」「どうせまた勘違いで迷惑かけてたんでしょー。はい終わり終わり」と明智くんをあしらって、「あ!日浦くんと御堂くん、ちょうどよかった~。紹介しとくね。明智銀之丞くん。もう一人の写真部員です!」と笑顔で伝えます。

「仲間になるかもなんだし仲よくね~!」というはとりさんに「ハァ!?」となる日浦くんと御堂くん。「ちょっ、新入部員ってこいつだったんですか!? そんなの聞いてな…」と文句を言う明智くんを引きずって「じゃあね~!また活動日にね!」と去っていくのを見送ります。

「入るのやめよっかな、写真部…」という日浦くん。「友達できてよかったじゃん」「友達じゃない」と言い合いつつ、「…っていうかさ、あのさ…」「ん?」「…さっきはちょっと遊んだだけで、ぼ…僕、男子にああいうことしてないからね。僕はその…」とごにょごにょ言うのを見て、御堂くんは「ふはっ、わーかってるよ、そんなの」と笑いますが、「でもちょっと出力下げようかな」と言いつつ、「中途半端なのは出したくないんだけどなぁ…」と思っているのでした。

写真部に体験入部して生徒会用のパンフ撮影をするなど、もともとの陰キャから一歩踏み出した日浦くんが疑われる今回の話。万丈さんによると、はとりさんと明智くんについて「ふたりとも日浦と御堂の関係をうまくサポートしてくれるようなキャラクターを作ろうと思って生まれました」といい、「はとりはみんなのお姉さんで、ギンは日浦の喧嘩友達みたいな感じの立ち位置で、日浦と御堂をせっついてくれる予定です」とのこと。ちなみに、自身の生徒会への印象を尋ねると、「小中学校の頃は生徒会選挙とか応援演説とかで盛り上がってたなぁというイメージですが、恥ずかしながら実際にどんなお仕事をされてたのかとかは全然知らないんです」というので、この学校では万丈さんが想像力を膨らました形になりそう。

日浦くんについて「可愛さがチート」「苦情もわかる」といった声があったほか、御堂くんの「出力下げる」というのに「笑った」「調整できるの?」といった反応も寄せられていたことに、万丈さんは「日浦と御堂という二人の世界が確立しつつある中で、新キャラを出すのは正直ちょっと怖かったのですが、皆さんが好意的に受け取ってくださってとても嬉しいです。“脳がバグる”とか“出力”とかそのあたりのワードを面白がっていただけたのもすごく嬉しかったです」とコメントしてくれました。

「この先、日浦と御堂の関係が少し動く……かもしれないちょっとした盛り上がりがありますので、ぜひ楽しみにしていただけると嬉しいです!」と万丈さんが話す『おとつく』。はとりさんと明智くんの関係にも注目です。

恋する(おとめ)の作り方(pixivコミック)
https://comic.pixiv.net/works/6403 [リンク]

※画像はTwitterより
https://twitter.com/azusa_banjo [リンク]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP