Otajo -オタ女-

Today is
Jul 24 2021

記事

「子猫かわいい」「類は友を呼ぶ」 超絶美少女(?)に女装がバレて落ち込むマンガにファン大歓喜

『女装してオフ会に参加してみた。』(少年マガジンエッジコミックス)と『子猫♂が待ってるので帰ります。』(マガジンエッジKC)が2020年12月17日に同時刊行となったくらのさん(@kuranonn)が、Twitterでマンガ『女装して友達と待ち合わせしたら美少女(?)と出会った』を発表。「世界線は同じ」という両作品の登場人物が交錯するストーリーになっていて、ファンを喜ばせています。

友達と待ち合わせしているココア。スマホを見ていると、所在なげに佇んでいる子が目に入り、「うおっ。美少女-----!!!!!」と心の中で叫びます。「どうしたの?迷子?」と声をかけながら、「可愛すぎない!? え、天使? 天使なの???」と興奮。それを見せないように「放置したら攫われちゃいそう」と「一緒に迷子センター行く?ここで待つ?」と言い、コクンと頷いたところに「すあま---!!!」と呼ぶ声が。

「すあま!?」となるココアをよそに、「よかった!探したよ!」「ミヤコ」と話すふたり。「すごい名前…あだ名?」と疑問に思いつつ「まぁ…保護者見つかって良かったわ」と安堵しているところに、服の裾を引っ張られて「心配してくれてありがとう。おにいちゃん」と言われます。

「お礼言ってきたー」「えらいねー」という声を「え?絵?」茫然と見送るココア。そこにオペラがやってきて「ココアさんお待た、せぇ!?」と「なぜバレた…!?」と落ち込む姿を目撃……。一方のすあまは「なぜって?それは…。これがあるからね」と単行本を持っているのでした。

女装しているココアとオペラ、レモンに元男の寒天太郎がそれぞれの秘密を抱えつつスイーツを楽しんだりする『女装オフ会』。くらのさんは「同人誌イベントで本人が“男です”と言ってるのに信じられないクオリティの女装レイヤーさんとお会いして、“現実でもこんなことがあるならマンガなら全然アリやな”“1人いれば2人女装がいてもええやろ”みたいなノリで描き始めました」といいます。

「女装男子すこ」「類は友を呼ぶ」といった反応が数多く寄せられたことについて、「好意的な感想が多くてほっとしてます。自分の好きな世界を“好き”と言ってもらえるのはほんと幸せです、ありがとうございます!」と感謝の言葉を寄せるくらのさん。単行本の見どころを訪ねたところ、「Twitterで見た方も全部描き直してあるので、間違い探しができます。4人がはじめて顔合わせた描きおろしエピソードと幕間に詰め込んだ小ネタも見てほしいです」とのことなので、要チェック。

仕事を押し付けられがちで猫に癒やしを求めていた宮子が、猫耳パーカーの子を拾ったら男の娘だった……というストーリーの『猫ます』。美少女(♂)なすあまに振り回されつつ癒やされる宮子の関係が微笑ましい作品になっています。女装男子について「無限の可能性……性別を超越した何か」を感じているというくらのさんによると、「このマンガのように、そのうち背景に見たことあるキャラが出てきたりします(笑)」とのことなので、両作品とも追っておきたいところです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/kuranonn [リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP